ドラマル

『麒麟がくる』30話のネタバレ感想!東庵先生のモデルは曲直瀬道三?

2020年11月1日に放送されたドラマ『麒麟がくる』30話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

30話では、将軍・義昭が、駒を話し相手として頼りにし、仲を深めていく!
そんな中、信長は、光秀の助言で、帝・正親町天皇(坂東玉三郎)に拝謁する…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』30話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』30話のあらすじネタバレ

1569(永禄12)年 夏。
駒(門脇麦)は「芳仁丸」と名付けた丸薬の売り上げを、足利義昭(滝藤賢一)へ献上。
二人は弱きものを救う悲田院(ひでんいん)づくりの夢を通して仲を深めました。

明智十兵衛光秀(長谷川博己)は織田信長(染谷将太)に呼ばれ、美濃へ出立。
その折、見送りと称して、木下藤吉郎(佐々木蔵之介)が、次の戦の話でもあるのではないかと詮索してきましたが、光秀は言葉を濁しました。

岐阜城には、松永久秀(吉田鋼太郎)や三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)も呼ばれていました。
話は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)討伐について。
謁見の間へ行くと、奇妙丸(子役・柴崎楓雅)と帰蝶(川口春奈)がいました。
奇妙丸は帰蝶が養子として育てた信長の長男(のちの織田信忠)で、子供ながら信長のような風格を漂わせていました。
光秀は帰蝶に、朝倉との戦についてどう思っているか問いました。
帰蝶は、「兄・斎藤高政(伊藤英明)の子・斉藤龍興が朝倉を唆(そそのか)し、美濃を取り返そうと企んでいる。だから朝倉を討つべき」と信長に進言したという。
ただ、信長は朝倉相手に織田軍だけでは勝てないと冷静に考えていました。
光秀は、帝(みかど)に戦の是非を認めてもらえれば大義名分が立ち、ほかの大名もおのずと集まるのではないかと助言します。
折しも、信長は御所の塀の修繕をしたばかり。これは「帝をお守りするのが武士の務め」と語っていた亡き父・信秀(高橋克典)への信長なりの供養でもありました。
幕府や諸大名が顧みなかった御所の修繕をしたのだから、きっと帝は信長の言い分を聞き入れてくれるはずだと光秀は踏みます。

その後、妻の煕子(ひろこ・木村文乃)と娘の岸(子役・平尾菜々花)、たま(子役・竹野谷咲)と会う光秀。
久々の再会を喜びます。
煕子は、光秀の傍で支え戦に赴くのであればそれを見送りたいから、光秀が暮らす京に呼んでほしいとお願いします。娘たちも同じ想いであると。
光秀は、いまだ治安が安定しない京に家族を呼び寄せるのに不安がありましたが、長く明智家に仕えている家臣・藤田伝吾(ふじたでんご・徳重聡)が守ってくれるならばと、煕子や娘たちの切実なる願いを聞き入れたのでした。

1570(永禄13)年 2月。
上洛した信長は、ただちに参内し、帝・正親町天皇(おおぎまちてんのう・坂東玉三郎)に拝謁します。
信長は昇殿を許される身分ではありませんでしたが、帝は破格の扱いをしたのです。
帝は、信長の駿河・今川義元(片岡愛之助)との戦、美濃・斎藤龍興との戦、将軍・義昭を擁しての上洛、いずれも見事なりと賞賛。御所修繕についても感謝しました。
そして、朝倉討伐についても「畿内を平らかにするための戦はやむなし」と勅命を出します。
これらを光秀に報告した信長は、帝に褒めてもらえたと大喜びしたのでした。

京に戻った光秀は、義昭や摂津晴門(せっつはるかど・片岡鶴太郎)に帝からの勅命を奉じました。
名目上は「若狭の武藤氏討伐」。本当の目的は、その先の越前・朝倉義景討伐です。
しかし、義昭は戦を和睦させるのが将軍の務めだとし、戦には出ないと明言。
摂津や藤英についても、恩のある朝倉氏を攻めるわけにはいかないと、足利軍は出陣しない意向を示しました。

一方、越前では。
古い付き合いである摂津から、織田の動きを知った義景。
家臣の山崎吉家(榎木孝明)や朝倉景鏡(あさくらかげあきら・手塚とおる)へ、戦の備えをするよう命じました。

1570(永禄13)年 4月。
信長は諸国の兵を従え、朝倉義景の待ち受ける越前を目指したのでした。

『麒麟がくる』30話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

駒と義昭が、まさか男女の仲を匂わす関係に発展するとは…!
義昭が駒ちゃんの手をギュッと握った瞬間、おもわず「え、うそっ!?」と声が出ちゃいました。
二人は気の合う茶飲み仲間みたいな、のどかな関係だと思ってたんですけどね。
今後、進展があったりするんでしょうか。

承認欲求のかたまりな信長さま、帝にも褒められてめちゃくちゃテンション上がってましたね!
キラッキラした最高の笑顔だったなぁ。
ここ最近は魔王感増して恐いイメージでしたが、また少年のような無邪気さが戻りましたね。ちょっとほっこりしました。

来週は、いよいよ朝倉義景討伐。
そして、光秀とライバル・秀吉がしんがりを務めた「金ケ崎の退き口」。
ゾクゾクする緊迫した戦が楽しめそうです。
お市の方や浅井三姉妹も出てくるのかな。見どころ満載ですね!

東庵先生のモデルは曲直瀬道三?

帝と囲碁を打ち、助言をする東庵先生とは一体何者なのかと、ネットがざわついています。

お金が枯渇して、すっかり駒ちゃんのヒモのようだった東庵先生ですが、正親町天皇に助言できる立場だったとは…
駒ちゃんは将軍・義昭と恋仲ですし、この師弟は完全に国の中枢を支配していますね。

わざわざ信長が帝に拝謁する時、身分が足りないというナレーション。
では、東庵先生の身分は?とツッコミを入れたくなるのは私だけではないでしょう。
果たして、東庵先生の正体が明かされる時は来るのでしょうか?

『麒麟がくる』31話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』31話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ついに越前へ向けて出兵を開始した信長(染谷将太)。破竹の勢いで敦賀まで制圧をする。しかし、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)のいる一乗谷まであと一歩に迫った金ヶ崎で、浅井長政(金井浩人)が信長を突然裏切り、背後から迫ってくる。朝倉・浅井に挟まれ絶体絶命の信長軍。このまま前進するという信長を光秀(長谷川博己)は、織田信長はいま死んではならない、逃げるべしと強く説得。それは数万の兵を率いたしれつな退却戦の始まりだった…。

出典:nhk.or.jp/kirin/story/31.html