ドラマル

『麒麟がくる』22話のネタバレ感想!足利義昭が登場!天下人を導く麒麟は駒?

2020年8月30日に放送されたドラマ『麒麟がくる』22話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

22話では、光秀の元に藤孝(眞島秀和)が将軍・足利義輝(向井 理)の命で訪ねてくる!
義輝と会った光秀は、将軍の力を取り戻す方法として、信長の上洛を提案する…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』22話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』22話のあらすじネタバレ

1564(永禄7)年。
桶狭間の戦いから4年後。
京や畿内では三好長慶(みよしながよし・山路和弘)が実権を完全に掌握しており、平穏な時を迎えていました。
そして、松永久秀(吉田鋼太郎)は大和を任され、三好一族の支配体制は盤石。
おかげで将軍・足利義輝(向井理)の権威は失墜し、長慶の傀儡と成り下がっていました。

当時、年号を改める「改元」のときには、慣例として代々将軍家が帝へのお伺いを立ててから執りしきる習わしでした。しかし、6年前の正親町天皇(おおぎまちてんのう・坂東玉三郎)即位の「永禄」改元の際、義輝が近江の朽木に亡命中だったため、義輝には何の断りもなく年号が改元されました。この改元は室町期で将軍家が関与しなかった唯一の改元となり、義輝は「ないがしろにされた」と立腹。
そして今、60年に一度の「甲子(きのえね)の年」ということで、義輝は関白の近衛前久(このえさきひさ・本郷奏多)から帝への改元のお伺いを立てるよう促されたのですが、「永禄」の件ですっかりへそを曲げてしまったため、動こうとしませんでした。

すっかりやる気を失い、別人のようになってしまった義輝。
そんな義輝をなんとか元気付けようと、将軍奉公衆の細川藤孝(真島秀和)は、話し相手として明智十兵衛光秀(長谷川博己)を京へ呼ぶことに。

その頃、光秀は越前で近所の子供たちに読み書きを教えながら慎ましい牢人暮らしを続けていました。
藤孝の来訪に喜ぶ光秀。妻の煕子(ひろこ・木村文乃)や長女の岸(子役・宝辺花帆美)、そして生まれたばかりの次女の玉を紹介します。このとき藤孝によく懐いていた玉は、将来、藤孝の嫡男・細川忠興の妻となります。
朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)にも話は通してあるとのことで、光秀は、藤孝の頼みを快く引き受け京へ赴くことに。

一方その頃。
芳仁(ほうじん・ベンガル)という老人から「何にでも良く効く」という触れ込みの丸薬レシピを受け継いだ駒(門脇麦)は、それを作って、満足に医療を受けられない貧しい人々に無料で配っていました。
けれど望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)は「素性も知れない者から教わったよく分からない薬をむやみに配ってはいけない。今はよくても、後々副作用が出るかもしれない」と、芳仁の丸薬作りに反対。二人は喧嘩してしまい、駒は東庵の元を飛び出してしまいました。

行く当てのない駒は、とりあえず伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)のもとへ。
伊呂波太夫は近衛前久と仲良さそうに話をしていました。
太夫は幼き頃に近衛家に拾われ、年下である前久の面倒をよくみており、いわば弟みたいなものとのこと。そのため、前久は太夫には頭が上がらないという。
これから大和へ行くという太夫たちとともに、駒も一緒について行くことに。

前久は、改元を見送ることになったことを松永久秀に伝えます。
そしてもうひとつ。将軍を亡きものにせんと企んでいる輩がおり、その中に久秀の子・松永久道(ひさみち)がいるという噂を耳にし、その真偽を確かめます。これを久秀は「根も葉もない」と完全否定したのでした。

町を見て回っていた駒は、貧しい民に施しを与えている僧・覚慶(かくけい・滝藤賢一)(のちの最後の将軍・足利義昭)と出会います。
覚慶は人々から「生き仏のようなお方」と慕われていました。

京へやってきた光秀は義輝と話をします。
義輝は、地に落ちた権威を取り戻すためには三好長慶を成敗するしかないと、光秀に「三好長慶を討て」と命じようと考えていました。がしかし、闇討ちを企てれば、ますます権威は落ちてしまうだろうと思い止まります。
そして、かつて光秀に話したときと同様、今でも麒麟を呼べる男になりたいと願う義輝。
その心意気に心揺さぶられ、苦悩する義輝の力になりたいと願った光秀は、今川義元(片岡愛之助)を討ち果たし勢いのある尾張の大名・織田信長(染谷将太)に上洛して義輝を支えてもらおうと提案。信長を連れてくるよう約束したのでした。

その頃、絶大な権力を誇っていた三好長慶が病に倒れ、息を引き取りました。
これにより、京は再び動乱の時代に入ってゆくのでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』22話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

この『麒麟がくる』の脚本家・池端俊策さんは、およそ30年前(1991年)、室町幕府の祖・足利尊氏を主人公とした大河『太平記』を書かれています。その池端俊策さんが、今度は室町幕府最後の将軍・足利義昭をどのように描くのか、とても興味深いです。
義昭は、したたかに将軍の地位を発揮したり、怒りにまかせて軍事力を行使したり、かと思えば、弱き民を救おうと奔走する慈悲深さがあったりと、いろんな顔をもった人物だとか。その多面的な魅力を滝藤賢一さんがどのように演じ、魅せてくれるのかも楽しみです!
…ただ、見た目、義輝の弟というのがちょっと違和感、かな。「弟」というより「(けっこう年の離れた)兄」といったかんじ(笑)並々ならぬ苦労があって老けちゃったのかな?

戦国三大梟雄(きょうゆう。残忍で勇猛な人物の意)に数えられる松永久秀ですが、亡くなった奥方の喪が明けるまでは徹底して鳴り物禁止のお触れを出すあたり、相当な愛妻家だったんでしょうか。
寂しくて寂しくて…と伊呂波太夫に傍にいて欲しいと口説く久秀は、「梟雄」なんていう言葉とは縁遠い、さみしがり屋のカワイイおじさまに見えました。そのギャップがたまらない!

足利義昭が登場!天下人を導く麒麟は駒?

ボランティア活動をする僧侶として、室町幕府最後の将軍・足利義昭/覚慶(滝藤賢一)が登場し話題に。
そして、その将軍にたまたま伊呂波太夫(尾野真千子)に連れられた麒麟?駒ちゃん(門脇麦)が急接近します。

駒ちゃんは、まるで主人公かのように、秀吉、関白の近衛前久、足利義昭と、一農民(商人?)ながら次々と天下人(後も含む)にあっていきます。
もしや、天下人を導き世を平らかにするカギを握るのは駒ちゃんなのでしょうか…笑。

次に駒が巡り合うのは誰なのか?
駒ちゃんの動向からも目が離せませんね。

『麒麟がくる』23話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』23話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

将軍・義輝(向井 理)の文を手に信長(染谷将太)の元に向かった光秀(長谷川博己)。しかし肝心の信長は美濃攻めに苦戦しており、話どころではなかった。代わりに取り次ぎを任された藤吉郎(佐々木蔵之介)から、京で三好長慶(山路和弘)の子らによる義輝暗殺計画のうわさがあると聞く。しかも裏で糸を引いているのが松永久秀(吉田鋼太郎)であると知り、衝撃を受ける光秀。すぐに大和の松永の元を訪ね、その真意を問いただすも、松永は「義輝はもはや将軍の器ではない、このままでは世が治まらないので、殺しはしないが追放するつもりである」と告げる。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/23.html