ドラマル

『麒麟がくる』12話のネタバレ感想!十兵衛と煕子があっさり結婚!逸話は?早すぎという声殺到

2020年4月5日に放送されたドラマ『麒麟がくる』12話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

12話では、余命短いと悟った信秀が、織田家の今後を話し合う会議を開く!
その頃美濃では、十兵衛が熙子(木村文乃)にプロポーズし、めでたく結婚をするが…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』12話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』12話のあらすじネタバレ

1551(天文20)年。
京から戻った明智光秀/十兵衛(長谷川博己)は、将軍・足利義輝(向井理)が零した言葉を思い出し、物思いに耽っていました。
母・牧(石川さゆり)と叔父の明智光安(西村まさ彦)は、心ここにあらずといった様子の光秀を心配します。そして、こんなとき光秀に寄り添ってくれる嫁でもいれば…と思い至る二人。
光安は、息子の明智秀満/左馬助(さまのすけ・間宮祥太朗)に、光秀を鷹狩に誘って、ついでに煕子(ひろこ・木村文乃)がいる妻木まで足を延ばすよう頼みました。

左馬助に誘われるがままに鷹狩へきた光秀。
気持ち良く馬を走らせていたら、皆とはぐれてしまいます。そこで煕子と再会。
煕子と何気ない会話をいくつか交わした光秀は、幼き頃の約束を思い出し、「この十兵衛の嫁になりませぬか」とプロポーズ。
そして後日、二人は祝言を挙げ、ようやく身を固めた光秀に、光安や牧は安心し、大変喜んだのでした。

尾張と三河の国境で戦っていた織田信秀(高橋克典)と今川義元(片岡愛之助)は、足利義輝の仲立ちもあり、和議を結びました。その結果、今川方は、劣勢だった織田信秀から尾張に接した重要な拠点を手に入れました。

末盛城にて。
自分の命がもう短いことを悟った信秀は、信長(染谷将太)や信勝(木村了)らを集めて織田家のこれからについて語りました。その内容は、信秀が居城にしている末盛城を信勝に委ね、信長には引き続き那古野城を任せる、というもの。しかも有力家臣・佐久間盛重(室山和廣)も信勝につけるという。
この信秀の言葉に失望し、怒り狂う信長。
「納得できない」と言い放ち、その場を後にしました。

そして帰蝶(川口春奈)のもとへ戻った信長は「大事なものはすべて信勝のものじゃ。これはすべて母上の企みに違いない。いずれ家督も信勝に継がせようという魂胆だろう。父上は母上の言いなりなのだ」と涙ながらに零しました。
しかし、信秀ともあろう人が妻・土田御前(どたごぜん・檀れい)の言いなりになるものだろうか、としっくりこない帰蝶。
真意を確かめるべく、信秀のもとへ。
信秀は、固く口を閉ざします。そこで、望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)とまた双六がしたいという信秀の願望を知っていた帰蝶は「今すぐ京から東庵先生を呼び寄せますから」と取引を持ち掛けました。すると、信秀は真意を語ってくれました。
「信長は、わしの若い頃に瓜二つ。まるで己を見ているようじゃ。よいところも悪いところも…それゆえ、かわいい」と。
そして最後に「尾張を任せる。強くなれ」と、信長への伝言を託した信秀。
その言葉を帰蝶から聞いた信長は、父の想いを知り元気を取り戻したのでした。

その頃、京の東庵の屋敷は、戦に巻き込まれて怪我をした町民で溢れかえっていました。
東庵は、貧しい町人から治療代は貰えないと、借金がかさむばかり。しかもそれを補填しようと賭け事に手を出して、さらに借金が増えるという悪循環。明日までに40貫(約600万円)用意しないと、家を丸ごと形(かた)に取られてしまうという窮地に陥ります。
そんな折、帰蝶から、信秀の双六相手をしてほしいという依頼の手紙がきました。
文中の「謝礼は望みのまま」の言葉に飛びつく東庵。すると傍にいた伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)からも、「尾張に行かれるのなら、ついでに駿河の国まで行って、友野二郎兵衛(とものじろべえ)という国一番の豪商を訪ね、病弱な子を診てやって欲しい」と頼まれます。報酬は100貫(約1500万円)出すという。
これに二つ返事で了承した東庵は、同行したいと申し出た駒(門脇麦)と共に尾張へ旅立ったのでした。

斎藤道三/利政(本木雅弘)のもとに、土岐頼芸(ときのりより・尾美としのり)から自慢の鷹が贈られました。
とても立派な鷹に喜ぶ道三。
しかし突然、鷹が道三めがけて襲い掛かってきました。寸でのところで、家臣が間に入って助かりましたが、鷹に襲われた家臣は絶命。鷹の爪に毒が塗られていたのです。
激怒した道三は、のろしをあげ国衆たちを稲葉山城に呼び寄せました。

