ドラマル

『麒麟がくる』7話のネタバレ感想!帰蝶の命を受け鈍兵衛こと光秀が信長と遂に出会う!

2020年3月1日に放送されたドラマ『麒麟がくる』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、信秀が道三と和議を結ぶため、娘の帰蝶(川口春奈)を信長の妻にと申し出る!
帰蝶は、恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿入れを止めてほしいと頼むが…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』7話のあらすじネタバレ

1548(天文17)年 秋。
美濃の斎藤道三/利政(本木雅弘)は、西美濃にある大柿城を攻めました。宿敵・織田信秀(高橋克典)に奪われたこの地の奪回は、道三にとって宿願だったのです。
結局、信秀は城を守ることはできませんでした。
信秀の敗因は、織田一族が割れたことにありました。尾張の西にある清州城の守護代・織田彦五郎が、信秀の城・古渡城を攻めたのです。信秀は大柿城を諦め、古渡城へ引き返さざるを得ませんでした。

これにより、美濃の斎藤道三、駿河遠江の今川義元(片岡愛之助)、そして同族の身内である織田彦五郎と、3つの敵に囲まれる形となってしまった信秀。
先だっての流れ矢の毒により体調も優れず、まさに弱り目に祟り目。このままでは、対抗しきれないと踏み、美濃の斎藤道三と和議を結ぶことに。道三へ、娘の帰蝶(きちょう・川口春奈)を、嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出ました。

一方その頃、駒(門脇麦)とともに、京から明智荘(あけちのしょう)へ戻った明智光秀/十兵衛(長谷川博己)。
出迎えた母・牧(石川さゆり)から、叔父の光安(西村まさ彦)から話があると聞きます。
光安からの話は、帰蝶の輿(こし)入れについての話でした。
帰蝶は、尾張に嫁ぐのは嫌だと言い張り、以後、道三にも口をきかなくなってしまったという。そこで、帰蝶とはいとこで親しい間柄である光秀に、上手いこと帰蝶の気持ちを聞いてやってほしいと頼む光安でした。

ちょうど、明智荘を訪れていた帰蝶。
気が進まないながらも、光秀は帰蝶に、輿入れの話について切り出しました。
帰蝶は、一度目の輿入れのとき(土岐頼純(ときよりずみ・矢野聖人)に嫁いだとき)に、父・道三との板挟みで苦しみ、夫が父に毒殺されるという悲劇の結末を迎えました。
だから二度と政略結婚はしたくないという気持ちを滲ませる帰蝶。幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、尾張への輿入れを止めてほしいと懇願しました。

そのことを、道三に伝える光秀。
道三は激怒して「帰れ!」と、光秀に怒鳴り散らしてしまいます。
がしかし、すぐに冷静を取り戻し、あらためて光秀と話をすることに。尾張との和議がいかに重要で意義あるものかを説きます。
「昔、商人をしていた父がよく言っていた。海のある国は食うに困らぬと。しかし、この美濃には海がない。そして、あの尾張の向こうには海がある。我らは、そこへ行くために戦をしてきたようなもの。けれど、わしの仕事は戦をすることではない。国を豊かにすること。此度の和議を結べば、一滴の血も流さず豊かになれるのだ」と。
これに心動かされる光秀でした。

城を出ようとすると、今度は道三の息子・斎藤高政/義龍(さいとうたかまさ/よしたつ・伊藤英明)に呼ばれます。
そこには、家臣の稲葉良通(いなばよしみち・村田雄浩)をはじめ、多くの国衆が集っていました。
国衆は代々、土岐家に仕えてきた者たち。道三による独断を快く思っておらず、今回の和議についても、否定的でした。というのも、信秀は尾張の守護や守護代ではありません。故に、道三が土岐頼芸(ときのりより・尾美としのり)に憎まれているように、当然、尾張の守護や守護代に憎まれている信秀。そんな信秀と手を結べば、それら全てを敵に回すことになり、さらには、駿河の今川義元も敵に回すことになる、と。
高政は「信秀と和議を結ぶなど愚かだ。帰蝶を決して父上の元へ帰してはならない。尾張に嫁に行かせてはならぬ」と光秀に頼み込んだのでした。

