ドラマル

2020年12月20日

『麒麟がくる』37話のネタバレ感想!信長の意味不明な行動にビックリ!なぜ帝に献上?

2020年12月20日に放送されたドラマ『麒麟がくる』37話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

37話では、信長が、義昭を追放し、朝倉・浅井を攻め滅ぼす!
天下を極めた信長は、帝に蘭奢待(らんじゃたい)を所望し…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』37話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

『麒麟がくる』37話のあらすじネタバレ

1573(元亀4)年 3月。
将軍・足利義昭(滝藤賢一)は、織田信長(染谷将太)に対し、討伐の兵を挙げました。
義昭の意を汲んだ甲斐の武田信玄(石橋凌)は、三方ヶ原で徳川・織田連合軍を打ち破り、三河に侵攻。しかし、信玄の病死により、突如、武田軍は兵を退き返してしまいます。
義昭は、信玄や朝倉・浅井の援軍を得られず孤立。木下藤吉郎(佐々木蔵之介)率いる織田軍に捕らえられてしまいました。

義昭と共に戦った三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)も投降。
藤英は、早々に信長方についた弟・細川藤孝(眞島秀和)へ「裏切り者」と怒りをぶつけます。しかし藤孝は「政(まつりごと)は時の流れを見ることが肝要。それを見誤れば、政は淀み腐ってしまう」と説き、「兄弟二人(藤英と藤孝)で岩成友通(いわなりともみち)が籠城している淀城(よどじょう)を落とすように」という信長からの命令を伝え、また兄弟力を合わせようじゃないかと語ったのでした。

宇治の枇杷庄(びわのしょう)に蟄居させられた義昭のもとに、駒(門脇麦)がやってきます。
駒は、まだ信長討伐を諦めず、上杉や朝倉、武田らに書状を書き続けている義昭に「もう戦はやめるべき」と諫めます。しかし義昭は「戦を終わらせるには戦をするしかない」と、諸大名への働きかけを止めませんでした。

その頃、朝廷に改元の申し出をした信長。
本来、改元の申し出は将軍が行うものでしたが、将軍・義昭を追放した今、その役目は自分しかいないという理屈で、自ら申し出たのでした。
朝廷から出された5つの案から、信長は「天正(てんしょう)」を選びます。

1573年(天正元年) 8月。
菊丸(岡村隆史)より武田信玄が秘密裏に死んだことを知らされた明智十兵衛光秀(長谷川博己)。
その報告を受けた信長は、東の脅威がなくなれば、すぐにでも朝倉・浅井を攻められると意気込みます。
すると折よく、朝倉家の重臣・朝倉景鏡(あさくらかげあきら・手塚とおる)が寝返ったという報せが入ります。信長はすぐさま近江へ出陣。
同じ頃、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)も越前から出陣。
信長は再び、朝倉・浅井軍と相対しました。
織田軍の奇襲により、朝倉家家老・山崎吉家(榎木孝明)は討ち死に。
勢いを増す織田軍は、義景の本拠地・一乗谷へも突き進み、火をかけました。
賢松寺に逃れていた義景は、裏切った景鏡の兵に襲撃され自刃。朝倉家は滅亡しました。
そして信長は、小谷城も攻め落とし、近江の浅井家も滅ぼしました。
こうして信長包囲網は崩れ去り、240年続いた室町幕府はついに倒れたのでした。

群雄が割拠した乱世は、信長による新しい時代を迎えようとしていました。
そんな折、信長は、帝・正親町天皇(おおぎまちてんのう・坂東玉三郎)へ東大寺正倉院の宝物『蘭奢待(らんじゃたい)』の切り取りを所望。
過去に足利将軍家の3代義満(よしみつ)、6代義教(よしのり)、8代義政(よしまさ)によって切り取られた跡があり、これら歴代将軍の名と肩を並べることにより、信長の権勢を広く世間に知らしめることが狙いでした。
帝は信長の不遜な申し出に困惑するも、それを認めることに。

1574(天正2)年 3月28日。
110年ぶりに『蘭奢待』が東大寺正倉院より運び出されました。
信長は、切り取った二つの欠片のうち、ひとつを帝に献上。きっと喜んでもらえるに違いないと確信します。
しかし帝は、信長の所業に立腹。
信長と敵対している毛利輝元が欲しがっていたからと、信長がもってきた蘭奢待の欠片を毛利に贈ってやるよう、三条西実澄(さんじょうにしさねずみ・石橋蓮司)に申し付けたのでした。

一方その頃。
藤英は、信長によって突如所領を没収され、坂本城に預けられます。
投降後、信長に加勢し活躍してきた藤英に、どうしてこんな仕打ちをするのか…と疑問を口にする光秀でした。

『麒麟がくる』37話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

義昭が満を持しての挙兵。からの追放。そして朝倉家、浅井家の滅亡。
…と、今回、なんとも目まぐるしい展開をみせました。
個人的には「一乗谷城の戦い」「槇島城の戦い(信長と義昭の戦い)」は、じっくり見たかったなぁと残念でしたが…やっぱりこのコロナ渦じゃ仕方ないですね。

ときの権力者たちが、権威付けのために切り取っていたという『蘭奢待(らんじゃたい)』。
近年の調査では、蘭奢待には38カ所もの切り取られた跡があり、今話で名前が挙げられた足利将軍家のほかにも、(伝承レベルで)豊臣秀吉や徳川家康も切り取ったといわれているそうで。
多くの権力者たちを虜にしたという香木・蘭奢待。一体、どんな香りがするんでしょう。一度、かいでみたいものです。

さて、以前当欄で触れましたドラマ『光秀のスマホ』が、12/25(金)(NHK総合 22:00~22:48)にこれまで放送した全話(5分×6話)に新規エピソード(18分)を加えた特別編が放送されるとのこと。
この大河では重苦しいシーンが続いているので、クリスマスは『光秀のスマホ』でひと笑いしたいと思います!
ちなみに『光秀のスマホ』の公式ツイッターのアイコンがクリスマス仕様になっていて、今ならサンタ帽をかぶったお茶目な光秀の御姿が拝めます。

信長の意味不明な行動にビックリ!なぜ帝に献上?

蘭奢待を拝見したいと"帝に願い出て"、それを帝に献上する信長…。
困惑?怒り?を感じた帝は、毛利に献上された蘭奢待を送らせます。まあ当然の結果ですよねと感じました。

信長は、これで帝と並んだ?と思い、感極まっているようでしたが(蘭奢待の香にやられてただけ?)、帝とは思いが違ったようで、残念!
帝にとっては、信長はあくまで一介の武士であり、毛利元就と同列であるということでしたね。

『麒麟がくる』38話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』38話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

坂本城にいる三淵(谷原章介)に、ついに信長(染谷将太)より切腹の沙汰が言い渡される。戦は依然として続き、光秀(長谷川博己)は三好の一党や一向一揆の連合軍との戦で戦果をあげる。そんな折、美濃から斎藤利三(須賀貴匡)が主君・稲葉一鉄(村田雄浩)のもとを逃れ、家臣にしてほしいと光秀のもとへやってくる。利三の扱いをめぐり信長に呼び出された光秀は、家臣一人の命も大事にしない主君では国は治まらないと説く。すると利三の命の代わりに、依然として敵対勢力が多い丹波を平定するように言い渡されるのだった。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/38.html