ドラマル

2020年2月23日

『麒麟がくる』6話のネタバレ感想!駒に十兵衛の「入れ砲」が炸裂!まるでまんぷく「おいで砲」?

2020年2月23日に放送されたドラマ『麒麟がくる』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、細川晴元による松永久秀と三好長慶の暗殺計画を阻止すべく十兵衛/光秀が奮闘!
無事に暗殺を阻止できたが、光秀は傷を負い東庵の診療所へ、駒(門脇 麦)と再会する…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

『麒麟がくる』6話のあらすじネタバレ

1548(天文17)年 秋。
都で随一の権勢を誇っていた管領(かんれい)家の細川晴元(国広富之)と、その家臣で力をつけてきた三好長慶(みよしながよし・山路和弘)が、京の覇権をめぐり、一触即発の緊張状態にありました。
幾たびも人を裏切り裏切られてきた晴元は、長慶がすぐにでも摂津で兵を挙げ、京に攻め寄せてくるのではないかと、疑心暗鬼になっていたのです。

鍛冶職人の伊平次(玉置玲央)に、持参した鉄砲の組み分けをお願いした明智光秀(長谷川博己)。
伊平次から、万里小路(までのこうじ)家の連歌会(れんがえ)で、晴元による長慶と松永久秀(吉田鋼太郎)の暗殺計画があることを聞きます。
これに驚いた光秀は、伊平次に案内してもらって、急ぎ、三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)の館へ。

藤英の館には、将軍・足利義輝(あしかがよしてる・向井理)をはじめ、奉公衆の細川藤孝(真島秀和)らが集い、能を鑑賞していました。
光秀の訪問に、藤英と藤孝が応対し、晴元による長慶と久秀の暗殺計画のことを聞きます。
藤英は「細川勢(晴元と長慶)の内輪もめに首を突っ込む必要はない。そもそも細川勢は去年まで争っていた相手だ」とし、一方、藤孝は「我らが戦っていたのは晴元であって、長慶や久秀ではない。義輝様の前で平気で鼻をかむような無礼で専横な晴元では、京の安寧はもたない。そして、長慶が斬られてしまえば、晴元をおさえる者がいなくなってしまう。助けに行くべきだ」と主張。
両者の意見は真っ向対立。
そんな中、光秀は「将軍様は、すべての武士の頭であり、すべての武士の鑑であり、武士を一つにまとめ、世を平らかに治めるお方。しかし今、この世は平らかではありません。将軍のお膝元でさえも、家臣同士が争っている。それに目を塞ぎ、背を向けて、関わりなしというのでは、我ら武士はひとつに纏まることができない。将軍様が『争うな』と一言命じなければ、世は平らかにはなりません!」と高らかに訴え、暗殺計画を止めるべく、館を飛び出しました。
それを壁越しに聞いていた義輝は、藤英らに、光秀の後を追って加勢せよと命じたのでした。

万里小路(までのこうじ)の館にて。
連歌会を楽しむ長慶。そこへ、晴元の刺客たちが乗り込んできました。
久秀が応戦するも、人数の多さに苦戦。長慶にも凶刃が迫ります。
そんな中、光秀たちが到着して、加勢。無事、刺客たちを追い返し、暗殺計画は失敗に終わったのでした。

しかし、肩に傷を負ってしまった光秀。
京に戻ったという望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)に診てもらうことに。
傷口が意外と深く、高熱が出ていたため、東庵の家の近くで力尽き、倒れてしまいました。

それから、二日間も昏睡していた光秀。
その間、ずっと駒(門脇麦)が付きっきりで光秀の看病をしてくれました。
駒が歌ってくれた聴き馴染みのある歌に、目を覚めします。そこへ東庵もやってきて、光秀の意識が戻ったことに、ほっと胸を撫で下ろしました。

10日後、藤孝が見舞いに来ました。
久秀から、命拾いしたお礼にと「水あめ」を預かってきたという。
藤孝は、皆から恐れられている久秀に易々と近づき、親しくしている光秀は不思議な人だ、としみじみと零します。そして、美濃に置いておくには惜しい人材だ、味方になってくれれば心強い、と。
そこで、美濃に帰らず、しばらく京に留まらないか?と打診する藤孝。
しかし、美濃も京と同じで不安定な情勢。美濃でやるべきことがあると、丁重に断ります。ただ、何年か先に美濃が一つになれた折には、美濃を挙げて藤孝を支えると誓う光秀でした。

