ドラマル

『麒麟がくる』14話のネタバレ感想!信長の鉄砲隊を見て笑みを浮かべる十兵衛が可愛い!

2020年4月19日に放送されたドラマ『麒麟がくる』14話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

14話では、信長と対峙し気にいった道三が、今川軍との戦いに出る織田に援軍を送る!
その後、道三の側室・深芳野(南果歩)が亡くなり、子の高政(伊藤英明)は…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』14話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』14話のあらすじネタバレ

1553(天文22)年 4月。
聖徳寺での会見を前にして、尾張の富田で織田信長(染谷将太)の様子を偵察していた斎藤道三/利政(本木雅弘)。
もし、つまらない男であれば会見をすっぽかして、信長を討ち果たそうという心づもりだったのですが、おびただしい数の鉄砲隊を引き連れて現れた信長の姿に興味を引かれ、会見することに。

けれど、いざ会見場の聖徳寺に着くと、なかなか信長が姿を現さず、苛立つ道三。
やっと出てきた信長は、正装していました。
着慣れていないから着替えに手間取ったと、正直に打ち明けます。この正装も帰蝶(川口春奈)の指図で、道三好みの色を選んだとのこと。鉄砲隊についても全て帰蝶のはからいで、ただの寄せ集めだと明かしました。
そして、そこまで帰蝶が策を練ったのは、道三が信長を討ち取ろうとしているんじゃないかと案じたため、と説明。
道三は、正直者で、かつ全てを見透かすような鋭さをもった信長に、さらに興味惹かれます。

お供の家臣についても、父・信秀(高橋克典)の代からの重臣は連れておらず、佐々成政(菅裕輔)と前田利家(入江甚儀)の二人を連れてきたのみ。
この二人は、尾張の小さな村の土豪の三男坊と四男坊。つまりは、家を継ぐことができない食いはぐれ者。だからこそ戦となれば無類の働きをし、二人は一騎当千の強者だという。
そして、織田家も元はさしたる家柄ではないから、自分で成り上がるしかないという信長。
道三は共感を覚え、「信長殿はたわけだが、見事なたわけだ」と評しました。

相当、信長のことが気に入った道三。
明智光秀/十兵衛(長谷川博己)は安堵します。母・牧(石川さゆり)や妻の煕子(ひろこ・木村文乃)も、道三と信長が仲違いして戦にでもなったら…と心配していたため、光秀の報告を受けて胸を撫で下ろしました。

一方その頃、伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)の依頼を受けて駿河にやってきた望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)と駒(門脇麦)でしたが、着いた頃には患者の具合が落ち着いており、報酬が一部しか貰えませんでした。
そこで、今川義元(片岡愛之助)の参謀・太原雪斎(たいげんせっさい・伊吹吾郎)の要請を受けて、雪斎の診療をすることに。雪斎は、坊主の修行で京に行っていた際に、東庵の評判を聞いていたのでした。

診療の前に薬剤を調達するため、駒は薬屋へ。
菊丸(岡村隆史)が「春次」という名で下働きをしていました。菊丸曰く、味噌売りがあまり儲からなくなったから、とのこと。
菊丸は、駒との再会を喜びました。

そんな折、道端で草履売りをしていた藤吉郎(佐々木蔵之介)が、ごろつきたちに「勝手に商売をするな」と痛めつけられているところに遭遇。
駒は、怪我した藤吉郎の手当をしてあげました。手当を受けながら、藤吉郎は、いつか出世してああいう奴らを懲らしめてやると息巻いたのでした。

1553(天文22)年、今川軍は、知多(ちた)半島にある織田方の緒川城(おがわじょう)を攻略するため、その北にある村木砦(むらきとりで)を築きました。
周囲の城は既に今川方に下っており、緒川城は孤立したため、信長に助けを求めました。しかし、信長は尾張に内紛があり、身動きがとれません。
そこで道三に、村木砦を攻めに行くから、その間、那古野城を守ってほしいと要請しました。

信長にすっかり惚れ込んだ道三は、即、援軍を決断。
信長が留守の間、おそらく清州の織田彦五郎/信友(梅垣義明)が攻めてくるだろうから、彦五郎の動向を探るよう明智光安(西村まさ彦)に命じ、光秀には信長がどのように村木砦を攻めるのか見てくるよう命じました。

