ドラマル

『緊急取調室3』4話のネタバレ感想!期待に違わぬ松本まりかの怪演に騒然!

2019年5月2日に放送されたドラマ『緊急取調室3』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、ゲストに怪演ぶりが話題の松本まりかが登場!
女子高校生連続殺人事件の被疑者・樫村荘介の姉・茜役として有希子と対立する。

関連記事

『緊急取調室3』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『緊急取調室3』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『緊急取調室3』4話のあらすじネタバレ

女子高校生連続殺人事件の被疑者として、樫村荘介(今井悠貴)が逮捕されました。
その直後、樫村の車から、2日前に失踪した女子高校生・福永真希(若林薫)の携帯電話が発見され、防犯カメラで荘介の足取りを調べたところ、真希を尾行する様子が映っていました。

過去に殺害された被害者たちは、水や食料を与えられずに監禁されて、数日後に衰弱死していたことから、今回も同じ目に遭っている可能性が高く、残された時間は30時間程度だと推測されました。

一刻も早く監禁場所を突き止め、救出する必要があることから、捜査第一課の監物大二郎(鈴木浩介)は真希の捜査にあたろうとしますが、監禁場所の見当もつかない状態で見つかる可能性は低いと磐城和久(大倉孝二)刑事部長は判断して、荘介の口を割らせるしかないと「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に任せることにします。

真壁有希子(天海祐希)と菱本進(でんでん)が荘介の第一回目の取り調べにあたりますが、荘介は完全黙秘を貫きます。
しかし有希子の家族のことに触れた話を受け、それまで完黙の荘介が初めて口を開きました。
そのことが気にかかった有希子は、荘介の姉の樫村茜(松本まりか)と祖母の樫村澄江(鷲尾真知子)に会いに行きます。

そして監物と渡辺鉄次(速水もこみち)が見つけてきた、荘介と茜の両親が亡くなった、17年前の火災の現場の映像に映っている茜の表情が、会ってきた茜の表情と同じだったことから、兄弟の間でしかわからないことがあり、一番親しい人を会わせることで本来の感情が見えるかもしれないと、有希子は荘介に茜を会わせるというとんでもない提案をします。

荘介に会った茜は、ひとことふたこと話しただけで立ち去ろうとしますが、有希子は茜に感じていた不自然さから、茜が荘介の犯行を知っていたのではないかと告げると、茜の表情が明らかに変わりました。

その後の荘介の取り調べで、茜が殺人は荘介が勝手にやったことで、私には荘介は必要ない。などと話しているビデオを荘介に見せて、荘介が真希を監禁した場所を聞き出すことに成功します。
そして聞き出した現場に監物たち捜査員が急行しますが、真希の姿はありませんでした。

この空振りで、茜が監禁場所を変えた可能性があると判断したキントリのメンバーは、興奮してまた暴力を振るいそうな菱本に、玉垣松夫(塚地武雅)が「被害者のヤクザ者の親父さんに取り調べしてもらえばいいんですよ。」言ったひとことからヒントを得て、下手をすればキントリの全員処分も免れないような提案をします。

この提案に大反対する磐城刑事部長をなんとか説得して、事もあろうに連続殺人犯の被疑者の荘介を証拠不十分で釈放して、もう一度茜を呼び取り調べをします。
この茜の取り調べで、被害者の真希の父親が元ヤクザで、荘介を襲うかもしれないと半ば脅迫めいた追求をし茜を追いつめると、茜の口から真実が語られました。

その真実とは、茜と荘介は祖母の澄江にコントロールされていたということでした。
澄江は娘である、茜の荘介の母親だけを愛していて、孫の茜や荘介に「娘の代わりを連れて来い。」と言ったり、虐待めいた仕打ちを続けていたため、ある日荘介が実際に、母親が好きだったバイオリンをしている女性を襲って連れて来てしまっていました。
そして荘介が連れてきた被害者を茜が拉致していたようです。
そうせざるを得なかった状況に、澄江に追い込まれていた茜と荘介でした。

しかし、有希子たちが茜と荘介の気持ちを懸命に代弁すると、最後に澄江は「私がやらせた。私が殺した。」と口にしました。

今回撮ったビデオの題名は「家族愛」でした。

これまで度々見せる表情が気になっていた小石川春夫(小日向文世)は、梶山勝利(田中哲司)と有希子が隠しごとをしていることに気づいていたようです。キントリメンバー総取っ替えの問題は、今後どうなっていくのでしょう。

スポンサーリンク

『緊急取調室3』4話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

子供たちは親の愛を、親が思っている以上に感じているものですね。
無造作に放たれる親の心ない言動にも、親が考えている以上に大いに傷ついているのが子供です。
それでも無償の愛を向けてくるのが子供でしょう。
そのことに親が気づけるかどうかで、子供たちの未来が大きく変わっていくことを改めて感じさせてもらえました。

人はいくら説得されても言動が根本的に変わることはありません。大切なことに気づいて自ら変えていくしかありません。
気づける心に磨いて、気づかせてもらえる存在に感謝していきたいですね。

期待に違わぬ松本まりかの怪演に騒然!

https://twitter.com/YukihA_coOos/status/1123960346216206337

いや~凄かったですね。もう松本まりかが出てきたらコレだってやつがあるんだけど、今回のキントリでは、その期待の怪演というか…演技力を更に上回るものを見せられた気がします。

そして、天海祐希さん演じる真壁有希子が、母親のように茜(松本まりか)に寄り添っていく感じも良かったですよね。

もう松本まりかさんは、欠かせない実力派女優の一人といえるでしょう。それを証明するように番組後、SNSでは彼女の話題で一杯でした。
今後も様々な役を演じる松本まりかさんの活躍が楽しみですね。

『緊急取調室3』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『緊急取調室3』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 平凡な専業主婦である姑・山下昌子(真野響子)に頼まれ、夕食のスープに使うカボチャを買いに出かけた嫁・彩矢(国分佐智子)が行方をくらました。日付をまたいでも連絡が取れなかったため、彩矢の夫で弁護士の翔太(山崎樹範)は警察に行方不明者届を提出。彩矢もまた大手法律事務所の弁護士ということもあって、単純な失踪事件ではないと推察した警視庁は、真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に出動を要請する。
 さっそく有希子は山下家のあるマンションへ向かい、涙ながらに嫁の安否を案じる昌子から話を聞くことに…。そんな中、大型スーツケースを運ぶコート姿の不審者が映った防犯カメラ映像を見た昌子から、重要な手がかりとなる証言が飛び出す。なんと約1カ月前、この不審者を息子夫婦の家の前でも見たというのだ!
 やがて昌子の証言により、彩矢が不倫中だったことが発覚。さらに、コート姿の男がレンタカーにスーツケースを乗せるのを目撃した人がいたため、調査を進めると驚愕の事実が判明する。あろうことか、車の借り主は昌子だったのだ! しかし、車の足取りは途中で途絶え、スーツケースの在り処までは突き止められず…。
 その矢先、翔太が妻を殺したと自首してきた! だが有希子は、昌子こそが真犯人だと確信し、重要参考人として出頭するよう依頼するが、昌子はこれを拒否する。しかも何を思ったか、昌子は自宅で有希子と2人きりなら事情聴取に応じると言い出し…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/story/0005/