ドラマル

『麒麟がくる』2話のネタバレ感想!斎藤道三の毒茶を受け「伊右衛門」がトレンド入り!

2020年1月26日に放送されたドラマ『麒麟がくる』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、美濃に尾張の織田信秀(高橋克典)の大軍が押し寄せる!
多勢に無勢の中、籠城する斎藤道三(本木雅弘)は、敵を欺く作戦をしかける…。

関連記事

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『麒麟がくる』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』2話のあらすじネタバレ

1547(天文16)年 秋。
尾張の織田信秀(高橋克典)は、2万余りの兵を率いて、美濃との国境に陣を敷きました。

稲葉山城下では、その織田軍との戦に備え、慌ただしくしていました。
そんな中、堺や京へ旅に出ていた明智光秀(長谷川博己)が、医者の望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)と助手の駒(門脇麦)を連れて帰ってきました。

叔父であり明智城城主の明智光安(あけちみつやす・西村まさ彦)に、旅から戻った挨拶をします。
戦支度をしながら「今回の戦、苦戦するぞ」と零す光安。織田側が2万に対し、斎藤道三(利政)(さいとうどうさん/としまさ・本木雅弘)側はわずか4000だという。

その後、光秀は道三のもとへ。
購入した鉄砲を渡し、名医・東庵を病床の小見の方(おみのかた・片岡京子)の元へ遣わしたと報告。
道三は、光秀の旅の成果に満足気な態度を示しつつ、「旅の費用を半分返せ」と命じてきました。旅費は道三から借りたものではなく、賜ったものだと思い込んでいた光秀は、思わず「は?」と聞き返してしまいます。すると「返す当てがなければ、戦で返せ。侍大将の首を2つ取れ」と命じる道三でした。

いとこである帰蝶(きちょう・川口春奈)に呼ばれ、小見の方の館へ。
久しぶりの再会です。帰蝶は母(小見の方)のために医者を呼んできてくれた光秀に、お礼を言いました。

織田の大軍が木曽川を越え、村々を放火しながら稲葉山城下へ侵攻。
数に劣る斎藤軍は、城下町の守りを固め、これを迎え撃つしかありませんでした。
光秀もその中で、侍大将を討つべく、必死に戦います。

しかし、数で劣る斎藤軍は、やはり劣勢を強いられます。
そこで、籠城の判断を下す道三。
光秀や道三の嫡男・斎藤高政(義龍)(さいとうたかまさ/よしたつ・伊藤英明)、家臣の稲葉良通(いなばよしみち・村田雄浩)らは、この道三の判断に疑問を呈します。
とくに良通は、はじめは土岐頼芸(ときのりより・尾美としのり)の家臣だったこともあり、道三のやり方には不満を抱いていました。
光秀は高政に「籠城は早すぎる!ある程度蹴散らしておいて、そのまま和議に持ち込めばよいのに。それに兵糧だって足りない。どうやって皆を食わせる?」と不満をぶつけ、同じ意見である高政に父(道三)に進言するよう促します。しかし「側女(そばめ)の子であるわしの言うことなど、父が聞いてくれたためしなどない」と答える高政でした。

一方、織田陣営では。
「籠城した兵たちが飯を食い、酒を飲んでいる」という報告を受け、「今日はやる気なしということか…?」と呟く信秀。
作戦会議では、ここで一気に攻め込もうという意見も出ましたが、山城は守りが固く、攻める度に投石等の反撃も食らうため、このまま一気に攻めるのは難しいと判断。
そこで明朝、陣容を立て直してから総攻めすることに。
信秀は、兵を陣に戻す号令をかけました。

織田軍が引いていく様子を見て取った道三は、酒を飲む芝居(実際は水を飲んでいただけ)をやめ、織田軍に追い打ちをかけました。
不意を突かれた織田軍は一気に総崩れ。
その中で、光秀も侍大将の首をひとつ討ち取りました。

