ドラマル

『麒麟がくる』25話のネタバレ感想!光秀が信長の承認欲求を刺激!天下人へ歩み出す

2020年9月27日に放送されたドラマ『麒麟がくる』25話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

25話では、信長が斎藤龍興との戦に勝ち、美濃を平定する!
そんな中、美濃を訪れた光秀は、信長にある進言をする…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』25話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

『麒麟がくる』25話のあらすじネタバレ

1566(永禄9)年。
覚慶(かくけい・滝藤賢一)は還俗(げんぞく。出家した者が俗人に戻ること)して足利義昭を名乗り、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)を頼りに越前へ向かいました。
しかし一行は一乗谷からほど遠い敦賀に留め置かれ、半年以上時が経ちました。
細川藤孝(真島秀和)は、このままでは三好一派が担ぐ足利義栄(あしかがよしひで・一ノ瀬颯)が将軍に就任してしまうとやきもきします。

1567(永禄10)年。
織田信長(染谷将太)は、稲葉山城から斎藤高政(伊藤英明)の子・斉藤龍興を追放し、美濃を平定。
これを機に、かつての家臣・伝吾(徳重 聡)から文が届き、明智十兵衛光秀(長谷川博己)は母・牧(石川さゆり)を連れて11年ぶりに美濃の明智荘へ。
当時、半分焼け落ちてしまった館は、伝吾たちが修復してくれてました。
村の衆から手厚い歓迎を受ける牧たち。牧は、この生まれ育った地であり夫・光綱(尾関伸次)が眠る明智荘にとどまり暮らすことに。
光秀は越前に戻ります。

越前に戻る前に、岐阜城(稲葉山城)を訪ねた光秀。
高政の家臣だった稲葉良通(いなばよしみち・村田雄浩)に呼び止められます。良通は、気が小さく主君の器ではない龍興を見限り、信長に仕えていたのです。
良通は「これまでのことは水に流して、これから共に織田家を支えようじゃないか」と光秀に言いました。

念願であった美濃を平定した信長は「この先、どうしたらいいのかわからなくなった」と光秀に零します。
そこで光秀は「上洛して新しい将軍と幕府を再興すれば、武士が誇りを持てる平らかな世になり、皆が喜びます。かつて道三(本木雅弘)様が言っていたように『誰も手出しのできぬような大きな国』を作りましょう」と進言。
信長は目を輝かせ、やる気を漲らせます。
けれど、肝心の将軍候補・義昭の評価を信長から聞かれた光秀は、つい口ごもってしまうのでした。
一方その頃。
京で丸薬作りに懸命に励んでいる駒(門脇麦)のもとに、不穏な噂が届きます。
貧しい者のためにタダで配っている丸薬を、誰かが転売して儲けているというのです。
駒は真偽を確かめに、丸薬配りをしている住職(不破万作)のもとへ。
このとき、住職のもとへ茶釜の納品に来ていた堺の豪商・今井宗久(いまいそうきゅう・陣内孝則)が駒と住職のやり取りを見ており、「何にでも効く」と人気の丸薬に興味を示しました。

駒は、「母親(異儀田夏葉)が病気」と偽って丸薬をもらい転売をしているという平吉(子役・込江大牙)のもとへ行き、転売はダメだと窘めます。
けれど「稼いで何が悪い」と開き直る平吉。というのも、転売して稼いだ金は、貧しい一家が食べていくための必要不可欠なお金だったのです。それを知った駒は、それ以上何も言えず、自宅へと戻りました。
望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)は、自己嫌悪して落ち込む駒に「薬がひとり歩きして、(治療以外でも)人助けしているわけだ。いい薬じゃないか」と元気づけました。

光秀が越前に戻ると、藤孝と義昭が家を訪ねていました。
義昭は、兄・義輝(向井理)がことのほか信頼していた光秀と一度ゆっくり話がしたかったという。
敦賀で足止めされていた時、自分の身体よりはるかに大きい蝶の羽を運んでいた蟻を見て思うところがあったという義昭。
「将軍という大きな羽は、わたし一人では運べない。けれど、助けがあればあるいは…。わたしはこれまで僧として貧しい人々に救いの手を差し伸べてきたが、一人の力だけでは救える数は限られる。しかし将軍になれば、手の届かなかった人も救えるかもしれない。そう考えると将軍になるのも悪くはない」と。
これに感銘を受けた光秀。
義景のもとへ参上し、義昭への見方を変えた由を伝えました。
「聡明で弱き者の心が分かるお方。強い大名方が支えれば立派な将軍になるかもしれない」と。
光秀からの太鼓判を聞いた義景は、上洛にやる気をみせます。
がしかし、家臣の山崎吉家(榎木孝明)から「待った」がかかりました。
さらに、義景の嫡男・阿君丸(くまきみまる。子役・森優理斗)が、大事にしていたネズミ・忠太郎がいなくなってしまったと義景に泣きついてきて、館はネズミ探しで騒然。上洛話は頓挫してしまいました。

1568(永禄11)年 2月。
三好勢が担ぐ足利義栄がついに14代将軍に就任したのでした。

『麒麟がくる』25話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

光秀がかつて道三から言われた「誰も手出しのできぬような大きな国をつくるのじゃ!」が、ここにきてまた蘇り胸がアツくなりました!
信長と光秀の「大きな国とはどれくらいじゃ?」「もっとです!」のやり取りも、これから光秀が信長を支え大躍進していく未来を象徴しているかのようでワクワクしました。演じる染谷将太さんの少年のような目の輝きも素敵!

義景は上洛戦に応じなかったという歴史的なオチを知ってるだけに、やる気はあったという設定がちょっと意外でした。
でも、チュー太郎騒動で頓挫しちゃいましたね。
みんなして「忠太郎様ぁ~!」と必死になって一匹のネズミを捜す様子が可笑しかったです。一体どんなネズミ様なのか…もしかすると目がクリッとしためちゃくちゃ可愛いネズミ様…ハッ、もしやミッキーマウス!?
それは何としてでもお捜ししなければ!
…と冗談はさておき。それほどまでに、義景は我が子・阿君丸を溺愛していたんですね。

光秀が信長の承認欲求を刺激!天下人へ歩み出す

信長の原動力が承認欲求だと知った光秀。平らかな世を作るために、信長を煽りに煽っていましたが、後に底なしの信長の承認欲求に悩まされるのでしょうかね。
あの高笑いが後にどうなるのか、楽しみです。

信長という人物は、仲間であれば良いが、敵となれば、恐ろしい人物だなと光秀とのやり取りで感じました。

承認欲求を満たすためならば、魔王にもなれる信長。
現在のところコントロールできてる?ようですが、「戦を好き」という信長ですから、光秀のコントロールをすぐに超えていきそうです。
後に2人がぶつかることを予感させる回でもありましたね。

『麒麟がくる』26話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』26話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

義昭(滝藤賢一)を奉じ、信長(染谷将太)と共に上洛を決めた義景(ユースケ・サンタマリア)だったが、その気まぐれな言動から、光秀(長谷川博己)や三淵(谷原章介)らはその真意に次第に不安を感じるようになる。家臣や一族も決して一枚岩ではない様子を見るにつけ、このままでは上洛をしても三好勢と十分に戦えないと判断した光秀は、信長を訪ね、単独で上洛をするように訴える。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/26.html