ドラマル

『麒麟がくる』21話のネタバレ感想!毛利新介(今井翼)の跳躍がまるでキングダムの信だった!

2020年6月7日に放送されたドラマ『麒麟がくる』21話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

21話では、今川方に嫌気が差した元康が、織田軍の迎撃に加わることを拒否する!
そんな中、信長は前線へ出陣し、今川義元がいる桶狭間に兵を向ける…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』21話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』21話のあらすじネタバレ

1560(永禄3)年。
駿河の今川義元(片岡愛之助)が、尾張に迫ってきました。
大高城、鳴海城は、既に今川方の手に落ち、ついに義元自ら大軍を率いて、沓掛城(くつかけじょう)まで進軍。そして、松平元康(風間俊介)のいる大高城に大軍を集結させて、一気に清須城を攻める作戦です。

先に大高城に到着した元康のもとには、母・於大の方(おだいのかた・松本若菜)の文を届けに、菊丸/春治(岡村隆史)が来ていました。
元康は、三河を取り戻したいという母や菊丸の気持ちに理解を示します。けれど、「この戦から手を引いてほしい」という願いには応えられないという元康。
もしここで今川を裏切ってしまえば、強大な兵力を誇る今川を敵に回すことになる。それでは三河を取り戻すどころか、今いる家臣や、駿河にいる身内を危険な目に遭わせ、勝てるかどうかもわからない今川との戦に皆を巻き込むことになる、と危惧したのです。
元康を今川から離反させる工作は、失敗に終わりました。

5月19日 午前4時。
元康の軍勢が、織田方の丸根砦に攻め込みました。

午前6時。
元康の離反工作失敗の報せを受けた織田信長(染谷将太)は、外に出ても勝ち目はないと、家臣に清須城で籠城すると伝えます。
そして、幸若舞『敦盛』の一節を謡い舞う信長。

そこでふと、父・信秀(高橋克典)の教え「今川義元は用心深いため、地元駿河にそれ相応の兵を残して東側の敵にも備えている。そのため額面通りの兵を率いているとは限らない」と言っていたのを思い出します。
水野信元(横田栄司)からも同様の助言を受けており、今回、2万以上もの大軍を率いているとの噂でしたが、実際は6000ほど割り引いた数だろうと予測する信長。その他に、鳴海城へ3000、大高城へ2000、鷲津砦の攻略に2000、兵を割いています。すると残りは7000ほど。
あとは局地戦を展開してさらに本隊から兵を引き離せば、十分、3000の兵でも五分の勝負に持ち込めるだろうと読み、信長は前線への出陣を決意。
出陣の前に、帰蝶(川口春奈)に、吉乃(きつの)という女性に産ませた子・奇妙丸(加藤矢紘)(のちの織田信忠)を会わせ、自分にもしものことがあったら、世継ぎとして育ててほしいと託しました。

午前8時。
元康に攻められた丸根砦と鷲津砦は陥落。

午前9時。
信長は丸根、鷲津、両砦が敗れたのをにらみながら、善照寺砦へと向かいました。
同じ頃、義元は、沓掛城を出発し、大高城を目指していました。

午前9時30分。
清須城の帰蝶のもとへ、明智十兵衛光秀(長谷川博己)と明智左馬助(さまのすけ・間宮祥太朗)がやってきます。
しかし入れ違いで信長がもう発ってしまったと帰蝶から聞くと、すぐさま善照寺砦へと向かいました。

午前10時。
信長、善照寺砦に到着。
2つの砦を落とした元康は、大高城へ戻りました。
すると到着早々、息つく間もなく、今川家家臣の鵜殿長照(佐藤誓)から鳴海城へ加勢に行けと命じられます。元康は、兵たちを休ませるためにも明朝まで待ってほしいと訴えますが、鵜殿は聞き入れません。そんな無茶な命令をして三河勢を駒のように扱う今川方に、次第に嫌気が差し始める元康。
その後、織田軍への迎撃に加わることを拒否。大高城にとどまり、桶狭間に向かうことはありませんでした。

午前11時。
今川本隊に、中嶋砦から300ほどの織田部隊が攻めてきたとの報告が入ります。
義元は、距離的に鷲津砦攻略に加勢した朝比奈泰朝の兵を向かわせようとしますが、乱取り(戦いの後で兵士が人や物を略奪する行為)にかまけて動かないとの報せを受け、仕方なく本隊から1000ほど兵を出すことに。

