ドラマル

『緊急取調室3』1話のネタバレ感想!ラストの大杉漣(善)さんへのメッセージに号泣!

2019年4月11日に放送されたドラマ『緊急取調室3』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)と真壁有希子(天海祐希)らキントリメンバーが取調室で言葉の銃撃戦を繰り広げる!
そして、ラストの大杉漣さんを追悼するテロップが話題に…

関連記事

『緊急取調室3』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『緊急取調室3』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『緊急取調室3』1話のあらすじネタバレ

緊急事案対応取調班、通称キントリのメンバー真壁有希子(天海祐希)と菱本進(でんでん)の取り調べを、警視庁刑事部長の磐城和久(大倉孝二)が各署から幹部を集めて見守る中で、被疑者に見事に揚げ足を取られてしまいます。
このことに磐城は激怒し、刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)の指示もあって、真壁を取り調べから外すことになりました。
そして真壁は、中田善次郎(大杉漣)退職後の後任の玉垣松夫(塚地武雅)の指導係になります。

そんな中、懲役12年の判決が確定後、移送中に逃亡した野本雄太(淵上泰史)が、世田谷区成城東の民家で主婦を人質にとり、立て籠もる事件が発生します。
そして、野本が交渉役に菊池を指名しました。
菊池は指名通りに現場に赴き、周囲の制止を無視して乗り込み、野本に発砲して射殺してしまいます。この射殺案件について、キントリで事件の概要をまとめるため菊池に話を聞くことになりました。

石川春夫(小日向文世)と菱本進(でんでん)が、菊池の聴取にあたります。
菊池の供述によると、包丁を持って藤沢さおり(市川由衣)を人質にしていた野本に、人質を解放するように言うと断られ、その直後、人質が逃げようとしたのを野本が追いかけ、人質が危険な状態になったので発砲したとのことでした。
野本が菊池を交渉役に指名したのは、4年前の殺人で野本が自首してきた事件を菊池が担当していたからだと供述します。

真壁は現場の検証に向かい、人質だった藤沢に犯人が菊池に撃たれた時の様子を聞いて、発砲するまでの時間の短さと、2発撃ったことに強い違和感を感じます。

玉垣は野本が人質の家に行くのに、住所表示を見ながら行っているのではないかと気づきます。
野本は一審の判決後に、警察に捜査のやり直しを求める手紙を出していて、その件で菊池が個人として野本に接見していたのに、野本のことを知らないと言っていた菊池の証言がおかしいと梶山勝利(田中哲司)は再聴取を依頼します。

2回目の聴取は、小石川春夫(小日向文世)と玉垣が担当します。
小石川の追求に、菊池は拳銃が暴発したと言い出し、この苦し紛れの証言に、磐城は聴取の終了を命令します。

納得のいかない真壁は個人として菊池を訪ね、隠さなければならないことのために暴発に変えたのではないかと指摘します。

梶山と真壁は拘置所に行き、菊池が野本に接見した時の記録を閲覧して、2回の接見にいずれも柿本仁志元看守部長が立ち会っていて、その記録から今回の立てこもり事件の被害者の藤沢と野本が知り合いであることが明らかになり、そのことを藤沢に告げると4年前の殺人は自分がやったと自白します。

菊池の3回目の聴取は真壁が行い、拳銃が暴発したという供述はおかしく意図的に殺したことを、藤沢の告白と柿本の遺書から証明します。
最後は菊池の自白で、殺人で逮捕されます。

スポンサーリンク

『緊急取調室3』1話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

どんなに権力を持っていたとしても、完璧に行動したと考えていたとしても、ひとつの嘘が混じると必ずその権力も要塞も瓦解する日が訪れるものでしょう。

真実を真摯に、そして保身の思いなど微塵もなく明かそうとしている存在の前では、嘘はいつか必ず暴露されてしまいます。
それが自然界の真理であることを自覚していくことが、何をやるにしても大切なことですね。この大事なことを今回は明確に気づかせてもらえました。

1話で最も話題になった出来事

ラストの大杉漣(善)さんへのメッセージに号泣!

善さんこと大杉漣さんを殉職ではなく定年退職という設定のテレップ表示(中田善次郎を演じて下さった大杉漣さんはこれからもずっとキントリの一員です ありがとう善さん)が話題を集め、号泣するファンも大勢でました。

『緊急取調室3』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『緊急取調室3』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。
 ところが対局中、とんでもない事件が起こる。解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが見つかったのだ! 不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに…。そんな中、死因は中毒死だと判明。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ…!
 真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」はさっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく結果に…。というのも最終対局中、日名子はあずさが長考している間に約5分退席。しかも、このとき日名子が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されたのだ。 だが、有希子はどうも話が出来過ぎだと、いぶかしがり…。
 これぞという決め手がなく、見えそうで見えない真実。やがてキントリ・チームは王手をかけるべく、なんと日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める――。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/story/0002/