ドラマル

2020年10月11日

『麒麟がくる』27話のネタバレ感想!亀裂発生?十兵衛が信長の二度目の誘いを断る!

2020年10月11日に放送されたドラマ『麒麟がくる』27話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

27話では、光秀が三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るため京へ!
そして、遂に信長は、足利義昭を奉じて上洛を果たします。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』27話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

『麒麟がくる』27話のあらすじネタバレ

1568(永禄11)年 7月。
足利義昭(滝藤賢一)の一行は、美濃の立政寺(りゅうしょうじ)に到着します。
それを出迎えた織田信長(染谷将太)は、見事な太刀や鎧などの品々と合わせて金1千貫(およそ1億5千万円)を献上。義昭はその金を見て「これだけあれば、1万の貧しき民がひと月は過ごせよう」と喜びます。
信長はその発言に眉をひそめ、後に明智十兵衛光秀(長谷川博己)へ「あれは貧しい者に施すための金ではない。戦のためだ。そして義昭様は武具には目もくれない。まるでわかっていない」と、戦に興味のない義昭について不満を漏らしました。

光秀は、上洛にあたり三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るよう信長から命を受け、京へ。
その頃、京の人々は三好軍と足利義昭の上洛軍が戦を開始するという噂におびえ、市中から逃げ出す者でごった返していました。
その噂を広めたのは、同じく信長の命であらかじめ京に忍び込んでいた木下藤吉郎(佐々木蔵之介)。織田の強さと勢いを強調し、三好勢をけん制する意図がありました。

光秀は藤吉郎と合流。
藤吉郎は、信長からいつも無理難題をふっかけられてばかりだと愚痴をこぼしつつ、その代わり、ちゃんと褒美をくれる、褒めてくれると信長への敬慕もみせました。

光秀は、朝廷の内情を知る伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)から話を聞こうと、まずは太夫の居場所を知っていそうな駒(門脇麦)のもとへ。
望月東庵(堺正章)の屋敷を訪ねます。
すると、東庵や駒と顔馴染みだった藤吉郎は、予期せぬ再会を喜びます。
字を教えてくれた駒に、おかげで信長に仕官して立派な侍になれたとお礼を述べました。

光秀は駒の案内で伊呂波太夫のもとへ。
太夫の話によると、朝廷は織田が勝つか三好が勝つか息をひそめて状況を伺っている。もし織田が勝てばすぐにでも義昭を将軍に任ずるだろう、とのこと。
ただし、三好勢には堺の「会合衆(えごうしゅう)」がついていてお金があるから、三好勢に勝つのは簡単ではないだろうと予測する伊呂波太夫。
当時の堺は、南蛮貿易や鉄砲の生産や売買などで経済的に大きく発展し、世界でも有数の商業都市として栄えていました。その莫大な資金力で独自の自治を可能としており、その統治・運営をしていたのが「会合衆」と呼ばれる豪商たち。
「会合衆」の一人である今井宗久(いまいそうきゅう・陣内孝則)は、明(みん)から船が一隻くれば一万貫(およそ15億)も儲けていると噂されるほど。そういう者が三好勢についているから強いのだという。
宗久の名前を聞いた駒は、かつて丸薬を商売にしないかと持ち掛けられたことを思い出します。
駒は光秀を連れて、宗久のもとへ向かいました。

茶人でもある宗久は、駒や光秀に茶を振舞います。
駒は宗久に、丸薬の売買を許可する代わりに、三好への戦の手助けはやめてほしいと交換条件を出しました。駒は、上洛によりまた京が戦火に巻き込まれ、多くの人が犠牲になってしまうことを恐れていたのです。
宗久も自分も戦は好きではないとし、今度は光秀と話をします。
光秀のことは、信長の軍師ともささやかれている帰蝶(川口春奈)が最も頼りにしている人物として、宗久も聞き及んでいました。
その光秀に、「京に火をかけない」「堺を守る」「鎧兜をつけずに上洛する」を条件に、三好勢への支援を断つ約束をしました。

