ドラマル

『麒麟がくる』5話のネタバレ感想!鉄砲は戦の抑止力!松永久秀と三淵藤英の第1回軍縮会議は決裂

2020年2月16日に放送されたドラマ『麒麟がくる』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探し出すため、光秀は再び京に!
そこで、かつて堺で出会った三渕藤英や松永久秀と再会することになり…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』5話のあらすじネタバレ

1548(天文17)年 秋。

将軍家が鉄砲を大量に集めているという噂があり、鉄砲のことに興味を示す斎藤道三/利政(本木雅弘)。
引き続き、明智光秀/十兵衛(長谷川博己)に鉄砲についての調査を命じます。

鉄砲の性能を知るには、まずは内部構造を知るべし。と思い至り、光秀は、刀職人にでも解体をお願いしようかと家臣の藤田伝吾(ふじたでんご・徳重聡)に相談。
昔馴染みの伊平次(玉置玲央)という男が、近江の国友村へ行って、鉄砲職人をしているという話を聞きます。

そこで光秀は、すぐさま近江の国友村へ。
しかし伊平次は、鉄砲づくりの腕を買われて、京の本能寺に引き抜かれたとのこと。
光秀は美濃へと引き返しました。

一方その頃、尾張に出向いていた望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)が美濃へ戻ってきたため、東庵と駒(門脇麦)は、すぐさま京へ発つことに。
駒は旅立つ前、光秀に挨拶しようと明智荘を訪れますが、ちょうど近江へ出向いていたため不在。入れ違いとなってしまいました。

美濃に戻った光秀は、道三に、京へ旅立つ許しを請い、今回は旅費を全額工面してほしいと嘆願。
道三は、将軍家がなぜ鉄砲を大量に必要としているのかの事情も知りたかったため、光秀の京行きを承諾することに。

京は、度重なる戦火に町を焼かれ、公家や僧侶、将軍さえも逃げ出す都と化していました。
近江にいた将軍・足利義輝(よしてる・向井理)を京に戻したのは、細川晴元(国広富之)という有力大名。しかし、その晴元も家臣たちの内部抗争に手を焼いており、とりわけ、強力な軍事力を持った三好長慶(みよしながよし・山路和弘)と、長慶を支える松永久秀(吉田鋼太郎)は、すでに主君・晴元を脅かす存在となっており、晴元の足元も盤石ではありませんでした。将軍が帰還した都は、不安定な勢力に支えられていたのです。

そんな中、京の本能寺へとやってきた光秀。
将軍奉公衆(幕臣)の細川藤孝(ほそかわふじたか・真島秀和)に、怪しい者だと目を付けられ「背に担いだ鉄砲をよこせ」と要求されます。
当然、光秀がそれを断ると、藤孝は抜刀して戦闘態勢へ。光秀も抜刀して対峙します。
しばし緊迫した睨み合いが続くと、そこへ将軍・足利義輝が本能寺から御出まし。皆は、その場でひれ伏し、藤孝と光秀も跪きます。
義輝は、光秀の構えや太刀筋を褒め、藤孝に同じ流派である仲間同士の斬り合いはやめておけと、穏やかに窘めました。
おかげで、光秀と藤孝の決闘騒動は収拾。

その後、三淵藤英(みつぶちふじひで・谷原章介)とも再会します。
藤英は、昨年、鉄砲を求めて京を訪れたときに出会った将軍奉公衆。藤孝の異母兄でした。
藤英は光秀に、弟・藤孝の無礼を詫びると、これから松永久秀に会いに行くから一緒にどうかと誘いました。
けれど光秀には伊平次に会う目的があったため、一旦断ります。すると、伊平次は先月から行方をくらましていると話す藤英。じつは藤英らも捜しているという。
伊平次が本能寺にいないのならば、鉄砲を譲ってくれた久秀には恩があるため、そのお礼も兼ねて藤英に同行することに。

久秀の陣所にて。
藤英は、将軍家は鉄砲を多く手に入れようとする気などさらさらないと主張し、鉄砲に限らず、兵力を五分五分に保ち、互いに譲り合って、この京で共に生きていく道を見つけたいと久秀に伝えました。しかし、それを「白々しい」と一笑に付す久秀。