道三と高政の板挟みになってしまった光秀。
考えが固まらないまま、あらためて帰蝶と話をすることに。
帰蝶は「嫁ぎ先の織田信長という男が、どういう人物かわからない。わからないことには何とも言えない。話はそれから」と言い募ります。
信長は「うつけ者」と噂されていました。けれど実際、この美濃で信長を見たことがある者はいません。そのため、帰蝶は光秀に「信長がどういう男か見てきてほしい」と要請。
光秀が「もし、よきお方なら、嫁がれますか?」と尋ねると、それには何も答えず、ただ涙を流す帰蝶でした。

光秀は商人になりすまして、織田家のお偉方がお忍びで物見に来ているという熱田の市へ。
堺を彷彿とさせる活気あふれる市場で、「やはり港のある市場は違うな」と実感する光秀。
しかし、なかなか信長らしき人物に巡り会えません。
そこで偶然にも、味噌売りをしていた菊丸(岡村隆史)と再会。
何度も熱田の市に来ているという菊丸は「このところ、お供を連れて漁に出ていらっしゃる。明け方、港で待っていれば会えるはず」と教えてくれました。

助言通り、明け方に浜辺で待っていると、小舟に乗って漁から戻ってくる信長が現れました。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』7話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

「わしの仕事は戦をすることではない。国を豊かにすること。此度の和議を結べば、一滴の血も流さず豊かになれるのだ」といったくだりの道三の台詞、感銘を受けました。
生粋の武士じゃないからこそ、生まれつきの殿様ではなく庶民から成りあがった者だからこその台詞だなぁと感じました。こういうことを言える人が、上に立ってほしい。
これまで道三は「恐ろしい」独裁者イメージが強かったですが、今回は、人命を大切にする心優しき為政者に見えました。道三さま、素敵です。

「この美濃には海がない。そして、あの尾張の向こうには海がある。我らは、そこへ行くために戦をしてきたようなもの」
この台詞には、思わず、映画『翔んで埼玉』が脳裏をかすめ、海への憧れ、渇望を痛感。
…ということは、美濃と尾張が手を結ぶというのは、埼玉と千葉が手を結ぶのと同じこと?あれ、違う?

ついに未来の主君・織田信長(染谷将太)が登場しました!
ずいぶん可愛らしい顔をした信長様。
染谷将太さんが、どんな「うつけ」っぷりを見せてくれるのか楽しみです。

帰蝶の命を受け鈍兵衛こと光秀が信長と遂に出会う!

織田信秀が道三と和議を結ぶことを決め、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、信秀の嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出たことを受けて、光秀(十兵衛)が板挟みに!

道三は、光秀に帰蝶を説き伏せて欲しいと依頼。
道三の嫡男・高政は、光秀に帰蝶を尾張に輿入れを阻止しろと依頼。
悩んだ末、光秀は道三の「海の重要さ」を受け入れ帰蝶を説き伏せようとするが、帰蝶からうつけ者・信長の調査依頼を受ける。
そして、染谷将太さん扮する織田信長と光秀は出会う。

信長の人物像に対して、一部の視聴者は真っ先に仏陀を思い浮かべた様子。
決して、今回の染谷将太さんの役は仏陀ではありませんが、日の出と共に現れた織田信長は神々しさを感じましたね。

それにしても、十兵衛は帰蝶の気持ちに気づいていないのでしょうか?
ほぼ告白と取れる言動を帰蝶から受けているのに、全く我知らずの様子。身分違いのために、完全に気持ちを封印しているのか?それともネットで囁かれているように、本当に十兵衛ならぬ鈍兵衛なのか?
十兵衛が帰蝶のことをどう思っているのか知りたいですね。

『麒麟がくる』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

尾張の海辺で、漁師たちから慕われている奇妙な出で立ちの織田信長(染谷将太)を目の当たりにした光秀(長谷川博己)。この男に帰蝶(川口春奈)を嫁がせていいものかと葛藤する光秀だが、母・牧(石川さゆり)は美濃国の行く末のことを一番に考えることが大事だと告げる。光秀が自分の気持ちにこたえることがないと分かった帰蝶は、光秀の口から「尾張に行って美濃にない海を見るべきだと、背中を押してほしい」と条件をつける。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/8.html