ドラマル

『麒麟がくる』10話のネタバレ感想!竹千代が怖い!6歳にして天下人の片鱗をみせる

2020年3月22日に放送されたドラマ『麒麟がくる』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、今川義元が信秀に、信広と竹千代(のちの家康)の人質交換を要求する!
三河を今川に押さえられることを危惧した道三は、光秀を那古野城へ遣わし…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』10話のあらすじネタバレ

1549(天文18)年。
京の町で、聞き覚えのある旅芸人一座のお囃子に導かれる駒(門脇麦)。
戦災孤児だった頃に拾って育ててくれた女座長・伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)と再会しました。

伊呂波太夫は、望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)から、駒がこのところずっと元気がないと相談を受けます。
そこで伊呂波太夫は、駒をお茶に誘って相談に乗ることに。
駒が心を痛めている原因が、手の届かない殿方への恋煩いだと知り、その辛さを慮ります。そこで、「辛いことがあれば必ずいいこともあるはず」と明るいほうに気持ちを向かせようと、今度は「よかったこと」について問い掛けました。
駒が「よかったこと」として挙げたのは、火事の際、助けてくれたお侍さんが美濃の出身だと判明したこと。すると、「じゃあ、もうどういうお方か分かったも同然ね。お侍さんの御紋は桔梗(ききょう)だったから」と明かす伊呂波太夫。その桔梗の紋は明智家の家紋でした。
駒は急ぎ自宅に戻ると、明智光秀/十兵衛(長谷川博己)の母・牧(石川さゆり)から譲り受けた桔梗の家紋入り扇子を取り出し、「わたしの命の恩人は…明智家の…十兵衛様の…」と呟きながら涙を流し抱き締めました。

1549(天文19)年 11月。
尾張との国境にある三河の安城(あんじょう)城に今川軍が攻め寄せました。城は落ち、守っていた織田信広(佐野泰臣)が捕らえられてしまいます。織田信広は、信秀(高橋克典)の側室の子であり、信長(染谷将太)の腹違いの兄でした。

光秀と明智光安(西村まさ彦)は、斎藤道三/利政(本木雅弘)に呼ばれ稲葉山城へ。
道三は次のように語ります。
「今川義元(片岡愛之助)は安城城で捕らえた信広を人質として、織田方の人質・松平竹千代(岩田琉聖)(のちの徳川家康)と交換したいと伝えたそうだ。三河の松平家を継ぐ竹千代が今川に渡れば、三河は全土を今川に支配されたも同然。そうなれば三河の隣国・尾張は虎のそばで暮らす猫のようなもの。我らはその猫と盟約を結んだ国。猫を守るために虎と戦うことになる。もし信秀が我が子・信広を助けるため、竹千代を今川に渡すようならば、我らは盟約を考え直さねばならぬ」と。
そこで道三は光秀に、帰蝶(川口春奈)を通して織田方の動向を探るよう命じました。

一方その頃、尾張の末盛城では。
信長が、信広を見殺しにはできないという父・信秀に対し、人質の交換に応じるべきではないと抗議していました。
「竹千代は三河の主となる若君。それを今川に渡すなど、尾張の命運にも関わります!兄上は戦下手ゆえ捕らえられた。自業自得ではありませぬか。捕らえられる前に腹を切るべきであった!」と訴え、竹千代は信長の城・那古野(なごや)城に留め、誰にも渡さないと宣言したのでした。

そんな血も涙もない物言いをする信長について「人の上に立つ器量にやや欠けている」と評する信秀。母である土田御前(どたごぜん・檀れい)もそれに同意し、家を継がせるのは信長の弟・信勝(木村了)が適任であると進言します。しかし、信定(信秀の父)から「物事には天の与えた順序がある。それを変えれば必ず無理が生じ、よからぬことが起きる」と言い聞かされてきた信秀は、あくまで嫡男である信長が家督を継ぐべきだという考えは変えませんでした。

光秀は、帰蝶への届け物という名目で那古野城へ行くことに。
途中、熱田の市に寄って、味噌売りをしている菊丸(岡村隆史)に声をかけました。菊丸は、那古野城へ届けるから付き合ってほしいという光秀の依頼を快諾。

帰蝶に味噌を届けると、ちょうどイノシシ狩りをしていた信長が戻ってきました。
光秀が鉄砲に詳しいと帰蝶から聞いていた信長は、狩りで使った鉄砲を渡し「どこのものか当てよ」と問いました。すると、渡来ものではないこと、さらには作った職人の名まで言い当てた光秀。これにすっかり感心した信長は、光秀と話し込みます。
その中で、釣りは好きかという話題に。
初めて出会ったとき、漁に出ていた信長。けれど釣りはさほど好きではないという。ではなぜ釣りをしているのかというと、母から、たった一度、大きな魚を釣ったときに喜ばれたから。また大きな魚を釣れば喜ばれるかもしれないと、信長は釣りを続けていました。けれどそれ以降、母が褒めてくれることはなく、母は自分に似た弟・信勝がお気に入りで、信勝に家を継がせたがっていると、信長は察していました。だから今は、漁村の皆を喜ばせるために釣りを続けているという。信長は「皆が喜ぶのは楽しい」と語りました。

