ドラマル

『麒麟がくる』24話のネタバレ感想!伊呂波太夫の言葉は公家の象徴?

2020年9月20日に放送されたドラマ『麒麟がくる』24話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

24話では、将軍・義輝が殺害され、京は弟・覚慶擁立派と義栄擁立派に二分する!
義輝の死を知り、松永のもとへ向かった光秀は、そこで覚慶と出会うが…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』24話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

『麒麟がくる』24話のあらすじネタバレ

1565(永禄8)年。
京で、三好長慶(山路和弘)の子・三好義継(黒部弘康)や松永久秀(吉田鋼太郎)の子・松永久通らの軍勢により、将軍・足利義輝(向井理)が殺害されました。
この「永禄の変」により、将軍の座は空位となりました。
義輝暗殺を引き起こした三好一派は、義輝の後継と目されている弟・覚慶(滝藤賢一)(のちの足利義昭)を興福寺一条院に幽閉し、自分たちが意のままに操れる義輝のいとこ・足利義栄(あしかがよしひで・一ノ瀬颯)を次期将軍に擁立しようと目論見ます。

義輝暗殺の報せを受けた久秀は、三好一派と我が子・久通の暴挙に怒ります。
このままでは幽閉された覚慶の身も危ないだろうと、一条院へ。覚慶に、還俗(げんぞく・出家した者が俗人に戻ること)し次期将軍となるよう説得。
奉公衆の三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)や細川藤孝(真島秀和)の働きにより、義輝のお側衆だった甲賀の和田惟政(わだこれまさ)のもとへなんとか逃がしたのでした。

一方、同じく義輝暗殺の知らせを受けた光秀は久秀のもとへ。
義輝を殺しはしないと約束したのに話が違うではないかと激しく糾弾します。
久秀は己の読みが甘かったことを詫び、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)からの書状を渡しました。そこには、覚慶が将軍の器であれば越前でかくまう覚悟があるから、確かめてくるようにと書かれていました。
しかし、これにあまり気乗りしない光秀。
久秀は「武士の世は今、大きな曲がり角。それをどう拓いていくのかが我々の正念場である。このまま越前でくすぶっていていいのか」と発破をかけました。

光秀は、甲賀にいる覚慶のもとへ。
覚慶は、義輝からの信頼が厚かったという光秀に「私に将軍が務まると思うか?」と尋ねました。
覚慶は死にたくない一心で大和から出てきたものの、自分には兄・義輝のような才覚もないし、6歳で仏門に入ったため(跡目争いを避けるため、嫡子以外の男子は全て出家させるという足利家の習わし)刀や弓を持ったこともないし、戦も好きではないという。
これを聞いた光秀は越前に戻った後、義景に「覚慶は将軍の器ではない」と答えたのでした。

一方その頃。
京で丸薬作りを始めた駒(門脇麦)と望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)。
これが大変好評で、伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)から次々と注文が入ります。ついには生産が追い付かず、茶の振売・トメ吉(濱津隆之)にまで手伝ってもらうことに。

そんな中、関白・近衛前久(このえさきひさ・本郷奏多)が伊呂波太夫を訪ねてきます。
前久は次期将軍選びを有利に進めようとしている三好一派から、帝へ義栄を推挙するよう圧力をかけられており、もし断れば斬ると脅されていました。けれど前久自身は、血筋からみて覚慶こそが次期将軍にふさわしいと考えていたため、どうしたものかと悩んでいました。それを姉のように慕っている伊呂波太夫に相談しに来たのです。
太夫は「次の神輿に誰を担ぐのか命懸けで拘っているのは武士だけで、わたしたちにとってはさほど変わらない。そこで関白が命を落とすなんて馬鹿馬鹿しい。だから、そうしたいというなら、そうしてあげればいい」と答えました。

これにより心を決めた前久は、正親町天皇(おおぎまちてんのう・坂東玉三郎)に次期将軍として足利義栄を推挙したのでした。

『麒麟がくる』24話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

将軍・義輝の散り際が壮絶であり、とても美しかったです!
塚原卜伝にも師事したといわれている剣豪将軍。敵の武器を奪いながらあるときは太刀を両手に持ち二刀流で応戦したり、そしてあるときは薙刀を大きく振るって攻撃を弾き返したりと、「剣豪」といわれる力量が遺憾なく発揮されたカッコいい殺陣でした。

覚慶の「死にたくない。人を殺すのが怖い。戦も好きじゃない」発言に、あぁこういう人が上に立ってくれたらきっと戦の無い麒麟がくる世にしてくれそうだなぁと好感が持てました。だから、きっと光秀は「将軍の器あり!認定」してくれると思ったんですが…まさかの全否定。意表を突かれました。
光秀の答えを聞いたときの、義景の鳩が豆鉄砲を食ったようなすっとんきょうな顔。わたしもまったく同じ顔しちゃいましたよ。笑

伊呂波太夫の言葉は公家の象徴?

太夫の「将軍など、神輿などどうなってもいい。どちらも争って、ともに滅びればいい。重要なのは私も前様も武士ではないという事。」という言葉は、なるほどでしたね。

武士以外のものからすれば、争い事があることがはたはた迷惑で、とことんやりあって滅んでくれれば万々歳。
でも、そもそも武士は公家が担ぎ出した(生み出した)ような気もしますが、武力で飯を食うものがいなくなれば、今よりは割に平和になりそうですよね。

平らかな世に将軍は必要か否か?
その答えは時代・時代で異なりそうですが、戦国の世にあっては、成るべき人物の器は相当に重要であったのでしょう。
光秀の見る目は正しかったのか、今後の普通の人っぽい義昭の波乱万丈の人生が楽しみですね。

『麒麟がくる』25話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』25話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

覚慶(滝藤賢一)は還俗(げんぞく)し、足利義昭を名乗る。しかし受け入れを希望する越前・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の態度が決まらず、近場で立ち往生を余儀なくされていた。一方、信長(染谷将太)は長きにわたる斎藤龍興との戦に勝ち、ついに美濃を平定する。かつての家臣・伝吾(徳重 聡)から文が届き、光秀(長谷川博己)は母・牧(石川さゆり)を連れて、なつかしい美濃へと旅をする。訪ねた岐阜城で「何のために戦っているのかわからなくなった」と言う信長に、光秀は「上洛して新しい将軍と幕府を再興すれば、武士が誇りを持てる平らかな世になりみんなが喜ぶ」と言う。しかし肝心の将軍候補・義昭の評を信長から聞かれると、光秀は口ごもってしまうのだった。越前に戻った光秀を、なんと義昭が待ち構えていた。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/25.html