ドラマル

『麒麟がくる』28話のネタバレ感想!義昭(元極道)と信長(ブッダ)がラブラブに!

2020年10月18日に放送されたドラマ『麒麟がくる』28話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

28話では、光秀が、将軍奉公衆に取り立てられ、いよいよ歴史の表舞台へ!
そんな中、代々将軍に仕えてきた摂津晴門が、信長に牙を剥く…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』28話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

『麒麟がくる』28話のあらすじネタバレ

1568(永禄11)年 9月。
足利義昭(滝藤賢一)が織田信長(染谷将太)と共についに上洛。
京を支配していた三好勢は、織田軍の勢いに押され摂津や大和などの国々に退却しました。
同じ頃、三好勢が頼りとしていた第14代将軍・足利義栄(あしかがよしひで・一ノ瀬颯)は摂津で病死。
信長は、三好勢を畿内から一掃するため、その拠点である摂津になだれ込み、戦いに勝利しました。

これにより、権力者と認められた義昭や信長のもとに、多くの武将が献上品を持って、摂津の芥川城に集いました。
その中には松永久秀(吉田鋼太郎)の姿も。
久秀は、千貫(現在のおよそ1億5千万円)という大金で入手した大変貴重な茶器『九十九茄子(つくもなす/つくもなすび)の茶入』を信長に献上しに来たのです。

この時、信長は三好勢に加担した者たちの処分について義昭らとともに詮議していました。
その議論の中には、松永久秀の名も。
というのも、「永禄の変」で足利義輝(向井理)を討ったのが三好三人衆と久秀の嫡男・松永久通だったため、久秀も義輝暗殺に関係し三好勢と通じているのではないかという疑惑があったのです。
そのため、三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)をはじめとした将軍奉公衆らは久秀を処罰すべきと主張。
一方、柴田勝家(安藤政信)をはじめとした織田の家臣たちは、久秀の大和での活躍を評価しており、処罰などせず仲間として受け入れるべきだと主張。
両者は一歩も引かず、議論は紛糾。
そこで義昭は、上洛を果たし三好の根城たる芥川城を押さえることができたのは信長のおかげだから、織田側の主張を受け入れるべきだと発言。
これにより、藤英らは久秀を受け入れることを承諾したのでした。

場を収めた義昭は、一つ頼みがあると信長に進言。
義輝の代より室町幕府の執務を取り仕切っている摂津晴門(せっつはるかど・片岡鶴太郎)を、引き続き幕府政所頭人(ばくふまんどころとうにん)として任せたいと。
信長はそれを承諾しました。

細川藤孝(真島秀和)は、逃げた三好の一党から京を守る防御の要の城として勝龍寺城(しょうりゅうじじょう)を任されることに。
明智十兵衛光秀(長谷川博己)は将軍奉公衆に取り立てられました。
藤孝は光秀に「摂津晴門は幕府を腐らせてきた張本人だから注意が必要」と忠告。
光秀自身も幕府の旧体制には疑問を抱いており、体制の一新が必要だと考えるように。

その後、足利義昭は朝廷より正式に15代将軍の地位を与えられました。
信長は、義昭の将軍就任を見届けると、一部の家臣を京に残し、慌ただしく岐阜へと戻っていきました。

1569(永禄12)年 1月5日。
三好の軍勢が信長の不在を狙い、将軍・足利義昭の御座所である本圀寺を襲撃。
しかし三好勢は、幕府方の堅い守りを攻めあぐねます。そんな折、足利方の大軍が畿内各地より京へ向かったという報せが入り、三好勢はわずか二日間の攻防の末、形勢不利とみて退却したのでした。

駒(門脇麦)と望月東庵(堺正章)は、本圀寺の戦が終わった知らせを受け、怪我人の治療に向かいます。
そこには本圀寺の警備を務めていた光秀の姿もあり、光秀が無事だったことに駒は胸を撫で下ろしました。
また、将軍でありながら怪我人の治療のため湯運びの手伝いをしていた義昭と再会。
その姿を見て、覚慶(かくけい)と名乗っていた優しい僧のままだと感じる駒でした。