斎藤軍は信秀が陣を構えるすぐそこまで迫り、信秀の弟であり家臣の織田信康(清家利一)など、多くの家臣を討ち取ります。
そんな中、信秀は命からがら逃げのび、城へと帰っていきました。

見事な勝利をおさめ、勝鬨を上げる道三。
夜、祝宴が催されました。
東庵が光秀へ「おめでとうございます。手柄を上げられたそうで。叔父上も喜ばれてましたよ」と祝いの言葉を掛けます。
しかし「それほどおめでたい気分ではないです」と表情が優れない光秀。討ち取った侍大将の顔が光安に似ており、首を落とすのが躊躇われたという。
「これが武士の本懐なのか?武士の誉れなのか?しかし、戦では勝たなければ自分が討たれる。戦がある限り…勝つしかない。首を落とすのを躊躇うた自分は愚かだ…」と自問自答する光秀でした。

稲葉山城に、美濃守護の土岐頼純(ときよりずみ・矢野聖人)が、妻の帰蝶と共にやってきました。
名目上、上司となる頼純に慇懃無礼に挨拶する道三。
帰蝶を下がらせると、今回の戦、頼純が裏で織田信秀と取引していたのではないかと追求。証拠(道三を討てば相応の領地を与えるという約束を記した文)を手に入れていたのです。
頼純は、道三が叔父の土岐頼芸をそそのかして、父・頼武(よりたけ)を守護の座から引きずり下ろしたことを恨んでいました。道三のことを「美濃を飲み込まんとする蝮(マムシ)」と揶揄し、罵ります。
道三は、そんな激昂する頼純を威圧し、茶でも飲んで一服するよう促しました。
そして茶をたてる道三。
それを飲んだ頼純はもだえ苦しみ、息を引き取ったのでした。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』2話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

これぞ戦国大河!といった迫力満載の合戦シーンでした。
兵たちの殺気漲る殺陣、飛び交う弓矢、大掛かりな落とし穴に、城壁越しの投石や火をつけた俵の投げ込みなど、どれもすごくて目を見張りました。
また、それらの空撮(ドローンかな?)映像がさらに壮大さを感じさせ、臨場感あふれるものに。

そんな中、道三の言いつけを守るべく、ずっと「侍大将、侍大将~」と言って回る光秀が、ちょっとかわいかったです。
光安のそっくりさんと対峙したときには息を飲みましたけどね。
「光安、裏切ったのか?!」と思ってしまいました。

最後の、本木雅弘さんの怪演も印象的でした。
まさに美濃の蝮(マムシ)!
面の皮が厚いというか、怖いというか。「蝮…誰が?」と言って舌舐めずりする仕草に、ゾクッと背筋が凍りました。

斎藤道三の毒茶を受け「伊右衛門」がトレンド入り!

おくりびとこと本木雅弘さん演じる斎藤道三/利政が、娘の帰蝶の婿で美濃の守護・土岐頼純(矢野聖人)を毒茶で殺したことを受けて、もっくんがテレビCMをする「伊右衛門(お茶)」がトレンド入りしました。

演じる本木雅弘さんと矢野聖人さんの緊張感が伝わってくるゾクゾクする名シーン。
『美濃の蝮』斎藤道三の恐ろしさを感じましたね。

そんなこともあってか、「いやもう怖くて飲めませんわ」「こんな恐ろしい伊右衛門があるか!」という声までも…。
でも、おそらくは逆に、伊右衛門の特茶が数日は爆売れしそうですね。

『麒麟がくる』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『麒麟がくる』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

夫を亡くした帰蝶(川口春奈)は明智荘を訪ね、光秀(長谷川博己)や駒(門脇 麦)らとつかの間の気の置けないひとときを過ごし、笑顔を取り戻す。一方、道三(本木雅弘)は、より操りやすい土岐頼芸(尾美としのり)を美濃の新しい守護として擁立しようとする。内心、道三のことを嫌う頼芸は、高政(伊藤英明)に自分が実の父親であるかのようにほのめかす。

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/story/3.html