するとそこへ、斎藤高政/義龍(さいとうたかまさ/よしたつ・伊藤英明)と稲葉良通(いなばよしみち・村田雄浩)がやってきて、道三の独断を非難。
援軍を送れば、美濃も今川の敵とみなされてしまうと猛反対します。光秀も、高政の意見に同調。清州の織田彦五郎が今川と通じているとなれば、彦五郎と一戦交える覚悟が必要だし、その清州には、守護の斯波(しば)氏もいるからやっかいだ、と。
けれど、それらの意見を聞き入れようとしない道三。援軍を断行します。
そして、信長を軽んじた発言をする高政に、「信長を甘く見てはいけない。そなたも稲葉も、皆、信長にひれ伏すときがくるぞ」と戒めたのでした。

道三が去った後、高政は「一度会っただけのよくわからぬ男のために兵を出す。それがこの国の主。この国は潰れるぞ」と、稲葉良通に嘆きます。
良通は、高政が家督を継いで政を執るべきべきだと言い募り、国衆たちを高政のもとにまとめあげると約束します。光秀も、高政に意見を求められ、良通の考えに賛同しました。

1554(天文23)年 1月。
知多郡の村木砦で、織田信長の鉄砲隊が今川軍に火を噴きました。信長が戦で初めて鉄砲を使った「村木砦の戦い」です。
戦いは9時間に及びましたが、鉄砲を使い用意周到に攻め込んだ信長の軍勢が、砦から今川勢を一掃。信長は、この戦いで多くの側近を失いましたが、味方の緒川城を守ることに成功したのでした。

ある日、道三の側室で高政の母・深芳野(みよしの・南果歩)が、入水自殺してしまいます。
高政は、道三が正室の小見の方(おみのかた・片岡京子)とその子(帰蝶や斉藤孫四郎(長谷川純))ばかりを可愛がり、深芳野が切に願っていた「高政が家督を継ぐ」という望みを叶えようとしなかったからだと責めます。
しかし、それを否定する道三。
深芳野の死を心底悲しみ、愛していたと訴え、家督についてもいずれ高政に継がせるつもりだったと明かしました。
それが本当の言葉だと今一つ信じられない高政は、深芳野の亡骸の前で、望みを叶えると宣言しろと迫ります。
そこで道三は、高政に家督を継承すると約束したのでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』14話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

突然の深芳野の死に、びっくりしました。
はたからみると、道三は妖艶な深芳野に首ったけな様子で「飼い殺し」といった印象はなかったですが…。むしろ、出番がとんと少ない小見の方のほうが飼い殺しにされてるような印象。
かわいい息子・高政に家督を継がせる気がないんだろうな~と感じて、それがよっぽど辛かったんでしょうかね。

そういえば、高政を傍で支えている稲葉良通は深芳野の弟。
(演じる村田雄浩さんの渋さから、南果歩さんの弟にはちょっと見えにくいですが…)
姉・深芳野の死で、一層、甥っ子・高政支援に力が入りそうです。

高政は当初、ちょっと頼りない、でも正義感の強い青年といった印象でしたが、今は、深い闇を内包したキービジュアル(公式サイト掲載)通りのイメージに近づいているように感じます。あの目はヤバイ…。底が知れない闇を感じるというか…伊藤英明さんのただならぬオーラの出し方に感服です。
これからさらに道三との亀裂が深まり、いよいよ長良川の戦いへ(次々回くらいかな?)。今からもうドキドキが止まりません!

信長の鉄砲隊を見て笑みを浮かべる十兵衛が可愛い!

14話は久しぶりに十兵衛(光秀)にスポットが当たった気がします。

まず村木砦の戦いで信長の鉄砲隊を見て、目をキラキラと光らせながら笑みを浮かべる十兵衛が可愛かった。
ここまでの十兵衛の印象は、銃と共に生きた武将という感じ。
長谷川博己さん…もとい明智十兵衛は本当に銃が好きなんですね。

そして、道山に「信長の顔を見たら遠慮はいらぬ。わしの肩を叩け」と言われて、十兵衛が信長の鉄砲隊に夢中で気づかない道山を激しく殴打するシーン笑えました。

『麒麟がくる』15話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』15話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

道三(本木雅弘)は仏門に入り、ついに高政(伊藤英明)が家督を継ぎ、美濃の守護代の座を得る。そんなある日、道三の正妻の子・孫四郎(長谷川 純)が帰蝶(川口春奈)の命を受け、光秀(長谷川博己)を訪ねてくる。高政はいずれ信長(染谷将太)と敵対し、国を間違った方向に進めると皆が心配しているので、どうにか高政に退いてもらう道をさぐりたい、明智家にその先陣を切ってもらえないかと、孫四郎は光秀に懇願する。光秀が高政のもとを訪ねると、帰蝶に会いに行き孫四郎との妙なやりとりをやめさせてこいと言われる。さらに信長との盟約を見直すことや、信長と敵対する織田彦五郎(梅垣義明)との関係をほのめかす高政を、光秀は不安に思う。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/15.html