道三は、頼芸が暗殺を企てたとして、頼芸と一戦を交えることも辞さない、との覚悟をみせました。そして国衆たちに「土岐様を敵とみなすことに異論のある者は、今すぐこの場から立ち去れ!以後、鷺山(さぎやま。土岐頼芸の屋敷がある場所)に近づく者は裏切り者として成敗いたす」とけん制。
斎藤高政/義龍(さいとうたかまさ/よしたつ・伊藤英明)と稲葉良通(いなばよしみち・村田雄浩)は目配せするも、物申すことなくその場をやり過ごしました。
そして道三が去った後、光秀に「わしは土岐様を守り、父上と戦う。一緒にやろう」と声をかけた高政。返答に窮する光秀でした。

一方その頃。尾張の那古野城に東庵たちが到着。
帰蝶と駒は、再会を喜び合います。駒は、この後、小さい頃に火事から助け出してくれた恩人が明智家のどなたかを確かめるため、美濃へ寄るという。
そして帰蝶から、光秀が嫁を娶ったと聞いた駒は、複雑な感情を浮かべつつ、光秀の結婚を祝福したのでした。

信秀の双六の相手をすべく、謁見の間へ向かった東庵。
病床の身であった信秀は、待ちに待った東庵がくるとあって、床から出て迎えようとしたものの、東庵が参上した直前に、静かに息を引き取ってしまいます。
1552(天文21)年3月のことでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』12話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

不貞腐れた信長のために、義父の真意を聞きにいった帰蝶。
なんてカッコイイできた嫁なんでしょう。
信長に伝えた言葉は、ネット上では、帰蝶が信長を奮い立たせるために創った言葉ではないかと囁かれてますが、帰蝶が耳を寄せているときにちゃんと信秀が唇を動かして語っているように見え(声なしだったのは敢えての演出じゃないかと)、帰蝶が涙を流していたので、あの言葉はやっぱり信秀の本当の言葉だったんじゃないでしょうか。多少、帰蝶の機転で盛られているかもしれませんが…。
どちらにせよ、帰蝶の優しさと行動力がとても良く伝わる素敵なエピソードでした。病床のお義父さんに「話してくれたら東庵先生呼びます」と、ちゃっかり交渉するしたたかさもいいですね。

信秀演じる高橋克典さんが見られなくなってしまうのは、ちょっぴりさみしい。
信長の父として、とても説得力ありました。とくに目ヂカラの威圧感がものすごかったです!

モテ男の光秀が、とうとう身を固めました。
帰蝶や駒にも想いを寄せられていた光秀が、満を持して身を固める決意をしたのに、突然のプロポーズにあっというまの祝言(しかも回想的シーン)。ちょっと物足りなかったかな?

次回はいよいよ、のちの秀吉となる藤吉郎(佐々木蔵之介)が登場するそうで。
どんな猿っぷりが見られるのか楽しみです!

十兵衛と煕子があっさり結婚!逸話は?早すぎという声殺到

12話は、十兵衛(光秀)の煕子に突然プロポーズしたことにビックリさせられました。
当時のプロポーズというものはあのようなものだったのでしょうかね。場当たり的な感じでしたが、それが逆に運命的でロマンティックなのかな?

そして、結婚までの展開が「早い早すぎる!」。あまりのあっさりすぎる展開に驚かされました。ここまで十兵衛の影薄すぎるから、せめて結婚回ぐらいは主役にしてあげて欲しかったかな…。完全に織田夫婦の方が目立ってましたよね。

また、十兵衛と煕子の結婚逸話の回収を期待していた視聴者からは、嘆きの声もあがりました。光秀主人公の大河ということで期待していた分、ガッカリも大きかったようですね。

『麒麟がくる』13話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』13話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

暗殺を企てた頼芸(尾美としのり)を攻めると息巻く道三(本木雅弘)。高政(伊藤英明)は、戦になったときには実の父と慕う頼芸側につくと明言し、光秀(長谷川博己)にも決断を迫る。道三を訪ね、この戦は身内同士が殺し合う、国をほろぼす戦になると訴える光秀。すると道三は、本当は戦をするつもりはなく、頼芸は追い出すが、あくまでもこれは国衆にカツを入れるための芝居だったと白状する。その一方、頼芸を総大将に担ぎ出すべく鷺山城に集まる高政らの目前で、頼芸は恐れをなして早々に逃げ出してしまう。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/13.html