ドラマル

2020年7月11日

スペシャルドラマ『記憶捜査』ネタバレ!あらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマスペシャル『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』のあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

北大路欣也さん主演のSPドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』を200%楽しむために、キャストやゲスト、視聴率をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

見逃し配信をチェック

当記事には、『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』のネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』の基本情報

概要(見どころ)

2019年1月から全7話で放送された連続ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』は、過去の街並みを完璧に記憶する主人公・鬼塚一路(北大路欣也)が活躍する刑事ドラマです。

鬼塚は定年間際の事件で犯人に刺され、車椅子生活を送っています。定年後、新米時代に配属されたことがある新宿東署で刑事課・司法係長として再任用されました。昭和と平成、時代の異なる新宿の街を描き出す能力で難事件を解決するところが見どころです。

ドラマスペシャル『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』では、新たに管理官の橘修平(深澤辰哉)が登場。キャリア組の先輩・刑事官の神啓太郎(風間俊介)と捜査方針をめぐりぶつかります。

キャスト一覧

  • 鬼塚一路:北大路欣也
    新宿東署刑事課・司法係長、定年後に再任用された車椅子の刑事
  • 神啓太郎:風間俊介
    新宿東署・刑事官、キャリアで元警視庁捜査一課・管理官
  • 遠山咲:上白石萌音
    鬼塚の部下、刑事志望で事件の捜査をしたがる
  • 橘修平:深澤辰哉(Snow Man)
    警視庁捜査一課・管理官・警視、キャリア組の先輩・神と敵対
  • 栗田史郎:石黒賢
    新宿東署刑事課・捜査一係長・警部補、鬼塚と旧知の仲
  • 木地本淳子:余貴美子
    新宿東署刑事課・鑑識係長・警部補、鬼塚に協力的

スタッフ一覧

  • 監 督:塚本連平
  • 脚本:櫻井武晴
  • チーフプロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)
  • プロデューサー:浅野太(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)
    井上竜太(ホリプロ)、川島永次(ホリプロ)
  • 制作:テレビ東京 ホリプロ

各話の視聴率

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

ドラマ名放送日視聴率
記憶捜査~新宿東署事件ファイル~2020年7月27日

スポンサーリンク

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』の結末ネタバレ(予想)

以下は、放送前に公式サイトが発表しているあらすじです。

ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路(北大路欣也)は定年後、新宿東署に再任用された。ある日、新宿区・須賀町で粕汁の集団食中毒事件が発生。鬼塚は記憶を遡り、毒物が保管されている『新宿マキタ鉄鋼』に遠山咲(上白石萌音)を向かわせる。保管されていたはずの毒物はなくなっており、疑いの目は『新宿マキタ鉄鋼』経営者の妻・蒔田紀子に向けられる。
一方、刑事官の神啓太郎(風間俊介)は、管理官・橘修平(深澤辰哉)と捜査方針を巡って対立する……。令和の女殺人鬼を相手に、鬼塚が昭和と平成の記憶を武器に、難事件を解決に導いていく。

ドラマスペシャルでは、連続ドラマの延長線上の新宿東署が描かれます。

ある日、新宿区・須賀町で粕汁の集団食中毒事件が発生。保管されているはずの毒物がなくなっていることから『新宿マキタ鉄鋼』経営者の妻・蒔田紀子に容疑がかかるというストーリー展開です。令和の毒婦にまつわる事件簿といったところでしょうが、裏にどんな事情があるのか、想像が及びません。

刑事官の神啓太郎は、新しく登場する管理官の橘修平と捜査方針を巡って対立することから苦労が絶えない立場になりそうです。また、新宿東署では浮いた存在になりそうな橘修平ですが、事件解決を通して最終的に何らかの気づきを得るのではないかと予想します。