ドラマル

『麒麟がくる』8話のネタバレ感想!川口春奈の回!戦国の女・帰蝶様がカッコ良すぎる

2020年3月8日に放送されたドラマ『麒麟がくる』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、熱田に来た光秀が織田信長(染谷将太)と出会うことに!
帰蝶は、美濃に戻ってきた光秀に「尾張に行きなされ」と告げられ…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』8話のあらすじネタバレ

1548(天文17)年。
織田信長(染谷将太)がどんな男か見るため、海岸へとやってきた明智光秀/十兵衛(長谷川博己)。
奇妙な出で立ちで漁から戻ってきた信長は、釣った魚をさばいて、一切れ一文(約150円)という格安で漁村の人々に売っていました。また、気さくで漁師からも慕われており、織田信秀(高橋克典)の跡取り息子とは思えぬ立ち居振る舞いで、思わず「奇妙な男だ…」と口にしてしまう光秀でした。

一方その頃、明智荘では、帰蝶(きちょう・川口春奈)と駒(門脇麦)が、色恋の話をしていました。
幼い頃より、光秀に密かに想いを寄せていた帰蝶。そして、その想いを知って「困りました…」と呟く駒。
けれど帰蝶は「もし嫁に行かせたくなければ(光秀に好意があれば)、嫁ぎ先の男のことなど調べには行かぬ。だから、そなたが困ることは何もない」と告げました。

明智荘へ戻った光秀は、あの奇妙な男・信長に帰蝶を嫁がせていいものかと考えあぐねていました。
すると、母・牧(石川さゆり)から「美濃の行く末を一番に考えることが大事」という助言を受けます。
これに意を決した光秀は、帰蝶のもとへ。
光秀の意志を感じ取った帰蝶は、光秀の口から「尾張に行くべきだ」と背中を押してほしい、と願い出ました。それに応えるかたちで光秀が「尾張へお行きなされませ」と告げると、帰蝶は一瞬だけ悲しげな顔を見せ、それからすぐに強い眼差しで「十兵衛が申すのじゃ、是非もなかろう」と答えたのでした。

斎藤道三/利政(本木雅弘)は、帰蝶が輿入れを決意したことを大変喜び、光秀の労をねぎらいました。

しかしその後、織田家への輿入れを快く思わない斎藤高政/義龍(さいとうたかまさ/よしたつ・伊藤英明)から呼び出された光秀。国衆たちも集うなか、「一緒に来い。従わねば斬る」と脅され、美濃の守護・土岐頼芸(ときのりより・尾美としのり)の屋敷へ連れられました。

頼芸から、帰蝶の嫁入りを説得したことを責められます。
「帰蝶が嫁ぎ、織田信秀と手を結ぶことになれば、信秀の大敵・今川義元(片岡愛之助)と戦うはめになる。それを道三の独断で決めてよいものか!」と。
これに光秀は「港のある熱田は、とても豊かで活気ある地でした。今川義元が尾張の地を手に入れたい理由もよくわかります。しかし、攻めあぐねている。我らはそれを、一滴の血も流さず手に入れることができるかもしれない。この機を逃すのは愚かでありましょう」と反論。
すると今度は、高政が「本来ならば、尾張の守護・斯波(しば)家を相手に和議を行うべきところ。斯波家の一家臣でしかない織田信秀を相手にするなど、馬鹿げている。信秀など信じるに足りぬ!今からでも遅くはない、織田への輿入れを潰すべきだ!」と声を上げました。しかし高政の熱弁を聞き流した頼芸は呑気にあくびをし、「議論は日を改めて」と告げると、さっさと退席してしまいます。

退席した頼芸を追ってきた稲葉良通(いなばよしみち・村田雄浩)は、光秀を始末しようかと申し出ますが、光秀を斬れば道三が出てくるだろうから放っておけ、と命じる頼芸。今回の和議は頼芸にとっておもしろくないものであったものの、かといって、表立って道三に楯突く気もありませんでした(殺されるのが怖いため)。また、帰蝶と信長の気性を考えれば、そのうち1~2年ほどで破綻するだろうと、頼芸は高を括っていたのでした。

一方、国衆たちの前で、恥をかかされた高政は、母・深芳野(みよしの・南果歩)に不満を零します。なぜ頼芸は高貴な身分であるにも関わらず、損得勘定で動く恥知らずで下劣な男・道三を怖がるのかと。
これを深芳野は、父に対する暴言だと厳しく叱りつけます。しかし、本当の父親は頼芸だと信じて疑わない高政。真実を話してほしいと、深芳野に詰め寄りました。
けれど深芳野は確かなことは口にせず、ただ「殿(道三)に立ち向かうのはよしなさい。時がくれば、いずれそなたが家督を継ぐ。それまで耐え忍ぶのじゃ。全てはそれから」と告げたのでした。