そんな中、竹千代が将棋盤を持参して、信長に手合わせを願い出ました。
しかし、竹千代の父・松平広忠(浅利陽介)を討ち果たした後ろめたさから「これからもう、そなたとは将棋をやらない」と告げる信長。すると竹千代は「父上は母上(於大の方(おだいのかた・松本若菜))と離縁し、岡崎から追い払い、今川義元についたのです。わたしは父上が大嫌いでした。それゆえ、討ち果たされたのは致し方ないこと」と述べました。竹千代の気持ちを知った信長は、竹千代の望み通り、手合わせすることに。
とその前に、信長は光秀に「明日、城下へ行って一緒に鉄砲の話がしたい」と約束しました。

そして竹千代のもとに戻り、対局する信長。
信長は竹千代に、今川との人質交換の話を打ち明け、竹千代を今川に渡すつもりはないと自分の心づもりを伝えます。が、交換に応じなければ兄・信広が斬られることになるため迷いがある、と零し、竹千代の反応を窺いました。
竹千代は「今川は敵です。いずれ討つべきと思うております。しかし、その敵の顔を見たことがありません。懐に入り、見てみたいと思います。敵を討つには、敵を知れといいます。信長様がお迷いなら、私はどちらでも構いません」と答えました。
その様子を、屋根裏からこっそり覗き見する菊丸でした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』10話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

竹千代のとんでもないハイスペックさに、とにかく震えました。
子供とは思えぬ達観したものの考え方。賢さ。度胸。そして、残忍さも。
末恐ろしや…。さすが将来、天下取りを果たす子。
父親が殺されたことについて、まるで「ざまーみろ」と言わんばかりの見解に背筋が凍りました。信長も、腹違いとはいえ兄が捕らえられたことに関して自害すべきだったと言い、道三も、子を見殺しにできれば信秀も見どころがあるんだけどな、と言う。
後世に名を残すほどにのし上がり、カリスマ性の塊のような人物には、なにかしらそういう残忍さが必要なんでしょうかね。

ただ一方で、愛に飢え、愛を欲しているという、いたいけな一面も。
母に愛されたい、父に認められたいと願う信長と、離れて暮らす母の愛情に触れたいと願う竹千代。そういうところが愛おしく、母性がくすぐられます。

そして、イノシシ狩りの際、野花を摘んで、ちゃんと妻へのプレゼントも忘れない信長様。なんて素敵な旦那さまなの!そういう心遣い、現代的ですね。
野花を差し出したときの、得意気にはにかんだ笑顔がとってもチャーミングでした。

今回、駒の命の恩人が明智家の人だと判明。
もしかして恩人は、光秀のお父さん・光綱?
まさに光秀は駒にとって「運命の人」だったんですね。これは一層想いが募ってしまいますね…いやはや切ない。

竹千代が怖い!6歳にして天下人の片鱗をみせる

信長の圧も凄かったですが、それを超える凄みを岩田琉聖くん扮する6歳の竹千代(後の徳川家康)に感じましたね。

実の父を殺した相手を前に、「信長様が私の父 松平広忠を討ち果たしたと。そのことで…私にお気遣いしておられるのですか?今川義元についたのです。私は大嫌いでした。それゆえ 討ち果たされたのは 致し方ないことと思うています。」と、信長の目をしっかりと見て話す竹千代。
偉いとか凄いとかというより、もう怖いですね…汗。

さすが後の天下人!
既に信長という人物の力量を捉え、天下を取るための算段をしている様子。
今川の内側(懐)に入っても構わないというのは、今川義元の力量を量り、討つべき相手か利用すべき相手かを確認するためなのでしょうか?

「信長様がお迷いなら、私はどちらでも構いません」と言う肝の据わった竹千代くんが、顔は可愛いのに本当に怖い!
なんだか、いつも「ハッ」「はぁ~」などといっている光秀が、妙に幼く、可愛い人物に思えてきました。

『麒麟がくる』11話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』11話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

再び今川が尾張に攻め入り、次々と織田方の南部の領地を制圧していく。ついに非力ぶりを露呈した信秀(高橋克典)は、道三(本木雅弘)に援軍を頼むが、高政(伊藤英明)や稲葉(村田雄浩)らが尾張との和議を独断で決めた道三を糾弾しており、美濃は一枚岩ではなかった。兵が出せない由を尾張に伝えにいく光秀(長谷川博己)。このままでは人質同然の帰蝶(川口春奈)が犠牲になってしまうことを恐れていると、ふと信長(染谷将太)が、かつて京の将軍家の取りなしで美濃の内紛が収まった話を思い出す。光秀は道三に将軍家への取りなしを依頼しに戻るも、金がかかると難色を示される。そこで、高政の取りなしで守護の土岐頼芸(尾美としのり)のもとを訪ねるが、道三をよく思わない頼芸はその願いを突っぱねる。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/11.html