ドラマル

2021年1月31日

『麒麟がくる』43話のネタバレ感想!信長と光秀が一触即発!脚本と役者の演技に賞賛殺到

2021年1月31日に放送されたドラマ『麒麟がくる』43話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

43話では、信長から光秀が、正親町天皇の譲位を行う責任者に任ぜられる!
進むべき道に迷った光秀に帰蝶は、「信長様に毒を盛る」と伝える…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』43話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』43話のあらすじネタバレ

1579(天正7)年 夏。
丹波の八上城と黒井城が、ようやく落城。
明智十兵衛光秀(長谷川博己)はこれによって、丹波全域を平定することに成功しました。

織田信長(染谷将太)は、丹波平定を成し遂げた光秀と細川藤孝(真島秀和)に賛辞を贈り、労をねぎらいました。
これに自然と笑顔が零れる光秀でしたが、信長の小姓・森蘭丸(板垣瑞生)が持ち込んだものを見て、笑顔が凍り付きます。それは、光秀が「命までは取らない」と約束して逃がした八上城城主・波多野秀治(白畑真逸)らの首でした。信長が捕らえ、処刑したのです。

さらに、正親町天皇(おおぎまちてんのう・坂東玉三郎)から誠仁親王(さねひとしんのう・加藤清史郎)への譲位を強引に進めようとする信長は、光秀と藤孝に、御所替えの手配を任せます。
光秀は、一旦、信長の命令に従って、誠仁親王に二条へ移ってもらうようお願いしたものの、武家が帝の譲位をとやかく言うのはおかしいと思い至り、取り止めようとします。しかし、「今は事を荒立てないほうが良い」と藤孝に説得され、断念したのでした。

1579(天正7)年 11月。
誠仁親王が、二条の新しい御所へ移りました。

1580(天正8)年 4月。
本願寺宗主・顕如(けんにょ・武田幸三)は、5年にわたる籠城の末、力尽き、大阪の地を信長に明け渡します。
その直後、信長は、本願寺攻めの総大将であった佐久間信盛(金子ノブアキ)を追放しました。

このところ、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになった光秀。
夢の中で、その大木を登り月に行こうとしている者は信長で、光秀は「月に登った者は二度と帰らない」という昔話の通りにならないようにするため、必死に大木を切っていました。けれど、その大木を切れば信長の命はないことも自覚しており、それでも夢の中の自分は、大木を切り続けていたのでした。

ある日、望月東庵(堺正章)から、帰蝶(川口春奈)が療治のため京に来ていると聞きます。
目を患った帰蝶に、東庵は古い仲間で名医の曲直瀬道三(まなせどうさん)を紹介したという。
光秀は、帰蝶に会いに行くことに。
今の信長を斎藤道三(本木雅弘)が見たらどうするだろう?と、帰蝶へ問い掛けます。
「父上ならばきっと…信長様に毒を盛る」と答える帰蝶。
光秀は、かつて道三から「信長と共に新たな世をつくれ」と託されたことを話し、「信長様あっての自分。その人に毒を盛るのは、己に毒を盛るのと同じことだ」と困惑します。
帰蝶としても、これまで共に戦ってきた夫に対し、毒を盛るなど胸が痛むと苦悩を滲ませます。それでも、今の信長をつくり上げたのは、父であり、妻である自分であり、それを盛り立ててきた光秀でもある。だからこそ、つくり上げた張本人が、その始末をつけるしかない、と涙を浮かべながら述べたのでした。

1582(天正10)年 3月。
織田信長と徳川家康(風間俊介)の軍勢は、一斉に甲斐の国に攻め寄せ、武田信玄(石橋凌)の子・勝頼を討ち取ります。
これにより、織田と徳川の宿敵・甲斐の武田氏は滅んだのでした。

駿河を治めることになった家康は、近江と丹波を穏やかにうまく収めている光秀に、どうすればそのようにいくのか教えを乞います。
光秀は、「己の国が豊かで人並みに暮らせるようになれば、他国に目を向け戦をしようとは思わなくなる。そのためには、正しく検地をし、無理のない年貢をとる。百姓たちが健やかに暮らせることが肝要だ」と説きました。
家康は、光秀の教えにじっくりと耳を傾けます。
そんな二人の親密そうな様子を、信長が陰から面白くなさそうに見つめていました。

