ドラマル

『麒麟がくる』19話のネタバレ感想!斎藤義龍はまさかのナレ死!最後は道三を父と認めた?

2020年5月24日に放送されたドラマ『麒麟がくる』19話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

19話では、朝倉義景の命により、光秀が将軍・義輝に鷹を献上することに!
そんな中、京に上洛してくる信長の命を斎藤義龍が狙っていることを知った光秀は…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』19話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』19話のあらすじネタバレ

織田信長(染谷将太)により自害させられた弟の信勝(木村了)。
信勝を可愛がっていた母・土田御前(どたごぜん・檀れい)は泣き崩れ、信長に「そなたは弟を殺しただけではない、この母も殺したのです」と責めました。
幼い頃より母の愛情を求めていた信長は、この言葉にショックを受け、しばし放心状態に。妻・帰蝶(川口春奈)がそれに寄り添いました。

1558年(永禄元年)。
斎藤道三(本木雅弘)の死から2年が経ったこの年、近江の朽木(くつき)に戦火を逃れていた第13代将軍・足利義輝(あしかがよしてる・向井理)は、三好長慶(みよしながよし・山路和弘)と和睦し、5年ぶりに京へ戻りました。

その頃、明智十兵衛光秀(長谷川博己)は越前で、禄(ろく。給与のこと)を受けず、近所の子供に読み書きを教えながら浪人暮らしをしていました。

そんなある日、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に呼ばれ、京へ行くよう命じられた光秀。
というのも、京にようやく戻った義輝が各大名に上洛を求めており、義景にもその通達がきていたのです。しかし義景は、いまだ争いが絶えない物騒な京へ行きたくはない、面倒ごとは御免だと、とりあえず光秀に将軍への献上品(義景自ら育てた自慢の鷹)を持たせ、京の様子を探ってくるよう命じたのでした。

光秀は、義輝の人柄に惚れ込んでおり、また、将軍が戻った京は、きっと以前の荒れ果てた様子とは見違えているだろうと予想していたため、それを自分の目で確かめられると喜びます。
妻の煕子(ひろこ・木村文乃)にも、その役目を受けたことを嬉しそうに報告。すると、さらに嬉しい報告が煕子から。子を授かったというのです。光秀はこれに大喜びしました。

京へ行った光秀は、将軍奉公衆の三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)と細川藤孝(真島秀和)と再会。
光秀は藤孝に、朝倉家で匿ってもらえるよう口添えしてくれたお礼を述べました。
藤孝たちは、光秀との再会を喜びますが、朝倉義景が上洛しなかったのは残念だと零します。将軍が京に戻ったとはいえ、実際は三好長慶が実権を握っており、そのため、上洛に応じた大名は多くないという。
ただ、美濃の斎藤高政/義龍(伊藤英明)が上洛し、信長もこれから上洛するとのこと。

そんな折、藤孝が、今は義龍(よしたつ)と名乗っている高政が刺客を放って、上洛する信長の命を狙っているという不穏な噂を耳にします。
光秀は、信長を死なせるわけにはいかないと、松永久秀(吉田鋼太郎)の力を借りることに。

久秀とは、11年前の三好長慶襲撃事件以来の再会。
久秀はその時の借りがあるからと、光秀への協力を快諾。
義龍へ会いに行き、信長暗殺計画を知っていることを暗に示し、そのような狼藉を働かぬよう圧力をかけました。近く、義龍は将軍家の要職に就くのだから、京の安寧に努めるべきだ、と。
これにより、義龍は信長暗殺計画を断念しました。

義龍は光秀を呼びつけます。
久秀が動いたのは、光秀が働きかけたからに違いないと察していたのです。
しかし、それを不問にし、長良川の戦いで道三側についたのも不問にするとし、あらためて、自分に仕えないかと光秀を口説きます。
けれど光秀の意志は固く、その気はないと断言。
そこまで頑なな光秀に、「お前は一体なにがしたい?」と問います。
光秀は、今はまだ自分でもどうしたいのかわからないと答えるも、道三からの「大きな国をつくれ。誰も手出しのできぬ大きな国を」という言葉がずっと胸の内にあり、それはきっと美濃よりももっと大きなものだと告げます。
これを聞いた義龍は諦め、「もう会うことはないだろう」と別れの言葉を口にしました。
実際、義龍はこの二年後、病によりこの世を去ります。

