ドラマル

『きのう何食べた?』4話のネタバレ感想!ケンジはシロさんに一目惚れ!でもシロさんは好みじゃなかった!

2019年4月26日に放送されたドラマ『きのう何食べた?』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、シロさんとケンジの出会いのシーンが見られる!
また、気になる史朗の父・悟朗の大手術は、無事に成功するのでしょうか?

関連記事

『きのう何食べた?』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『きのう何食べた?』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『きのう何食べた?』4話のあらすじネタバレ

12月のある日。
筧史朗(西島秀俊)の父・悟朗(志賀廣太郎)が、食道がんで10時間にも及ぶ大手術を受けることになりました。

手術当日、病院に向かう史朗と母・久栄(梶芽衣子)。
手術中、悟朗の病室でじっと経過を待つも、悟朗のことが心配でたまらない久栄は、思い詰めて何度も「お父さん!」と奇声を発しながら立ち上がったり、泣き叫んだりしました。
そんな情緒不安定な久栄を、史朗はなんとか宥め、涙を拭うハンドタオルを渡しました。
それは前の日に、矢吹賢二(内野聖陽)の心遣いで久栄にと買ってきてくれたものでした。
けれど、賢二の存在をひた隠しにしている史朗は、賢二からの贈り物だとは言えず、ただ「知り合いから」としか言えませんでした。

手術は難航しつつも、なんとか無事終わり、翌朝、麻酔から目覚めた悟朗といくつか言葉を交わすと、胸を撫で下ろす史朗と久栄でした。

帰宅すると、掃除や洗濯など家のことをキレイに賢二が済ませていました。
「大変なときに家が散らかっていると余計気分が荒むから」と賢二なりの心遣いでした。
その賢二の優しさに、感じ入る史朗でした。

そして、季節はもうクリスマス。
職場も街も、クリスマスの話題で盛り上がったり、浮かれたり。
そんな中、史朗は賢二と出会ったときのことを思い出しました。

◇◇◇

それは三年前の夏。

当時付き合っていた彼の勧めで、二丁目のバーへとやってきた史朗。
男性同士が出会いを求める場、というだけあって男ばかり。
史朗は、恋人がいるのにナンパされたら困ると心配するも、いわゆる普通の出で立ちをした史朗は、ここでは浮いた存在で、まったく声を掛けられることはありませんでした。
それはそれでなんとなく寂しい気持ちになって酒を飲んでいたら、恋人が、知り合いの賢二を紹介してきました。
賢二も史朗と同じで、この場では少し浮いた”普通の”風貌で、場違いな史朗をえらく褒めてくれました。

その後はとくに交流もなく、賢二のことも忘れていた矢先。

美容院で、美容師をやってる賢二とばったり再会します。
カットをしながら互いの話をして、その中で、史朗はバーに行ったときの恋人と別れたことを明かしました。

それからは、家が近いこともあり、何度か食事したり飲みに行ったり。
とくに付き合ってるわけではないけれど、楽しい時間を過ごしていました。

そしてクリスマスが目前に迫ったある日。
賢二が住むアパートに災難が訪れます。
階上からの水漏れで、とても住めるような状態ではなくなってしまったのです。かといって、貯金が無いため他に引っ越すこともできず、賢二は途方に暮れていました。
そこで史朗は、躊躇いながらも勇気を振り絞って「ウチ、来る…?」と賢二に言いました。
賢二は思ってもいない史朗の提案に、うろたえながらも歓喜したのでした。

そうしてクリスマスの日、賢二が史朗の家にやってきて、そのまま一緒に暮らすことに。
クリスマスは史朗や賢二にとって特別な日でした。

◇◇◇

そして今日も、賢二のリクエストで、あの日と同じラザニアを作る史朗。

まずはトマトソース。
みじん切りにしたニンニク、セロリ、玉ねぎ、ニンジン、そして豚ひき肉を入れて炒めます。そして水とトマトの水煮、コンソメ、ハーブを入れて煮込み、塩コショウで味を調えます。
次にホワイトソース。
バターを溶かしたところに小麦粉を入れて炒めます。そこに牛乳を少しずつかき混ぜながら入れて、塩コショウ。
ソースが出来上がったら、耐熱皿に、トマトソース、茹でたラザニア、ホワイトソース、茹でたほうれん草、ピザ用チーズを順番に入れていき、これを2、3回繰り返します。
これをオーブンで焼けば出来上がり。