その後、東庵から「斎藤道三(本木雅弘)が戦を始めた」との連絡が入ります。
1548(天文17)年の末、道三が、西美濃にある大柿城を急襲したのです。
かつてこの城は、道三が押さえていたのですが、今は尾張の織田信秀(高橋克典)に奪われていました。けれど大柿の一帯は、豊かな穀倉地帯であり、交通の要所。道三にとって、この地の奪回は宿願でした。
知らせを受けた信秀は、大軍を率いて斉藤勢の背後を突こうとしましたが、結局、城を守ることはできず、道三の手に落ちたのでした。

傷がある程度回復し、美濃へと帰る光秀。
駒も、東庵から「怪我人を一人で行かせるのは忍びない。駒、ついていきなさい」と言われたと主張し、光秀が心配して戻るように言い聞かせても無視して、ついてきました。

ある嵐の夜、小さな廃屋で一夜を過ごすことにした二人。
駒が、藁布団一枚をなんとか他所から用意して、それを怪我人の光秀に渡します。
しかし光秀は、駒の身が冷えないかと心配して、一緒に入るよう声をかけました。駒はためらいますが、「早う入れ」と強い口調で促され、おそるおそる光秀の傍に腰を下ろすことに。
光秀のことを意識してしまって、まったく寝付けない駒。
すると、光秀が、看病してくれたときに駒が歌っていた歌について尋ねました。
東庵に引き取られる前、5、6歳の頃、伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)という旅芸人に拾われて、ともに旅をしていた頃に教わった、と答える駒。
ふたたび口ずさむ駒の歌声を聞きながら、眠りにつく光秀でした。

『麒麟がくる』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

明智光秀、細川藤孝、三好長慶、松永久秀、が背を預け合いながら刺客たちに対峙するシーン。
ものすごく胸アツでした!
なんという豪華なメンツ。そして奇跡の組み合わせ。
限りなくファンタジーに近いシチュエーションな気もしますが、でも!もし本当にこんな場面があったとしたら…!と、興奮せずにはいられませんでした。

そしてまた、このときの映像がとにかく美しい!
紅葉したもみじが辺り一面に散りばめられ、鮮やかな雅さと、鮮血のような不気味さが一体となった空間で、激しく切り合う男たち。まるでこの混沌とした情勢を物語っているかのような、何とも言えない不可思議な映像美がありました。

光秀に肩を抱き寄せられてドキドキしちゃう駒ちゃんが、とっても可愛らしかったです。
「早う入れ」の言葉も強力過ぎて。これじゃ、駒ちゃん眠れませんね。
それを天然で(恋愛感情なく)やってのけちゃう光秀…ほんと罪作りな男だわ。

駒に十兵衛の「入れ砲」が炸裂!まるでまんぷく「おいで砲」?

朝ドラ『まんぷく』の萬平の常套句「おいで砲」を想起させる十兵衛/光秀(長谷川博己)と駒(門脇 麦)のシーンにドキッとしましたね。

寒そうな駒に対して、「おいで砲」ならぬ「入れ砲」を放つ十兵衛。
「まさか」と思わせる展開にネット騒然です。

「ここへ入らぬか。」「頼む。入ってくれ。」「そうでなくては眠れぬ。」「早う入れ」「構わぬ。」「ここで寝よ」と駒を誘うではなく、気遣う十兵衛。
駒の肩を抱き、目を閉じ、子守唄を聞きながら即眠る十兵衛は罪な男ですね。
駒ちゃんの気持ちも知らないで…。

駒ちゃんはきっと朝まで眠れなかったでしょうが、生涯忘れられない十兵衛との良い思い出となったでしょうね。

『麒麟がくる』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

駿河の今川義元(片岡愛之助)の動きに脅かされた信秀(高橋克典)は、美濃の道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。そのために、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、信秀の嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。
旅から明智荘に帰った光秀(長谷川博己)を、帰蝶が待ち構えていた。幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿(こし)入れを止めてほしいと頼む。一方、道三からは、口をきかなくなった帰蝶を説得するように命じられる。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/7.html