義龍が暗殺計画を断念した3日後、上洛した信長は将軍・義輝に謁見。
尾張の平定を報告し、尾張を攻めようとする今川義元(片岡愛之助)の兵を引かせてほしいと願い出ました。すると義輝は、義元の官職「治部大輔(じぶのたいふ)」より上の身分となる「左京大夫(さきょうのだいぶ)」を信長に与えると提案。それでも効果がなければ、将軍家の「相伴衆(しょうばんしゅう)」とすることを提案しました。
相伴衆とは、幕府のナンバー2にあたる管領(かんれい)職に次ぐほどの高い身分。けれど信長は、それで今川が引き下がるだろうかと疑問を呈します。光秀をはじめ、周囲の者も同じように感じていました。何より義輝自身もそれを察しており、今の自分にはそれぐらいのことしかできないと、惨めさを滲ませました。

信長は、もう幕府は当てにはならないと、すぐに尾張へ戻ります。
が、その前に、久秀のところへ立ち寄った信長。
尾張を差し出すから摂津をくれと、恐れ多くも国の取り替えを申し出たのです。尾張は周囲を敵に囲まれ戦ばかりでうんざりだから、堺で交易をして商いをしたいという。
しかし摂津といえば三好長慶の領国。もちろんそんなことができるわけがない、と久秀は笑い飛ばしました。

これを光秀に話し、信長の豪胆さを二人で笑い合います。
そして「将軍家はもう当てにならない」と言っていた信長に共感した光秀は、「将軍は大名同士の争いの仲立ちもできない様子。これでは武士を束ね、世を平らかにできるのは誰になるのか…」と零し、まだまだ続くであろう戦乱の世を憂いたのでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』19話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

義龍と名を変えた高政。
髭も立派になって、随分貫禄が出たように思います。渋カッコ良かったです!

そんな義龍が、光秀にフラれまくってて可哀相になってきました…。
ときには首を刎ねると脅したり、かと思えば、これまでの無礼をチャラにしてあげると心の広さをみせたり、報酬をちらつかせたり、父殺しを後悔していると同情を引いてみたりと、あの手この手で口説き落とそうとしてました。よっぽど光秀のことが好きだった(能力を買っていた)んですねぇ。
そんな一途な義龍が、とっても愛おしいです。35歳という若さで亡くなってしまったのが惜しい。
道三との諍いや、狡猾さもあったものの、でも国を良くしようという思いは伝わってきたし、実際、新しい知行制、軍役体系を構築するなど政治力もあって、優秀な大名だったと思います。後継ぎとなる息子・龍興は残念なかんじですが…。義龍がもし長生きしていたなら、美濃の運命も少しは変わったんでしょうか。

大うつけの信長をお気に召した松永久秀。
そういえば、久秀演じる吉田鋼太郎さんは「真田丸」で織田信長を演じてましたね。
通説通りの、カリスマの塊、怖い信長様、といったイメージで迫力がありました。物語の中心となる真田家が、本能寺の変の直前に家臣として迎え入れられたとあって、明智光秀を痛烈に蹴り飛ばしていたシーンが印象的でした。
その織田信長を演じた鋼太郎さんが光秀と明るく笑って杯を交わしている。うーん、感慨深い!

斎藤義龍はまさかのナレ死!最後は道三を父と認めた?

十兵衛(光秀)に対して、幾度もラブコールを送り続けた斎藤義龍ですが、まさかの「ナレ死」にビックリさせられました。

「もう会うこともあるまい。」というのは、自らの死に対する伏線だったんですね…伏線回収早すぎ!

最後の十兵衛と会話で、「一体どうした?」と心配する十兵衛に対して、道三を「父上」と呼び本音を漏らした義龍(高政)ですが、最後まで唯一信頼がおける十兵衛はなびかず。
十兵衛は優しいんだか、残酷なのかわかりません。
まあ、只々素直なだけなんでしょうが…。

今までの人生を「悔いておる」という義龍。
ナレ死での最後といい、孤独な生涯になんだか泣けましたね。

『麒麟がくる』20話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』20話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

駿河の今川義元(片岡愛之助)が再び尾張への侵攻を開始。かつての人質で、成人した松平元康(旧名・竹千代/風間俊介)が、その先鋒を任されることになる。そのことに目を付けた光秀(長谷川博己)は、この戦を回避させるべく、帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)に元康の母・於大(松本若菜)と伯父・水野信元(横田栄司)と接触をするように仕向ける。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/20.html