光秀が明智荘に戻ると、明日京へ帰るという駒への宴が開かれていました。
駒は、牧から光秀の父・光綱(みつつな)の形見である明智家の家紋入り扇子を貰い受けたことを光秀に伝え、「駒の一生の宝とします」と誓いました。

翌朝、駒を見送る光秀。
二人でしばらく歩いていると、駒が「あまり長く送っていただくと胸が痛くなります。別れるのが辛くなります…」と言い出しました。
けれど「峠道まで」と歩みを止めようとしない光秀。そんな光秀に「帰蝶様が稲葉山へ帰っていかれたときは、十兵衛様はお見送りもせず、知らぬ顔で書物の片づけをされていました。それは、帰蝶様を手放したくなかった、大好きだったから…だからお見送りなさらなかったんじゃありませんか?」と問い掛けました。
しばらく逡巡した後、「…そうやもしれぬ」と答える光秀。
これを聞いた駒は、泣きそうな笑顔を浮かべながら「聞けてよかったです」と告げて、去っていったのでした。

1549(天文18)年 2月。
帰蝶は、織田信長に嫁ぎました。
両家の和睦が話し合われて僅か2か月足らずの慌ただしい嫁入りでした。

その頃、駿河遠江では。
今川義元の館に、竹千代(後の家康)の父で岡崎城城主の松平広忠(浅利陽介)が参上。
三河は、長年、織田の切り崩しにあい、田畑を奪われ、いくつかの城も奪われ、さらには嫡男の竹千代(岩田琉聖)まで人質として尾張に留め置かれていました。
義元は、今、その汚辱を晴らすべきだとし、今川家も手を貸すからと、織田への戦を焚きつけました。

一方、信長の居城である那古野(なごや)城に帰蝶が到着。
祝言の予定が、肝心の信長の姿がありません。守り役の平手政秀(ひらてまさひで・上杉祥三)は、顔を青ざめながら慌ただしく探し回りますが、それでも見つからず、帰蝶にひたすら詫びを入れたのでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』8話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回も、切ない乙女心満載で、胸がきゅーっとなりました。
帰蝶は幼い頃から、光秀のことが大好きだったようですね。そんなずっと想い続けた光秀から「行きなさい(嫁ぎなさい)」と聞きたいと願い出たところに、想いの深さを痛感しました。
そして、帰蝶を見送らなかった光秀の真実の想いを言い当てた駒にも、想いの深さを感じました。そんなに光秀と多くの時間を過ごしたわけじゃないのに、そこまで読み取れるってことは、それだけ光秀のことをよく見ていたということ。光秀が、帰蝶に想いを寄せていたと肯定したときの、駒の泣きそうな笑顔。とっても切なかったです。
光秀は、ほんとうに罪作りな男ですね。

そんなモテモテの光秀に、さらに次回、将来のお嫁さんとなる煕子(ひろこ・木村文乃)が登場するそうで。
次はどんな恋愛ドラマが繰り広げられるんでしょうか。煕子とは最終的に結ばれることになるから、今度は心が弾むような恋愛が楽しめそうです。

帰蝶についても、嫁いだ先で祝言をすっぽかされて、怒るとか哀しむのかと思いきや、まさかのニヤリ。おもしろそうな男だと、興味が沸いたのかな?
光秀への切ない恋心を断ち切って、新たな恋に漕ぎ出せる日も近そうですね。

川口春奈の回!戦国の女・帰蝶様がカッコ良すぎる

十兵衛の進言に「是非もなかろう」という帰蝶様。
婚礼をすっぽかす織田信長を不敵に笑う帰蝶様。
カッコ良かったですね。さすが蝮の娘!肝が据わってます。

一方の染谷将太さん扮する織田信長は、まだ腰が据わっていない若者に感じます。
これは天下人・織田信長は、帰蝶様の尻に敷かれそうですね。

『麒麟がくる』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

輿(こし)入れしたものの祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)は、ようやく翌朝帰ってきた信長(染谷将太)と顔を合わせる。奇妙な出で立ちだが、領民のことを思いやる姿、そして素直に前日の不在をわびる信長に興味をもつ。婚儀に上機嫌な信秀(高橋克典)と土田御前(檀れい)だが、信長が持参した祝いの品を見て、激しく叱責する。父にも母にも愛されない孤独な信長の姿を見た帰蝶は、鉄砲の手ほどきを受けながら自分も父がときどき大嫌いになる以外は好きだと言い、信長に寄り添う。一方、美濃の光秀(長谷川博己)はのちの正妻となる熙子(木村文乃)と懐かしい再会を果たしていた。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/9.html