ドラマル

『麒麟がくる』9話のネタバレ感想!遂に光秀の正室となる煕子(木村文乃)が登場!

2020年3月15日に放送されたドラマ『麒麟がくる』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、婚儀に上機嫌な信秀だったが、信長が持参した松平広忠の首桶を見て激高する!
一方、光秀はのちの正妻となる熙子(木村文乃)と懐かしい再会を果たす…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』9話のあらすじネタバレ

1549(天文18)年。
尾張との和議の証として、帰蝶(川口春奈)は織田信秀(高橋克典)の嫡男・信長(染谷将太)のもとへ嫁ぎ、人質同然の身となりました。
尾張と美濃の同盟は、大国・駿河の今川義元(片岡愛之助)を刺激。義元は、三河の岡崎城城主・松平広忠(浅利陽介)に、織田への戦を焚きつけたのでした。

戦の支度をすべく、岡崎へ戻る松平広忠。
その道中、何者かに襲われ、命を奪われてしまいました。

しばらくした後、首を取られた広忠の遺体をみつけた菊丸(岡村隆史)。
広忠の脇差(わきざし)を抜き取って、刈谷城にいる水野信元(横田栄司)のもとへ遺品として持参しました。その場には、信元の異母妹であり竹千代の母・於大の方(おだいのかた・松本若菜)もいました。
菊丸は、織田の仕業ではないかと推測。
広忠が亡くなれば、三河を治める者は竹千代(岩田琉聖)となり、その竹千代は今、人質として尾張にいる。となれば今川が黙っているはずもなく、戦は必至。竹千代に危険が及ぶと、於大の方と信元は心配します。そこへ菊丸は「我らは竹千代様の影となり、命に代えてもお守りいたします」と宣誓したのでした。

一方その頃、那古野(なごや)城では。
祝言をすっぽかされて待ちくたびれていた帰蝶。
目を閉じて居眠りをしていたところ、漁師のような出で立ちの信長がやってきました。しかも全身泥だらけ。
信長は部屋に入るや否や、帰蝶をじろじろと見つめ「蝮の娘というから、いかな蛇女かと思ったが、いらぬ心配だった」と、笑いながら胡坐をかきました。あまりに気安い立ち居振る舞いに意表を突かれるも、帰蝶は居住まいを正して挨拶し、すっぽかした理由を尋ねました。
「池の化け物を探していた」と答える信長。
村の者たちが、とても恐ろしい化け物を見たと騒いていたという。信長としては、そんなものがいるはずがないと信じてはいなかったものの、村の者たちと同じ心を持ち、自分が池の中に入ってやることで、村の者たちを安心させてやることが大事だと考えたのでした。
とはいえ、すっぽかしたのは悪かったと、素直に謝る信長。
お詫びに、小腹が空いたという帰蝶のために「干しダコ」を差し出しました。山育ちの帰蝶には見たこともない食べ物で、恐る恐る口にします。味も馴染みのない塩辛さで、「それが尾張の海の味じゃ」という信長の言葉を聞いて、ならばゆっくり味わおうと噛み締める帰蝶でした。

その後、末盛(すえもり)城の信秀と信長の母・土田御前(どたごぜん・檀れい)のもとへ挨拶へ。
斎藤道三/利政(本木雅弘)から婚礼祝いとして立派な松が贈られました。これに大層喜ぶ信秀たち。
信長からも引き出物があるという。信長は「尾張の繁栄には欠かせぬものです」と得意顔で説明。しかし、運ばれてきた漆の箱の中身を見た信秀は絶句。そこには、松平広忠の生首が入っていたのです。
信秀はため息を吐き、土田御前と帰蝶を下がらせると、信長を罵倒しました。
「このうつけが!物事には時機というものがある。これで今川は明日にでも竹千代を獲りに来るぞ。今、戦うて勝てると思うか!美濃だって加勢に来るかどうか分からぬ。手を結んでから、まだ日が浅いからな。それに道三は、こちらが弱みを見せれば、たちまち、この喉元に牙をむく男ぞ。(体調が悪い)こんな体のわしが…もし今、戦えば…我らは勝てぬ!」と。
信長は涙ぐみながら「わしは…父上に褒めてもらえると思うて…」と零します。しかし信秀は「愚か者…」と呟き、広忠の生首を今すぐ下げろと命じたのでした。

土田御前とともに屋敷内を歩いていた帰蝶は、信長の弟・織田信勝(木村了)を紹介されます。
土田御前は信長と接するときとは違い、「わたしによく似てるでしょう」と優しい笑顔をみせました。
そのとき信勝と将棋を指していた竹千代は、席を外します。

その竹千代の後を追った帰蝶。
竹千代は、小さな水たまりのようなところに飼われ、たった一匹で泳いでいる金魚をじっと見つめながら、「国を遠く離れ、狭いところに閉じ込められ…わしと同じじゃのう」と自分の身上と重ねます。母にも会えず、つまらぬ将棋の相手をさせられて…と零す竹千代。将棋の弱い信勝には、わざと負けてやっているという。それに比べて信長は、大層将棋が強く、信長との対局は楽しいという。
それを聞いて笑顔を零す帰蝶。
そこに、話題に上がった信長が通りかかりました。竹千代は「信長様!」と走り寄りますが、虫の居所が悪い信長はそれを無視して、帰蝶に「帰るぞ!」と命じたのでした。