光秀は岐阜城に戻り、宗久の交換条件を信長に上申。
すると血気盛んな柴田勝家(安藤政信)や稲葉良通(村田雄浩)ら家臣たちが「宗久の申し出は三好方の罠だ!我々は正々堂々と戦に臨み、京へなだれ込むべし!」と紛糾。
それを信長が「上洛については織田の一存ではなく、義昭様の意向を伺って決めるべき」と言って鎮めました。

義昭は「私のなすべきことは、都の皆が平穏無事に暮らせると約束してみせること。鎧を脱いで京へ入る、それはすばらしい案だ」と大賛成。
三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)も同意します。

信長は義昭の意見を尊重するも、自分自身の考えは勝家たちと同じであると光秀に本音を打ち明けました。
そこであらためて、光秀に心づもりを問う信長。
義昭のそばに仕えるつもりなのか?
信長の家臣となるのか?
光秀は「将軍におそばに参ります」と答えたのでした。

1568(永禄11)年 9月。
織田軍は上洛を阻む近江の六角承禎(ろっかくじょうてい)を蹴散らし、勝利。
9月の末、織田信長は武装することなく、足利義昭を奉じて京へ入りました。
三好勢は既に京から去り、京が戦火に巻き込まれることはありませんでした。

『麒麟がくる』27話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回は、光秀のその後の運命を左右するような重大な意思決定がなされました。
信長の家臣ではなく、「将軍におそばに参ります」と。
とはいえ、今後、義昭と信長が対立し袂を分かつ時には、信長の家臣となるほうを選ぶわけです。
が!
今回の意思表示により、その意味合いがちょっと変わってくるように感じますね。
信長につくことを選ぶも、心は義昭のもとにあった可能性が高いわけです。
そうすると、「本能寺の変」の数ある原因説(怨恨説、暴君討伐説、秀吉黒幕説、四国問題(長曾我部元親絡み)説などなど)のなかで、この大河ドラマでは義昭黒幕説の線で描かれていくんでしょうか。麒麟の世を目指すという意味合いも込めて、暴君討伐&義昭黒幕説の複合?
何はともあれ、この先の光秀と義昭の関係には目が離せません!

ところで、明日からNHK総合で「光秀のスマホ」という5分ドラマ(23時40分~)が放送されるそうで。
内容は、戦国時代の武将たちがスマホを駆使して群雄割拠するなか、光秀が信長からのパワハラ鬼電に悩まされたり、ライバルの秀吉と熾烈なフォロワー数争いをしたり、愛娘・玉とスタンプで本音を零したり…といったもの。
これはゼッタイおもしろそう!
そして、既に稼働している「光秀のスマホ」公式ツイッター(スマホを持ってる明智光秀@NHK公式)のつぶやきが超絶おもしろい!
この大河ドラマ「麒麟がくる」と併せて楽しみたいと思います。

二度目の誘いを断る!十兵衛と信長の間に亀裂発生?

一度目の誘いは断られる前提の冗談のようでしたが、今回は間違いなく、本気の誘いでしたよね。

なのに!自分ではなく、将軍の器を感じない義昭を選んだ光秀。
間違いなく信長は、承認欲求を満たされず、カチンときてました。

高笑いし合い、互いに力を認め合っていた信長と光秀ですが、ここから亀裂が発生し始めたのでしょうか。これから信長による壮絶な光秀いじめがありそうな予感…。

『麒麟がくる』28話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』28話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ついに足利義昭(滝藤賢一)が上洛を果たした。勢いに乗った織田軍は周囲の三好勢を一掃する。光秀も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。先の将軍・義輝暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎)の処分を巡り、織田側と三淵ら奉公衆の意見が割れるが、義昭は信長(染谷将太)の意見に従うという。その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎)に任せることを認めてほしいという。光秀(長谷川博己)と藤孝(眞島秀和)は、幕府を腐らせてきた張本人ともいえる摂津の再起用に胸騒ぎを覚える。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/28.html