信長は、武田討伐の祝宴を催し家康をもてなすことに。
その話を受けた家康は、供応役は是非とも光秀にお願いしたいと申し出ます。
というのも、信長に対し不信感を抱いており、織田家家臣が供応役をしたら何を出されるかわかったものではないと不安を抱いていたのです。実際、織田家の宿老・丹羽長秀(松田賢二)は、毒でも盛って家康を亡き者にすれば東国の覇権も手に入ると、うそぶいていました。
家康たっての願いで、光秀が供応役を担うことに。
光秀としても、家康のためならばと精力的に臨みました。

1582(天正10)年 5月。
祝宴の日、当日になって信長は、光秀を供応役から外し、あとは丹羽長秀に任せると言い出します。
そして、今すぐ坂本城に戻って、羽柴秀吉(佐々木蔵之介)が手こずっている毛利攻めの加勢の準備をせよと命じる信長。
しかし光秀は、最後までやり遂げたいと言い張り、信長の命令を頑として受け付けませんでした。

そうして祝宴が開かれると、信長は、運ばれてきた膳に難癖をつけ、皆がいる前で光秀を激しく罵倒。
光秀は、殺意の漲る視線を信長に向けたのでした。

『麒麟がくる』43話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

本能寺の変までの3年間が、一気に描かれました。
もう少しじっくり味わいたかったな~とも思いましたが、勢いがあるからこその、一気に膨れ上がった信長の狂気がコワかったです。
家康と楽しそうに話す光秀を、物陰から見つめる信長の目。激しい嫉妬に燃えてましたね…。信長の、有り余る『光秀LOVE』を再認識。
そして、光秀も繰り返し夢で見ちゃうほど信長のことを心配してましたし…結局、信長も光秀も、本当はお互い大好きなんですよね。なのに、なんでこうなっちゃうんだろう…。そのもどかしさが泣けてきます。

ここまでの流れをみると、この大河ドラマでの「本能寺の変」の動機は、周囲から望まれた上での「暴君討伐説」「暴走阻止説」といったところでしょうか?
「暴君討伐説」自体は王道であるものの、朝廷黒幕説、義昭黒幕説…など諸々盛り込んだ『全部盛り』の様相を呈し、おもしろかったです。まさか、家康や帰蝶まで加わってくるとは思いもよりませんでしたが。
すべての期待ベクトルが光秀に集中するあたり、光秀が主人公だからこその描かれ方ですね。
まさに、皆の期待を一身に背負う『ヒーロー』!

いよいよ次回は最終回。
本能寺の変とその後が、どのように描かれるんでしょうか。
信長演じる染谷将太さんのコメントで「本能寺の変の台本を読んで、鳥肌が止まらなかった」とありましたし、期待が膨らみます!
光秀は、最後まで『(麒麟をよぶ)ヒーロー』を貫くんでしょうか、そのあたりも注目したいです。

信長と光秀が一触即発!脚本と役者の演技に賞賛殺到

光秀が「本能寺の変」を起こすことが腑に落ちる絶妙な脚本と、愛憎を抱きあう信長と光秀を演じる2人の演技に賞賛の声が殺到しましたね。

怒る信長に対して、我を失い狂気の顔を見せた光秀、凄い形相に圧倒されました。
あれではあの場にいた誰も割って入れませんね。凄すぎた…(今話題の三点リーダーで締めさせていただきました)

『麒麟がくる』44話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』44話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

宿敵・武田家を打ち滅ぼした戦勝祝いの席で、光秀(長谷川博己)は信長(染谷将太)から理不尽な叱責を受け、饗応役(きょうおうやく)の任を解かれる。追い打ちをかけるように信長は、光秀と縁深い四国の長宗我部征伐に相談もなしに乗り出すと告げる。「殿は戦の度に変わってしまった」と、その行き過ぎた態度をいさめる光秀に、「己を変えたのは戦ではなく光秀自身だ」と信長は冷たく言い放つ。そしてついに、ある究極の命令を光秀に突き付けたのだった──。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/44.html