午後0時。
中嶋砦付近にて小競り合い。今川方が勝利します。
しかしこれは、今川の本隊から兵を引き離す信長の作戦で、今川本隊の数は5000となりました。
これならいけると確信した信長は、義元が駐留している桶狭間へと出陣。

午後1時。
嵐のような大雨が降り、数の減った今川本隊は桶狭間山での立ち往生を余儀なくされます。

午後2時。
織田軍が、今川本隊に急襲。信長の馬廻(うままわり)として仕えている毛利新介(今井翼)が、義元の首をあげました。

凱旋する信長のもとへ光秀がやってきます。
光秀は、海道一の弓取りである今川義元を討ち果たした信長を褒め称えました。
そして、次は何を目指すのかと問う光秀。
信長は「美濃の国を取る。美濃を取って、帰蝶を喜ばせたい」と答えます。
さらに光秀は、その次は?と問います。
しかし信長はこれには答えず、不敵な笑みだけを返しました。

その後、駿府にて。
駒(門脇麦)のもとへ、元康から近況を知らせる文が届きます。
そこには、16年ぶりに母・於大の方と再会し涙したことや、信長から寛容な処遇を受け、三河の岡崎城に戻れたことなどが綴られていました。

そして、義元討ち死にの知らせを受け、京へ戻る支度をはじめた望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)と駒。
駿府を発つ前に、お灸の患者・芳仁(ほうじん・ベンガル)のもとへ立ち寄ります。
芳仁は「何にでも効く」と評判の薬を作っており、その極秘レシピを世話になった駒のために渡したのでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』21話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今川と織田の兵が入り乱れて戦った桶狭間の合戦シーン、手に汗握りました!
なんといっても、今川義元の首をあげた瞬間の演出がドラマチック!
刀槍を手に空高くジャンプする毛利新介。
その姿が今川義元の驚愕と恐怖で見開いた瞳に映り、グサリ。
そして、毛利新介の勝利の雄叫び。
まるで映画のワンシーンを見ているような。今でもドキドキが止まりません。

放送休止前にド迫力の合戦シーンが楽しめて嬉しかったです。
でも、こういった大勢の兵が激突する合戦シーンは、もしかしたら今回でしばらく見納めかも?そう思うと、さみしくてなりません。はやく、このコロナ禍が鎮まってほしいと願うばかりです。

菊丸をはじめ、三河の皆から深く愛されている松平元康。
今回、その理由がとてもよくわかりました。
離反を促されても、一時の感情に流されず、家臣や身内を危険な目に遭わせないようにと思い留まる冷静さ。理不尽な命令をする主君から兵たちを守るために毅然とNoと訴える強さ。
すべてがカッコよかったです!

半年ほど前のNHK「歴史秘話ヒストリア」で紹介されていたのですが、光秀が田中城籠城の時(足利義輝暗殺の直後くらいのとき)に口伝したという傷の治療法などを記した医術書『針薬方(しんやくほう)』があるそうで。
もしかしたら、「よく効く」と評判の芳仁レシピが(芳仁はドラマオリジナルだと思いますが)、駒経由で光秀のもとへ伝わって…という流れになるのかな?

放送再開が待ち遠しいです。
とりあえず、予告編でチラっと出た滝藤賢一さん演じる室町幕府最後の将軍・足利義昭をはやく見たいなぁ。そして、信長の妹で戦国一の美女と賞されているお市の方や、その旦那さまの浅井長政を誰が演じるのかも気になります。

毛利新介(今井翼)の跳躍がまるでキングダムの信だった!

21話は、今井翼さん演じる毛利新介が、空高くに飛び今川義元(片岡愛之助)を斬るシーンが印象的でしたね。

まるで先日地上波で放送されたキングダムの信のような跳躍を見せた毛利新介。演じた今井翼さんの名を表すかのような翼が生えたかのようなジャンプに、「カッコいい!」「迫力あった!」「素晴らしい演出」と絶賛の声が集まりました。

病気で一時、芸能の仕事を休んでいた今井翼さん。ジャンプも良かったですが、個人的には今川義元を討ち取り、「おおお…おお~」と興奮で打ち震える演技が最高でした。

『麒麟がくる』22話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』22話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

公式サイトで発表され次第、こちらに記載します。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/22.html