ドラマル

『麒麟がくる』23話のネタバレ感想!将軍義輝との今生の別れ!

2020年9月13日に放送されたドラマ『麒麟がくる』23話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

23話では、光秀が義輝のため、信長や松永久秀の元へと走ります!
その頃、大和の国では、駒が義輝の弟・義昭/覚慶(滝藤賢一)と出会い…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』23話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』23話のあらすじネタバレ

1564(永禄7)年。
京を中心に畿内に絶大な権力を誇った三好長慶(みよしながよし・山路和弘)が、病気で亡くなりました。
将軍・足利義輝(向井理)は復権を図り、京は再び動乱の時代に入ります。
そんな中、明智十兵衛光秀(長谷川博己)は義輝に、将軍の力を取り戻すため、いま勢いに乗っている織田信長(染谷将太)を上洛させてみせると約束。

その頃、信長は美濃攻めの最中で、国境の土豪たちに手を焼き、早3年が経とうとしていました。
そんな苦しい状況のため、信長は光秀との久しぶりの再会を喜ぶものの、話に取り合いません。
代わりに、百人頭となった木下藤吉郎(佐々木蔵之介)(のちの豊臣秀吉)に取次を任せました。
藤吉郎は甲斐甲斐しく光秀をもてなし、ある噂を口にします。
京で、長慶の子・三好義継(黒部弘康)とその取り巻きたちが義輝暗殺を企んでいる、と。しかも、その裏で糸を引いているのが松永久秀(吉田鋼太郎)だというのです。
その真偽を確かめるため、光秀は大和の多聞山城(たもんやまじょう)にいる久秀のもとへ。

久秀は、義輝はもはや将軍としての値打がないとし、このままでは世の中が収まらないから都から追放するつもりだと話します。
ただし、殺しはしないと明言。久秀の息子・松永久通にもそう言い聞かせているという。
そして、自分の力ではもう、義継や久通らの義輝排斥の動きは止められないと告げました。
光秀は、それでも武士の棟梁である将軍は世に必要だと訴えます。すると細川藤孝(真島秀和)が出てきて、これからは次なる将軍候補の覚慶(かくけい・滝藤賢一)(のちの15代将軍・足利義昭)を助けてゆくと明言したのでした。

光秀は久秀や藤孝の話に愕然としつつ、京にいる義輝のもとへ。
信長が上洛できないことを報告。
義輝は己の無力さに苛まれつつ、周りから人が消えつつある今でさえも力を尽くしてくれる光秀に「もっと早くに会いたかった」と零しました。

その頃、大和で、僧として貧しい人々に施しを与えていた覚慶。
その姿に興味を抱いた駒(門脇麦)は、覚慶の後を追って話を聞きます。
「わたしが施せるのは僅かな人だけ。私は無力だ。麒麟がくる世にならねば、皆が豊かになることはない」と口にします。「麒麟」の話は、覚慶の父・足利義晴(12代将軍)からよく聞かされたという。けれど、麒麟の世を作りたいと願っていた父・義晴も兄・義輝も、ついに戦を止めることはできなかったと嘆きました。

そんな折、覚慶の周りをうろつく不審者を目にします。
覚慶はその不審者たちをなんとか撒いて、駒とともに市場へ。
するとそこへ藤孝がやってきて、危ないからと、覚慶は寺へ連れ戻されてしまいました。

駒は京の望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)の屋敷へ戻ります。
がしかし、喧嘩別れしてしまったため、素直に顔が出せず家の外で座り込んでしまう駒。すると、茶の振売(濱津隆之)から、先日強盗が入って東庵が大袈裟を負ったと知らされます。
家の中に入ると、物は何から何まで奪われ、東庵は腕の負傷で療治もできない状態でした。
これから先、どう生活していこうかと頭を悩ませます。
そんな矢先、伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)が訪ねてきました。
なんでも、駒の作った丸薬がとても好評で、方々から欲しいと要望があるとのこと。ついては、太夫の戦略的売り込みもあって、700袋分の丸薬を7貫(約105万円)で買いたいという。ただし、そのうち2割は口利き料として太夫がもらうとのこと。
早速、その手付金までもってきた太夫。それを当面の生活費にしたいと考えた東庵は、駒に丸薬作りを許可したのでした。

越前に帰った光秀は、まずは朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に京の様子を報告。
大方予想通りだった義景は、光秀に「国の外に振り回されるな。野心を持たず、この国でじっとしているのがいい。自分の家が一番良いのだ」と持論を展開。
家に帰った光秀は、穏やかな日常を送る煕子(ひろこ・木村文乃)や娘の岸(子役・宝辺花帆美)たち、牧(石川さゆり)の子守歌を聞いて、そうかもしれないと感じます。
けれど、今このとき何処かで戦があり命を落としている者がいる。そこへ思いを馳せた煕子が「子が大きくなったとき、穏やかな世であってほしい」という願いを口にしました。

1565(永禄8)年 5月。
京で、三好義継率いる軍勢が義輝のいる二条御所を襲撃しました。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』23話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

「夏は終わった…わしの夏は…」
麗しき将軍・足利義輝様の、この一言が印象的でした。
義輝も「麒麟がくる世」を目指して力を尽くしてきたのに、力及ばず、そして周りからどんどん人が消えていき…。その無念さや儚さが、今のちょうど夏の終わりと重なって、じいんと心に沁み入りました。

そんな物憂げな気分を、一瞬軽くしてくれたのがユースケさん演じる朝倉義景。
「おうちがイチバン」発言が、義景らしいな~と笑みがこぼれました。
たしかに義景は、この後、義昭を越前に匿うも義昭が望む上洛戦に応じず、信長からの上洛命令にも無視し続け、おうち(越前)に籠りっきり。越前は「小京都」と称されるほどに繁栄して、戦国の世にあって比較的安定した国だったから、当然といえば当然なのかな。
でもそれが後々仇になってしまうのが悲しいところですね。

ところで光秀の母・牧の子守歌がすごかった!
さすが演歌の女王・石川さゆりさんの歌声。こんな素晴らしい子守歌を聴いて育つ玉ちゃん(のちのガラシャ)は、きっと素晴らしい女性になりますね!

将軍義輝との今生の別れ!

23話は、金・力がなければ、どうしようもないということを痛感させられる回でした。

あの藤孝にさえも見限られてしまった将軍・義輝。
光秀にまた会おうといっていましたが、もはや今生の別れだと認識していましたよね。

武には長けていたが、政には長けておらず、実質、力をなくしたが、言う事を聞かない義輝は扱いにくかった。
ということで、将軍の器がないと判断され永禄の変で討たれてしまう義輝。
最後にどんな勇姿を見せて来るのか次回が楽しみですね。

『麒麟がくる』24話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』24話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

三好・松永の子らによるクーデターが勃発、将軍・義輝(向井 理)が殺害される。ぽっかり空いた将軍の座を巡り、京は弟・覚慶(滝藤賢一)擁立派と義栄擁立派に二分する。松永(吉田鋼太郎)と藤孝(眞島秀和)は、三好から命を狙われる覚慶を大和から脱出させ身を隠す手助けをする。一方、義輝の死を知った光秀(長谷川博己)は、松永のもとへ向かい、義輝暗殺を激しく糾弾。松永は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)から届いた文を光秀に見せる。そこには、朝倉家は覚慶が将軍の器であればかくまう覚悟がある、それを光秀に確かめてくるように、と書いてあった。気が乗らない光秀に松永は、このまま表から身を遠ざけ、越前でくすぶっていていいのかと発破をかける。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/24.html