那古野城に戻った信長は、憂さ晴らしのため銃の的撃ちをします。
それを見ていた帰蝶に「そなたもやるか」と声をかけ、指南しました。帰蝶の筋は良く、初めての射撃にもかかわらず、的をかすめ、「おもしろい」と口にします。
そして、先程まで機嫌の悪かった信長に「お父上がお嫌いですか?」と尋ねる帰蝶。
信長は「いいや」と否定し、帰蝶に父上は好きかと問い返しました。すると「好きです。でも時々、大っ嫌いになります」と答える帰蝶。これに信長も「わしも同じじゃ。時々、大っ嫌いになる」と答え、二人は共感し合ったのでした。

一方その頃、明智光秀/十兵衛(長谷川博己)は、叔父の光安(西村まさ彦)の命で米を妻木(つまぎ)城に届けました。
そこで、子供の頃、この妻木城で共に遊んだことのある煕子(ひろこ・木村文乃)と再会します。
煕子は、昔と同じように、花びらをたくさん抱えながら、子供たちと鬼ごっこを楽しんでおり、その無邪気な姿に懐かしさを覚える光秀でした。

この煕子との再会は、じつは光安と母・牧(石川さゆり)が仕組んだものでした。
そろそろ光秀にも身を固めてもらいたいと願う二人は、妻木氏に話を通し、それとなく二人が結ばれるよう取り計らってほしいと打診したのです。
光安としては、兄・光綱(光秀の父)との約束を果たしたいという気持ちがありました。
それは、光秀が身を固めて一家の主となるときまで、光安が明智城を守り抜くという約束。そして、光秀が一家の主となった折には、光綱のような立派な城主になってもらいたいと願っていたのです。その時まであともう一歩と、光安は期待を寄せました。

帰宅した光秀に、どうだったかと詰め寄る光安と牧。
しかし、煕子と再会した話はあったものの浮いた様子はまったくなく、妻木氏と庭や山の話でずっと盛り上がっていたという光秀。二人は、がっかりと肩を落としたのでした。

その頃、京では。
度重なる戦で空き家の増えた京の町では、ねずみが食べ物を求めて、人のいる家に集中していました。そういったねずみを追っ払うため、家の隙間に大声を出す望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)。通り掛かった茶の振売・トメ吉(濱津隆之)が、その大声に驚きます。

そこへ、うつろな顔で「私、駄目です。駄目みたいです…」と出てきた駒(門脇麦)。
美濃から京に帰ってから、ずっとどこか上の空で、東庵から教えてもらった鍼治療にも身が入らず、失敗ばかりだったのです。
東庵は、そんな駒を案じます。
するとどこからか、お囃子の音が。それは駒が幼少期のときに一緒に暮らしていた旅芸人・伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)一座の音でした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』9話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

いきなり竹千代(家康)のパパ・松平広忠が襲われてびっくり!
しかも犯人(手引きしたの)が信長だったことに二重にびっくり!
広忠が若くして亡くなった死因は、病死とか一揆により殺害されたとか諸説あるらしいですが、この説はおもしろいですね。

祝言の引き出物に生首とは…なかなかのサイコパス。
これまでは、漁村の人々に愛される気さくな人、無邪気な人、といった可愛らしいイメージだったけれど、それをがらっと覆すようなギャップ。
いや…そのギャップこそが織田信長、というべきでしょうか。
それを自然に演じきっている染谷将太さん、素晴らしいですね。当初は、その見た目から、あまりにも可愛らしすぎて、ちょっと信長のイメージと違うような…と思ってしまいましたが、その認識は間違ってたようで。
父・信秀に褒められるだろうと期待して目をキラキラさせたり、罵倒されて涙ぐんでしまったり。ほんとにお父さんのこと大好きなんだな~と、ひしひしと感じました。

菊丸は、三河の忍びのようですね。
農民は仮の姿?
正体はもしかして、松平氏・徳川氏に仕えていた服部半蔵だったりするのかな?

光秀の将来のお嫁さん、煕子があまりに天使で眩しかったです!
そしてここでも天然女性キラーをかます光秀さま。
「大きくなったら十兵衛のお嫁さんにおなり」ってなかなかの口説き文句。やるなぁ~、十兵衛。

遂に光秀の正室となる煕子(木村文乃)が登場!

後の光秀の正室となる妻木氏の娘・煕子(木村文乃)の登場が話題を集めました。

光秀の煕子を見る目が、失礼ですが駒さんとは明らかに違いました!
完全に光秀(十兵衛)は、煕子に恋しましたね。

光秀が過去に、「大きくなったらお嫁においで。」という契りを交わしていた煕子。
演じる木村文乃さんは脚本を読んで、熙子に対して、第一印象で「妖精のような女性だな」と感じたようです。
まさにその妖精(フェアリー)感が溢れ出ていましたよね?
ふんわりとした可愛らしい煕子様、光秀が惚れるのも頷けました。

『麒麟がくる』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

京を訪れていた旅芸人の一座の元で、駒(門脇 麦)は戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫(尾野真千子)と再会する。その年の末、今川義元(片岡愛之助)が尾張の国境に侵攻してくる。信秀(高橋克典)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(のちの家康)の引き渡し要求に、道三(本木雅弘)は広い三河を今川に押さえられることに危機感を覚える。光秀(長谷川博己)は帰蝶(川口春奈)を通して動向を探るべく那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷将太)と出会う。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/10.html