ドラマル

『麒麟がくる』11話のネタバレ感想!義輝の無念を聞きお使い十兵衛も涙し忠誠を誓う?

2020年3月29日に放送されたドラマ『麒麟がくる』11話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

11話では、再び今川に攻められ、尾張の信秀が道三に援軍を頼む!
一枚岩ではない美濃は、兵が出せない旨を、使者・光秀に伝えさせるが…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』11話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』11話のあらすじネタバレ

1549(天文18)年 11月。
尾張の織田信秀(高橋克典)方に人質として置かれていた三河の松平竹千代(岩田琉聖)(のちの家康)は、駿河の今川義元(片岡愛之助)方に捕らえられていた信秀の息子・信広(佐野泰臣)との人質交換のため、今川に送られることになりました。
この人質交換は、一進一退を続けていた東海の覇権争いに大きく影響することになります。

信秀は、信広が城を失った主であるにも関わらず傷ひとつない状態で戻ってきたことに、ふがいなさを感じます。そして嫡男の信長(染谷将太)はうつけ者、次男の信勝(木村了)はまだ若いと、頼りない子たちを嘆く信秀。信秀自身も、毒矢を受けた肩が悪化する一方で、弓も引けない状態に。
このような時に、今川に攻められでもしたらひとたまりもない、と危機感を覚えます。

一方その頃。
今川義元は、人質交換でやってきた竹千代を歓迎し、もてなします。
竹千代が「三河へ、いつ返していただけるのでしょう」と問うと、太原雪斎(たいげんせっさい・伊吹吾郎)は「三河は今、織田信秀に味方される方々と、我らと共に豊かな国をつくりたいという方々に割れ、争っている。このままではいずれ三河は滅びる。我らは隣国として、それは見るに忍びない。間もなく我らは、三河を毒する悪しき織田勢を完膚なきまでにたたく所存。それまでのご辛抱」と答えました。

1550(天文19)年 夏。
今川義元は、尾張の知多(ちた)半島に攻め寄せ、次々と制圧します。これにより、織田信秀の非力ぶりが露呈することに。
信秀は、信長と帰蝶(川口春奈)との婚姻で盟約を結んだ斎藤道三/利政(本木雅弘)に、援軍を要請しました。

援軍要請を受けた道三は、斎藤高政/義龍(伊藤英明)や稲葉良通(村田雄浩)らから、織田との和議を独断で決めたことを糾弾されました。
家臣たちに兵を出す気がないことを悟った道三は、「米は出せるが兵は出せない」と織田へ返答することに。もしその答えが不満であるならば、盟約は破棄して今川に乗り換えよう、とあまりに無力な織田を見限る素振りをみせます。
織田への使いは、明智光秀/十兵衛(長谷川博己)に任せました。

光秀は、信長の居城・那古野城へ。
織田家家臣・平手政秀(ひらてまさひで・上杉祥三)や信長に、道三の返答を伝えます。しかし、このままでは人質同然の帰蝶が犠牲になってしまうのではないかと、心配する光秀。
そんな中、信長が、今川と和議を結ぼうと思いつきます。問題は、その和議の仲立ちを誰にお願いするか。
すると、以前、美濃の守護家の内紛で、土岐頼芸(ときのりより・尾美としのり)と甥の頼純(よりずみ・矢野聖人)が争っていたとき、京の将軍家の取りなしで収まったことを思い出す光秀。
幸い、光秀には、顔馴染みの将軍家の側近(将軍奉公衆)の細川藤孝(真島秀和)や三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)がいるため、彼らを頼ってみることに。

ひとまず、将軍へのとりなしを嘆願する文を書いてもらうべく、美濃へ戻った光秀。
けれど道三は、土岐家内紛の際は、頼芸が取次料に金3枚(現在の300万ほど)支払ったとし、そんな金は出せないと拒否。「とりなしを頼みたければ、勝手にやれ。金は一文も出さない!」と撥ね退けました。

次に頼ったのは土岐頼芸。
高政に「今後、なんでも言うことを聞くから」と頼み込んで、面会させてもらいました。
しかし頼芸も、取次料として金5~6枚(500~600万)ほどかかるだろう、と難色を示します。
そして何より、道三が勝手に結んだ盟約の尻拭いなどしたくない、という頼芸。
道三が、頼芸を美濃から追い払って、自らが守護に就こうと企んでいることも明かします。これに驚く高政。もしそれが本当ならば、頼芸を守り道三を討つ、という覚悟をみせます。
頼芸は、その高政の覚悟に免じて、将軍への文を書くことに。
光秀に「金はいくらいる?」と問うと、「金10枚(1000万)」と返答。あまりの大金に目を丸くする頼芸でした。

