ドラマル

2019年2月8日

『記憶捜査』4話のネタバレ感想!感動ストーリーからのとし歌声で大号泣!社長は優しすぎた

2019年2月8日に放送されたドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』4話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

関連記事

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』4話の感想※ネタバレあり

40代女性

もちもちホットク

ドラマ『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』4話は、ある男性の死が意外な結末を迎えるという話でした。
4話は、ベトナム語を話す青年が、血のついたナイフを持って警察署にかけこんでくるという幕開けでした。死亡したのはある小さな工務店の社長を務める男性でした。
今回はミスリードを誘うような場面がいくつもあって、最後の最後まで真相がわかりませんでした。社長の死に関係していると思われたのは、凶器を持っていた青年・ダット、同じ工務店で働く青年・チュオン、そして社長の妻でした。ダットは仕事のできばえをめぐって社長ともめていたという証言がありました。チュオンと妻はそれぞれ暗い表情で凶器となったナイフと同じナイフを見るという場面がありました。最初はダットが社長を殺害したのかと思いましたが、ナイフは誰でも持ち出せる状態だったことがわかり、もしかすると社長の妻とチュオンが殺害に関係しているのかもしれない、と疑いながら見ていました。
しかし、物語の中盤で、鬼塚の推理が炸裂します。鬼塚の実家は町工場でした。地方から上京してきた工員を気づかう父の姿を思い出した鬼塚は、社長がダットの仕事を直すために夜中に外出し、作業の途中であやまって怪我をしたことを見抜きます。物証や状況証拠だけではなく、工務店の事情や人間関係から何があったかを組み立てるところが「さすが、鬼さん」という感じでした。つまり社長は怪我が原因で死亡したのであって、犯人は誰もいなかった、ということが判明したのです。
刑事ものなので「ゲストの死亡=殺人」という頭で見てしまっていたのですが、捜査を進めると不幸な事故であったことがわかった、という流れには驚きました。鬼塚が事件の真相を説明する場面では、工務店の社長が本当に実直な人柄であったこと、社長の妻がそんな人柄の社長を心底大切に思っていたことがよく伝わってきました。ただ事件を解決して終わり、というだけではなく、新宿東署の管轄地域がどんなところで、どんな人たちがどんな思いで暮らしているのかが伝わってくるのが、このドラマの最大の強みであり、良さなのだなあということを実感しました。

40代女性

みりん

国会でも取り上げられてた外国人労働者問題をリアルに描いていて興味深いストーリーでした。ニュースとかよりも今回みたいにドラマで見ると、どんなことが問題なのかが分かりやすくてとってもイイ!特に東京のどの地域に外国人が多く住んでいるとか、不法滞在に至る理由とか、いろいろと勉強になりました。
被害者の妻の智子(遊井亮子)や容疑者ダットの友人も怪しいと思いきや、結局、殺人事件じゃなく、最後にはみんな良い人だって分かり余計に切ないと思ってしまうラストでした。
無実が証明され釈放されたダットだけど、不法滞在のためベトナムへ強制送還されることになりまじめに働いていてもルールはルール、現実はなかなか厳しいと考えさせられました。

スポンサーリンク

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』4話のTwitterrでの反応まとめ

としさんの歌「幸せのちから」にみんな大絶賛ですね。あの高くて綺麗な澄んだ歌声が感動をそそるんですよね。最高だ!

北大路欣也さんの過去に記憶を巡る時の情景の感じ好きだな~。本当、鬼塚さん凄い。わたしもチュオンがやったんだな!って思っちゃいました(まああれは振りか~見事に騙された)。

つい最近にも犯人いないっていうドラマ見たような気がしたけど、今回の記憶捜査で上書きされてしまって…もう思い出せない。それぐらいいい話だった。

いい人って、なんで早くになくなってしまうんだ~~~。

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』4話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

新宿東署に血塗られたナイフを持ったベトナム人・ダットが駆け込んできた。勤め先の工務店社長・牧野(河西健司)を刺殺した容疑で取り調べを受けるが、容疑を否認する。
牧野の妻・智子(遊井亮子)によると、ダットは前日に牧野から怒られていた。やがて、牧野が、ダットを不法滞在と知りながら雇った可能性が浮上する。鬼塚一路(北大路欣也)は自身の過去を重ねながら推理を進める。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/kiokusousa/story/04.html

『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』に出演する主要キャスト

  • 鬼塚一路(北大路欣也)
  • 神啓太郎(風間俊介)
  • 遠山咲(上白石萌音)
  • 山崎清(内田朝陽)
  • 本多太一(松本大志)
  • 烏丸将司(勝野洋)
  • 十河正美(宅麻伸)
  • 栗田史郎(石黒賢)
  • 木地本淳子(余貴美子)

4話に出演するゲスト

  • 工務店社長・牧野(河西健司)
  • 牧野の妻・智子(遊井亮子)