駒が京の屋敷へ戻ると伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)が来ていました。
駒が義昭と会ったことを話すと、太夫は義昭に引き合わせてほしいとお願いしました。なぜかというと、太夫にとって弟同然の関白・近衛前久(このえさきひさ・本郷奏多)をどうにかしてあげたかったから。前久は、三好方が担いでいた義栄を将軍に推挙したことで、今は命を狙われ、身を隠す日々を送っていたのです。
これを傍で聞いていた東庵は、そういう話はいきなり義昭本人にするより、まずは義昭の側仕えで信頼も厚い光秀に相談してみてはと提案しました。

一方その頃、光秀と藤孝は、本圀寺の襲撃について不審な点があると話をしていました。
なぜ誰にも気付かれずに三好勢は本圀寺まで攻め入ることができたのか、と。
そして、今回の騒ぎで、幕府内の役人や三好の者たちが不正に寺や公家たちの領地を横領した証拠書類(横領に関する訴状)を手に入れた光秀。
これにより、幕府の中に三好と懇意の者がいて内通しているのでは…とよむ藤孝と光秀でした。

本圀寺の事変から数日後、信長は僅か数名の家臣だけを連れ、岐阜から急ぎ駆け付けます。
信長は、摂津が襲撃の報せを信長ではなく藤孝に先にしたことに激怒。信長を軽んじていると責め立てました。
そして信長は、幕府の役人たちに将軍の警護は任せてられないとし、将軍を守るための城・二条城の建設を独断で決めてしまいます。

かくして、各地から資材や人材を召し上げながら急ピッチで進められた二条城の建設。
光秀も築城に携わります。
資材の中には石仏や墓石なども多数あり、天罰といった不確かなものを恐れぬ信長は、それを砕いて敷石に使えと指示したのでした。

その頃、越前の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に不穏な動きありと久秀から耳にした信長。
もし義景と三好が手を組めば挟み撃ちされてしまうから、早めに義景を討ちたいと光秀に心の内を明かす信長でした。

『麒麟がくる』28話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回、あれ?信長さま、何かスイッチ入った!?ってくらいイメージ変わりましたね。
摂津晴門を激しく叱責し扇を床に叩きつけたり、恐れ多くも石仏をペチペチ叩いたり。
魔王感出てきたなぁ~といった印象。
「幕府にとって織田信長とはその程度の代物かっ!」と恫喝したときの信長さまの顔、ほんと怖かった…。

そんな魔王こと信長にベタ惚れな義昭さま。
信長に駆け寄って「もう岐阜には戻らないで」とギュッと手を握りしめてお願いする姿は、まるで恋する乙女のよう。
今、この時、義昭にとって信長は『姫(将軍)を守るカッコいい騎士』なんでしょう。
でもこの先、二人は…嗚呼。恋はなんとも儚いものですね。

久秀が信長に献上した『九十九茄子の茶入』。
信長没後は、本能寺の焼け跡から見つけ出され豊臣秀吉が所有し、その後は、徳川家康の命により、大坂夏の陣で被災した大坂城趾から探し出され修復されたとか。
天下人の手に転々と渡る茶器、まさに伝説の一品ですね。すごい!

義昭(元極道)と信長(ブッダ)がラブラブに!

信長に飛んで歩み寄る義昭に笑っちゃいましたね。

義昭、信長のこと好きすぎ!
でもそんな信長は、石仏の頭を叩く、まさに魔王なんですが…。

別ドラマでは、元極道(滝藤賢一)とブッダ(染谷将太)を演じる2人。その設定ならば、ラブラブなのも頷けます。
が、義昭と信長は絶対に相容れない人生を歩んできています。

義昭が信長と対立し、どのように立場を追われていくのか楽しみですね。

『麒麟がくる』29話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』29話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

将軍の御座所襲撃に怒った信長(染谷将太)は、京に将軍を守る城が必要だとして、独断で二条城の建設を始めてしまう。各地から資材を召し上げながら急ピッチで進む強引な工事に、幕府の摂津(片岡鶴太郎)のもとには信長に対する多くの反発の声が届く。ある日、伊呂波太夫(尾野真千子)から呼び出された光秀(長谷川博己)は、幕府より身を追われ身を隠した近衛前久(本郷奏多)と対面する。前久は今の幕府には、己の私利私欲を満たすことしか頭にない連中ばかりであることを忠告。そして、本来帝(みかど)を守るべき幕府の本分を見失っていることをほのめかすのだった。将軍よりも上の存在という帝の存在が気にかかった光秀は、ボロボロになった御所へと足を向ける。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/29.html