その頃、京では、権勢を誇っていた幕府管領家(かんれいけ。室町幕府において将軍に次ぐ最高の役職)の細川晴元(国広富之)に、不満を抱いていた家臣・三好長慶(みよしながよし・山路和弘)による内紛が起きていました。
三好長慶による下克上は、第13代将軍・足利義輝(あしかがよしてる・向井理)をも巻き込み、義輝は近江の国に落ち延びざるをえませんでした。
京や近江一帯は、長慶による取り締まりが厳しく行われていました。

近江坂本のとある宿場にて。
光秀は、身分を隠して町民に扮していた細川藤孝と再会。事情を説明し、義輝への拝謁をお願いしました。

藤孝は、義輝が身を潜めている近江の朽木(くつき)へ光秀を案内。
義輝は光秀のことを覚えていました。
三好長慶襲撃事件の前に、光秀が藤英に言った「将軍は武家の棟梁であらせられる。武士を一つにまとめ、世を平らかに収めるお方。しかし今、この世は平らかではありません。将軍のお膝元でさえも、家臣同士が争っている。それに目を塞ぎ、背を向けて、関わりなしというのでは、世は平らかになりません。将軍が一言、『争うな』と命じなければ」という言葉が心に刺さり、励まされたという。
また、病弱だった父・義晴からは幼い頃より「強い子になれ。声は大きく、よい耳を持ち、よく学べ。さすれば立派な征夷大将軍となろう。世を平らかにできよう。さすれば、麒麟がくる」と言い聞かされたという。
けれど、今はまだ非力ゆえに麒麟を連れてくることができない、麒麟がくる道は遠い、と嘆く義輝。
義輝は、今川と織田の和睦の件について、両者に使いを出し、和議を命じると約束したのでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』11話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

「麒麟がくる道は遠いのう」と呟いた公方様の横顔。
とっても切なくて胸が締め付けられました。
「わしの力が足りぬゆえ…」と零したときに、すかさず「何を仰せられます!」「力が足りぬのは我ら!」と声を上げた藤英と藤孝。そうフォローしたくなっちゃう気持ち、わかります!
向井理さん演じる義輝様は、品があって知的で優しくて麗しくて儚げで(キャストビジュアルのキャッチフレーズ「悲劇の剣豪将軍」にぴったり!)、身を投じてでも守りたくなる、そんなオーラがびんびん漂ってます。
あぁ、できることならわたしも馳せ参じて、公方様をお守りしたい!(役に立たないけど)

頼みごとを聞いてくれた土岐頼芸に、しれっと金10枚をふっかけた光秀。
頼芸が予想していた取次料のかるく2倍でしたね。しかも、高政に道三討伐をそそのかした背筋がゾクリとする展開の直後。光秀も、なかなかの食わせ者ですなぁ。

義輝の無念を聞きお使い十兵衛も涙し忠誠を誓う?

将軍・義輝の無念を聞き、三淵藤英(谷原章介)や細川藤孝(眞島秀和)、そして十兵衛(光秀)が男泣きするシーンが印象的でした。
十兵衛はここで、義輝様に忠誠を誓ったのでしょうね。

それにしても十兵衛のお使いの日々はいつまで続くのか?
次回、十兵衛と煕子(木村文乃)が結婚するようですので、これに合わせて、そろそろお使いも卒業するでしょうかね。

『麒麟がくる』12話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』12話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

織田と今川は和議を結ぶが、三河の拠点を制圧され、もはや今川の勢力は尾張の目前まで迫っていた。自分の命がもう短いことを悟った信秀(高橋克典)は、信長(染谷将太)らを集めて織田家のこれからを話し合う会議を開く。そこで待っていたのは、重要拠点の末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝(木村 了)に委ねるという言葉だった。失望で怒り狂う信長。その姿を見て、帰蝶(川口春奈)は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする。一方、美濃では、光秀(長谷川博己)が熙子(木村文乃)を妻に迎え、祝福ムードに包まれていた。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/12.html