ドラマル

『麒麟がくる』42話のネタバレ感想!本能寺の黒幕は誰だ!帰蝶が「毒盛る」発言で本命に?

2021年1月24日に放送されたドラマ『麒麟がくる』42話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

42話では、義昭が、京に帰ることを促す光秀に「そなた一人の京ならば考える」と告げる!
その後、丹波攻めの挨拶に信長の元を訪れた光秀は、信長に帝との密会を問いただされ…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』42話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

『麒麟がくる』42話のあらすじネタバレ

1578(天正6)年 秋。
有岡城城主・荒木村重(あらきむらしげ・松角洋平)が織田信長(染谷将太)を裏切り、籠城。毛利方に寝返りました。

信長の命により、明智十兵衛光秀(長谷川博己)と羽柴秀吉(佐々木蔵之介)は、籠城を解くよう説得しに行きます。
しかし、秀吉の居丈高な物言いが火に油を注ぎ、説得は叶いませんでした。
村重は、武士の棟梁たる将軍・足利義昭(滝藤賢一)を蔑ろにする信長が許せず、そのため、将軍を再び京に戻そうとしている毛利方につくことにしたという。

またもや、将軍の復権を望む声を聞いた光秀は、義昭に面会すべく、備後の国の鞆(とも)の浦へ。
義昭の世話をしている鞆の国衆の頭目・渡辺民部(岸田丸)から、義昭は釣りに出ているからと釣竿を渡されます。
光秀は、義昭の隣で釣り糸を垂らしながら、一緒に京に戻りませんかと切り出しました。
「今のままでは戦が終わりません。公方様がもしお戻りになれば、諸国の武士は矛を収めるでしょう。信長様については、わたしが説得します」と。
しかし義昭は「信長がいる京には戻らない。…そなた一人の京であれば、考えもしよう」と答えたのでした。

摂津の織田方の陣へ戻ると、秀吉が苛々した様子で待っていました。
信長より、再度、光秀とともに村重を説得するよう命じられたという。
けれど光秀は、秀吉も一緒だと、纏まるものも纏まらず説得の妨げになるからと、一人で説得に赴くことにしました。

しかし光秀の説得も虚しく、村重は織田軍に対し、籠城を続けました。
村重の子・村次(むらつぐ)に嫁いでいた光秀の長女・お岸(天野菜月)は、一方的に離縁させられ、光秀のもとに戻ってきたのでした。

信長は、再三にわたる説得にも応じない荒木村重に激怒。
有岡城へ一気に攻め込む号令を出します。そして、落城したあかつきには、見せしめのために、家中全て女子供も皆殺せ!憐れみなどいらない!と命じる信長。
しかし、堅ろうな城と勇猛果敢な荒木勢の前に苦戦を強いられ、戦は一年にもわたる持久戦となりました。

そんなある夜、菊丸(岡村隆史)が、どうしても徳川家康(風間俊介)に会ってほしいとやってきます。
光秀はそれに応え、摂津の海上で家康と密会することに。
家康の嫡男・信康と家康の正室・築山殿(つきやまどの・小野ゆり子)が、武田に通じているのではないかと信長に疑われ、殺せと命じられたという。こんなことでは、今は武田を討つための協力関係にあるが、討った後、どんな扱いを受けるかわかったものではないと、不安と怒りを滲ませる家康。
義昭や松永久秀(吉田鋼太郎)、村重など、かつての味方から愛想を尽かされている信長に先はないとし、「今なら討てる」と呟いた家臣の言葉を意味深に光秀へと伝えたのでした。