藤英が帰った後、久秀は光秀を館へ招き入れました。
そこで「鉄砲というものは、さほど大事でしょうか?」と問う光秀。
すると、突然、久秀が銃口を光秀に向けました。光秀は恐怖で体を硬直させます。
それこそが、鉄砲の威力だという。弓や刀であれば、避けられると高を括るかもしれない。けれど、銃の恐ろしさを知っていれば、それは叶わないと分かり、言うことを素直に聞く。そのけん制力こそが鉄砲の利点で、戦を減らす抑止力になる、と。
この話に感銘を受けた光秀。
光秀は、戦の後味の悪さに、いつも「これでよいのか…?」と自問自答していました。その戦が減らせるのであれば願わしいことだと。
さらに鉄砲への興味を募らせます。

久秀は、伊平次の居場所を知っているということで、光秀を案内してくれました。
そこは歓楽街。
伊平次は遊女と遊び惚けてました。そんな伊平次に、なんとか20丁だけでも作ってもらえないかと頼み込む久秀。
しかし伊平次は、にべもなく断ります。
「三好長慶様のご家老・松永様に20丁作ると、次に、三好様と仲が悪い細川晴元様から30丁作れと命じられる。今度は、細川様と仲直りはしたがいつまた喧嘩別れするともわからない将軍様から50丁作れと命じられる。そんなゴタゴタに巻き込まれて仕事するなんてまっぴらだ」と。
久秀は、伊平次のもっともな言い分に閉口してしまいます。

そんな中、昔馴染みだった光秀が、伊平次と昔話に花を咲かせました。
これに気を良くした伊平次は、光秀の鉄砲解体の依頼を快諾。
すると久秀は、光秀を隅に呼び出し、「お主から20丁作ってくれるよう頼んでくれ」と懇願。「将来、必ずや大名になってみせるから、そのときに溢れんばかりの恩を返す」と一方的に約束をして、去って行ってしまいました。
光秀は、苦い顔をしながら、伊平次とともに作業場へと向かったのでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

細川幽斎こと、細川藤孝が登場しました。
光秀の娘・ガラシャ(玉)の旦那さん・細川忠興のお父さん。つまりは将来の親戚さんですね。
どういう経緯で光秀と藤孝が仲良くなっていくのか、そのへんのところを、この大河ドラマでじっくり見ていきたいです。

そして、うるわしの公方様~!
足利義輝演じる向井理さんは、『江』でも将軍・徳川秀忠を演じてらっしゃいましたが、溢れ出る品格がありますね。そこに光が差し込んでいるかのように輝いてました。

伊平次の「三好家に20丁作ると、細川家に30丁要求され、さらに将軍家に50丁要求される」といった一連の話。このときの京の情勢を端的に言い表してて、わかりやすかったです。
そんな政権争いで内乱が絶えない畿内で戦果を上げ、「戦国三大梟雄」とも言われた松永久秀が、じつは「戦は嫌い」というのがちょっと意外でした。てっきり血の気の多い戦好きな人かと…。
しゃっくりのエピソードも微笑ましかったです。

鉄砲は戦の抑止力!松永久秀と三淵藤英の第1回軍縮会議は決裂

まるで現代の核軍縮会議のような松永久秀(吉田鋼太郎)と三淵藤英(谷原章介)のやり取りが話題を集めましたね。

鉄砲を戦の抑止力と考える松永久秀。三淵藤英に対して、鉄砲の所有は100丁を上限にするという交渉(第1回軍縮会議)は決裂してしまいました。
まあ、あの松永久秀は信用できませんよね(笑)。

構えるだけで一歩も動けなくなる鉄砲という新兵器。具体例が久秀と十兵衛によって示されて、鉄砲が「戦の抑止力」になることに納得できましたね。
道三は納得するかな?

『麒麟がくる』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

将軍・足利義輝(向井 理)も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)による松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画があることを光秀(長谷川博己)は知る。京の町の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵(谷原章介)と藤孝(眞島秀和)らと協力して、松永らを救うことに。そこで傷を負った光秀は、東庵(堺 正章)の診療所へ運び込まれ、駒(門脇 麦)とひさしぶりの再会を果たす。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/6.html