ドラマル

『孤独のグルメ Season8』1話のネタバレ感想!絶品の釜飯が登場【横浜中華街・南粤美食】

2019年10月5日に放送されたドラマ『孤独のグルメ Season8』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、釜飯に目を惹かれた五郎は、神奈川県・横浜中華街の南粤美食へ!
「腸詰め干し肉貝柱釜飯」と「香港海老雲呑麺」、「アヒルのパリパリ揚げ」を食す。

関連記事

『孤独のグルメ Season8』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『孤独のグルメ Season8』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『孤独のグルメ Season8』1話のあらすじネタバレ

神奈川県横浜中華街へとやってきた井之頭五郎(松重豊)。
山下町公園のベンチで、ノートパソコンを開きながら、肉まんとフカヒレおこげいり酸辣湯(スーラータン)を片手に、仕事をしていました。

一通り作業を終えたあと、商談先の占い師・ワン(八嶋智人)のもとへ。
占いの館の物々しい雰囲気に気圧されながらも、インテリアの商談を進めますが、なぜか話題はワンの人生相談に。そして、ビジネスパートナーである五郎の占いをさせてほしいと申し出るワン。
しかしそのどれもが、見当外れなもので「この占い師大丈夫なんだろうか…」と不安に駆られる五郎でした。

その後何とか商談を終え、中華街をフラつきます。
すると、猛烈に腹が減り出した五郎。

食欲をそそる魅力的な店がひしめき合う中華街を歩き回って、じっくり吟味した結果、「釜飯」というワードに惹かれ、【広東料理 南粤(なんえつ)美食】というお店に入ることに。
元気の良いお母さん(榊原郁恵)が出迎えてくれます。

五郎が注文したのは、以下のメニュー。

『アヒルのパリパリ揚げ』
これは傍の常連客(佐々木主浩)が頼んでいたもので、興味をそそられた一品。
パリパリと揚がった皮が絶妙で、脂が旨い。
そのまま食べても美味いし、添えられた甘辛の梅ソースをつけても美味しい。
これを一口食べた途端に、この店を選んで間違いなかったと確信する五郎でした。

『香港海老雲呑(ワンタン)麺』
黄金色に輝く雲呑麺。
雲呑の中には、プリプリ触感の海老がずっしりと。そして、スープと独特な細麺とのコンビネーションが抜群。

『腸詰め干し肉貝柱釜飯』
腸詰と貝柱、中華特有の旨味がギュっと詰まった一品。
適度なおこげと香りが、またたまらない。
その美味しさに、箸が止まらず、勢いよく米を掻き込みます。

さらに、『丸鶏の塩蒸し焼き』を追加で注文。
塩気が絶妙で、さらに食欲を掻き立てます。
「アヒルのパリパリ揚げ」との食べ比べも楽しい。
なかなかなボリュームのため、残りは詰めてもらって持ち帰ることに。

こうして旨い中華をたらふく食べて、疲れが吹っ飛んだ五郎。
そういえば、とワンが「東南に吉兆あり」と占ったことを思い出します。そして、この店の名に「東」と「南」が入っていることに気づくと、「占い当たってる」と呟いたのでした。

『孤独のグルメ Season8』1話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

どれも美味しそうで食欲そそられましたが、とくに惹かれたのは『海老雲呑麺』。
あんなにたっぷりと海老が入っているとは!
とっても食べ応えありそうですね。
細麺というのも魅力的でした!ラーメンは細麺派なので。
釜飯も、おこげがめちゃくちゃ美味しそうだったなぁ。

そして、原作者の久住昌之が食レポするおまけコーナー「ふらっとクスミ」も見過ごせないですね。
下戸な五郎に代わって、お酒片手に顔を赤らめながら料理をつまむ姿が、また味わい深い。
久住さんが注文した「ビーフンの醤油ソースかけ」の平たいビーフン、はじめてみました。すごくおいしそうですよね。食べてみたい!

横浜中華街・南粤美食の釜飯が上手すぎる!

中華街で釜飯!最高でしたね。
わたしも「南粤美食」にはいったことがあって、どれも美味しいんですが…
香港海老雲呑麺と腸詰め干し肉貝柱釜飯は本当におすすめ。

香港海老雲呑麺だけ食べにいってもいいのでは?
と思う代物。実際に雲呑麺だけを食べに来ている女子たちもいました(女性にちょうどいい量だと思います)。

腸詰め干し肉貝柱釜飯は、もう五郎さんの反応通り!
本当にいくらでもいけるってぐらい旨い。

「南粤美食」は、5000円程の予算でおもいっきり冒険しながらお腹いっぱい食べたくなるお店です。五郎さんも5000円弱食べてましたよね。

今回は、わたしが中華街で行くお店の一つ「南粤美食」だったので、非常に嬉しかったですね。でも、これでいつも以上に混んじゃうんだろうな…。

途中通過した「萬珍樓」は、予算は少し高めだが外れなし、「景徳鎮」はランチ安いし安定的な味・麻婆豆腐は本当に辛い(挑戦してみては?)、「保昌」はちょっと前に嵐にしやがれで登場したお店、名物の牛バラ肉カレーは好み分かれるかな?
どこも特徴あるいいお店。ですが、はじめての中華街ランチまたはディナーなら、「南粤美食」がおすすめ!
朝なら、「謝甜記」でおかゆもいいと思います。

『孤独のグルメ Season8』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『孤独のグルメ Season8』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

井之頭五郎(松重豊)は婚活パーティーを主催する沢村まどか(上白石萌音)との商談で高井戸にやって来た。沢村は可愛らしい笑顔で商品を即決したかと思うと、値引き交渉を仕掛けてくる。五郎が苦笑するほどのヤリ手で――。商談を終えた五郎は、駅へ向かう途中、一見オフィスビルのような洋食レストランに遭遇する。しかし表にメニューがなく、看板は牛のマークのみ。覗いた店内の美味しそうな料理に一気に空腹になり足早に中へ…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/201910/22078_201910112412.html