光秀は、信長のもとへ戻り、家康の身内に対する処遇について「いかがなものか」と意見します。
しかし信長は、尾張と三河で睨み合っていた歴史もあり、徳川は信用できないと聞き入れません。
そして話題は、光秀が帝・正親町天皇(おおぎまちてんのう・坂東玉三郎)に謁見したことについて。
主君である自分を通さず、秘密裏に帝と会っていたことに腹を立てていたのです。
きっと自分のことを話題にしていたのだろうと、光秀にその内容を問い質します。けれど光秀は、恐れ多くも帝の言葉を他人に明かすことはできないと、頑なに拒絶。
「わしにも言えぬのか!」と激怒した信長は、光秀の頭を扇で何度も激しく打ち付け「言え!言え!」と要求。
それでも口を割らない光秀に、信長は帝の譲位を急がせようと心に決めたのでした。

館に戻ると、駒(門脇麦)がおり、傷の手当てをしてくれました。
駒は義昭から文が届き、そこに二人で釣りをしたことが嬉しそうに書かれていたと明かします。
そして「光秀となら、麒麟を呼んでこれるかもしれない」とも。
この義昭の言葉に、心動かされる光秀でした。

『麒麟がくる』42話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

松永久秀、帝、将軍・足利義昭…そしてなんと、徳川家康からも期待を寄せられた光秀。
でもみんな、これだけ担ぎ上げておきながら、本能寺の変の後、そっぽを向いちゃうわけですよね?
すでに死んじゃった久秀や、力を失っている帝や義昭は仕方ないにしても、家康は…。騒動に巻き込まれないよう、いち早く逃げてるし(伊賀越え)。
本当は逃げたくなかったけど、周囲に「三河を第一に…!」とか説得されてという流れになるんでしょうか。

これほど周りから期待を寄せられてる光秀ですが、盟友・細川藤孝(真島秀和)からは、そういった言葉は掛けられていないのがミソですね。
もし、藤孝も同じ気持ちであったなら、味方になってくれたなら…「三日天下」というのも変わっていた…かもしれません。

ちなみに『光秀のスマホ』では、秀吉黒幕説で、羽柴秀吉(和田正人)がガンガン光秀(山田孝之)をその気にさせて裏切ってました。
…あ、正確に言うと、秀吉の正室・ねね(田中みな実)黒幕説かな?おねね様の夫の手綱を握る手腕、素晴らしかったです!

とうとう、光秀に暴力を振るってしまった信長さま。
そのときの信長の心境について、公式ツイッターに染谷将太さんのコメントがありました。
「いくら問い詰めても、帝が自分のことをどう言っていたのか十兵衛は話してくれない。それが不安でしかたなかった。高圧的な態度をとっていますが、心情的には頼むから教えてくれとお願いしているんです。でも最後は不安からくる怒りで、暴走して手を出してしまった」
父や母に愛されなかったトラウマから愛情表現がうまくいかない、そういった苦悩がひしひしと伝わってきます。
光秀をひどく打ち付けた後、「なぜじゃ…。なぜ、こうなる…?」と力なく呟く姿が痛々しかったです。

本能寺の黒幕は誰だ!妻の帰蝶がまさかの裏切り?

次回予告で、光秀に「毒を盛る」ことをアドバイス?する帰蝶様。本能寺の変の黒幕は、妻の裏切りなのでしょうか?
信長は浮気をしていた?帰蝶にDVをしていた?黒幕の本命に突如躍り出てきた帰蝶。まさか信長を殺して、光秀の元に行こうとしているんでしょうかね。

帝、公方様、家康、荒木村重、と信長への反旗を光秀に諭す人々。
荒木は成敗されてしまいましたが、一体誰が黒幕となり、光秀を突き動かすのか…それとも全員の気持ちで動かされるのか、もしくは気が狂っちゃう?
どんな結末になるのか全く予想できませんね。

『麒麟がくる』43話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』43話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

もはや己の言いなりにならない正親町天皇(坂東玉三郎)の譲位を強引に進めようとする信長(染谷将太)。その責任者を命じられた光秀(長谷川博己)は、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる。病の療治のため京にやってきた帰蝶(川口春奈)に、光秀は「こんなとき斎藤道三ならどうしただろうか」と尋ねる。すると、帰蝶の口から意外な答えが返ってくる。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/43.html