この他にも、鶏肉の香草パン粉焼きに、バケットにつけるサワークリームと明太子のディップを作る史朗。
これらも賢二のリクエストで、あの日と同じメニューでした。

テーブルに並べられた豪勢な料理と赤ワインに、テンションを上げる賢二。
ストイックな史朗も今日ばかりは「カロリー気にせず好きなだけ食え」と言うと、賢二はバンザイしながら大喜びして、料理を頬張りました。

史朗はその姿を見て、三年前のあの日も、史朗の振舞ったクリスマス料理に賢二はしきりに感動していたな、と思い浮かべました。

その夜。
史朗は久栄へと電話をして、術後の父の様子等を聞きました。
そしてふと久栄に渡したハンドタオルのことを口にすると、「じつは、賢二という恋人がくれたものだ」と明かしました。
すると久栄は「素敵な柄だった。ありがとう」と、よく気が利く恋人への伝言を託しました。

心のしこりを解消した史朗は、賢二をじっと見つめながら「まったく好みではないな」と思いつつも、「毎日暮らす相手としては正解だ」と、賢二との何気ない幸せな日常を噛み締めるのでした。

スポンサーリンク

『きのう何食べた?』4話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

史朗と賢二、いい年したオジサン二人の馴れ初め話なのに…なんてピュアで可愛らしいんでしょう!
すごく微笑ましくて、自然と笑みがこぼれてきちゃいました。
史朗の、迷いに迷った末の「ウチ、来る…?」と言うシーン、身悶えました。
洗髪でタオルを被されていたから、その時の表情は見えなかったけれど、西島さん演じる空気感が史朗の心情全てを物語っていて、「ゼッタイ顔赤くしてるー!」とタオルの下の表情が透けて見えてきました。うろたえる賢二も、すごく可愛かったです!
西嶋さんと聖陽さんの恥じらう演技、最高!

史朗の作るラザニアが、すごく美味しそうで、お腹が鳴っちゃいました。
ラザニアは大好物なんだけど、でも作るのはなかなか面倒で…。それを作ってもらえる賢二が、すごく羨ましいです。

「お父さんのこと好きだったんだね?」と息子から問われて、「大好きよ。好きに決まってるじゃない」と答えるお母さんが、とても素敵でした!いい夫婦だなぁ。
夫婦、こうありたいものです。

4話で最も話題になった出来事

ケンジはシロさんに一目惚れ!でもシロさんは好みじゃなかった!

シロさんがなぜ元カレ・マーちゃん(後藤剛範 )と付き合っていたのかは謎ですが、二丁目のバーでケンジとシロさんは出会いました。
ケンジは明らかにシロさんに一目惚れしていましたよね。

一方のシロさんはというと…
二人が同棲(付き合い)3年たったクリスマスの脳内つぶやきでわかったのですが、ケンジのことは全く好みじゃないとのこと…。
かなり衝撃的でしたね。ケンジが聞いたらどうなってしまうのでしょう。

それにしても、ラザニアが美味しそうで、素敵なクリスマスディナーでしたね。

『きのう何食べた?』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『きのう何食べた?』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

筧悟朗(志賀廣太郎)の術後の経過が順調で安心する史朗(西島秀俊)。だが久栄(梶芽衣子)は「“老いじたく”を考えているのか」と史朗の行く末を案じる。矢吹賢二(内野聖陽)と添い遂げるつもりなのか、今後の話を一度ちゃんとしたいと、年末年始の帰省を説得され、賢二に思わず「帰りたくない」と心情を吐露する。

そんな史朗に賢二は珍しく真顔で「贅沢だ」と怒り気味。また史朗は賢二の家族の話を知らないことにふと気づく。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/kinounanitabeta/story/