ドラマル

『緊急取調室3』3話のネタバレ感想!美人女優・仙道敦子の登場が話題に!

2019年4月25日に放送されたドラマ『緊急取調室3』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、5億稼ぐ女と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙が殺害された!
事件解明の鍵を握るデイトレーダー・平井かすみ(仙道敦子)。キントリの追究に黙秘を貫く彼女から、真相を得ることはできるのでしょうか?

関連記事

『緊急取調室3』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『緊急取調室3』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『緊急取調室3』3話のあらすじネタバレ

仮想通貨取引で『5億稼ぐ女』と呼ばれるカリスマデイトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が、自宅マンションで殺されました。
死因は頭部をアタッシュケースで強打されたことによる脳挫傷です。

捜査一課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介)と渡辺鉄次(速水もこみち)は、さっそく同じマンションに住む第一発見者・平井かすみ(仙道敦子)を逮捕しましたが、殺人容疑ではなく、かすみが理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏で自分が売買取引を実行していた詐欺容疑です。
なんと巷で話題になっていたのは嘘で『5億稼ぐ女』の正体は、理沙ではなくかすみでした。

被害者の理沙が住んでいたマンションは事件発生時には保守点検中で、エレベーターや防犯カメラが作動していませんでした。
理沙とかすみは隣同士に住んでいて、理沙の部屋は押入られた形跡はなく、理沙が犯人を招き入れたとしか考えられない状態です。
また、血痕が流し台からも検出されていて、犯人が手を洗ったものだと考えられています。

かすみには犯行時刻のアリバイがなく、理沙の部屋から指紋も多数検出されているので、監物と渡辺はかすみの犯行だとにらんでいたのですが、理沙の部屋にはよく出入りしていたので、指紋があって当然とかすみに犯行を否認され行き詰ってしまい「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に取り調べを要請することになりました。

まずは、小石川春夫(小日向文世)と菱本進(でんでん)が取り調べを始めます。
かすみは理沙の口座で仮想通貨取引をした詐欺行為については認めました。
途中で菱本に代わり、真壁有希子(天海祐希)が入ってさらに追求していくのですが、殺人については否認し、挙げ句の果てには警察をバカにしたりして取り調べを楽しんでいるようにも見えます。

理沙が死亡したニュースが流れると、詐欺にあったのではないかと被害届が相次ぎ、そのことをかすみに追求すると今度は黙秘を始めますが、菱本と玉垣松夫(塚地武雅)に取り調べが変わって、母親の話に触れるとかすみは反応して話を始めます。

真壁はかすみの母親が入所している、介護付き有料老人ホーム『グランコートケア』を訪れます。
そこでアンケートで情報を記入させている場面に真壁は何かを感じ、調べてみると詐欺被害者は、全員『グランコートケア』を訪れていた人たちでした。

映像解析を専門にしている玉垣は、かすみの指輪に引っかかります。

監物と渡辺が『グランコートケア』を訪ねて、アンケートの情報漏えいのことを聴取していると、ヘルパーの門倉がデータ紛失事件が起こっていたことを告げます。

再度真壁と玉垣で、かすみの取り調べを始めますが、この取り調べは門倉を呼ぶためのものでした。
門倉は、誰も知らないかすみの仕事がデイトレーダーということを知っていました。
また、かすみの取り調べの中で、指輪についた血はいくら洗ってもDNA鑑定できるということを聞いて、思わず指輪を外し隠してしまいました。

門倉は逮捕され、理沙にアンケート用紙を渡したことを自白します。
そして、アンケート用紙を返してもらおうと理沙の自宅を訪ねた時に、大金を発見して理沙を殺害してしまったことも明かします。

かすみの取り調べが再開され、かすみが受け取ったお金のありかが、かすみのしているスマートリングでわかっていることを告げると、ようやく観念して全てを話します。

居酒屋「しんじ」での打ち上げで、指輪を科捜研に持ち込んでもDNA鑑定できる可能性が低かったことを知らされ、焦る真壁でした。

今回の真壁の書いた取り調べビデオのタイトルは「大事なもの」でした。

スポンサーリンク

『緊急取調室3』3話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

お金より大切なものは何か。今回再三出てきたフレーズです。

現代社会はお金至上主義、お金を儲けることが目指すものであるという傾向が強いですが、お金は本来手段であって、これを目指すものにしてしまっては、自然界での生活は苦しいものになってしまいます。そうなっているのが今の人間界の現状ですね。

お金より大切なものと言うより、手段を目指すことの間違いに気づき、真に目指すべき夢をしっかり持つことを最重要で考えてチャレンジしていけば、必要な手段は手に入れられるものですね。

3話で最も話題になった出来事

美人女優・仙道敦子の登場が話題に!

犯人役・平井かすみとして登場した仙道敦子が放送後、話題になりましたね。仙道敦子といえば、朝ドラにも小畑妙子役(雪次郎の母)でも出演しており、昨今、大活躍です。

「ナチュラルに老けたなぁ~」など、天海祐希さんと比べて年をとったという声もありますが、皺も全く(ほぼ?)ない天海さんが50歳を超えているとは思えないほど若いだけのような気がします…。

仙道敦子さんはいい感じに年をとって、朝ドラでもいい演技をされていると感じました。今回の悪い女も良かったですね。

『緊急取調室3』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『緊急取調室3』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 女子高校生連続殺人事件の被疑者として、無職の男・樫村荘介(今井悠貴)が逮捕された。その直後、捜査班は樫村の車から、2日前の夜に失踪した女子高校生・福永真希(若林薫)の携帯電話を発見。しかも、防犯カメラで樫村の足取りを追ったところ、真希を尾行する様子が映っていた…!
 過去の被害者は水や食料を与えられずに監禁され、数日後に衰弱死していたことから、真希も同じ目に遭っている可能性が高い。その場合、類推できる状況下での生存可能時間は、残りたったの30時間…! 一刻も早く監禁場所を突き止め、救出する必要がある。大至急、樫村の口を割らせるため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任されることに。しかし、樫村は完全黙秘を貫き、時間だけがむなしく過ぎていく。そんな中、有希子がふと発した一言を受け、樫村が明らかに表情を変え…!?
 一秒たりとも無駄にはできない人命がかかった取り調べに、焦りを募らせる有希子たち。だが、樫村はなかなか落ちる気配を見せない。その矢先、被害者全員に“ある共通点”が存在することが判明! 有希子はさらなる手がかりを求め、寝たきりの祖母・澄江(鷲尾真知子)と暮らす樫村の姉・茜(松本まりか)を訪ねるが…。
 茜が樫村の沈黙を破る切り札になるかもしれない――そう感じた有希子は本来のルールを破り、樫村を肉親である茜に直接会わせようと思い立つ。しかも、後がないキントリ・チームはあろうことか、下手を打てば全員処分も避けられない“さらなる暴挙”にまで出る!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/story/0004/