ドラマル

『今ここにある危機とぼくの好感度について』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

松坂桃李さん主演の連続ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『今ここにある危機とぼくの好感度について』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「U-NEXT」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。
※放送前のため、今までのNHK総合ドラマの見逃し動画配信状況から予測して記載しています。放送開始後、変更が必要な場合は正しい情報に更新します。

スポンサーリンク

『今ここにある危機とぼくの好感度について』の基本情報

  • タイトル:今ここにある危機とぼくの好感度について
  • ドラマ公式URL
    https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/444192.html
  • 主演:松坂桃李
  • ジャンル:風刺コメディードラマ
  • 放送局:NHK総合
  • 放映日時:土曜 21:00 – 21:49
  • 放送開始日:2021年4月24日

概要(見どころ)

『今ここにある危機とぼくの好感度について』は、渡辺あやが脚本を手掛けたオリジナルのブラックコメディードラマ。
広報の担当者として転職した名門「帝都大学」を舞台に、テレビ局のイケメンアナウンサーだった主人公の 神崎真(松坂桃李)が、クセの強い面々に振り回されながら、次々と降りかかる不祥事対応に追われる姿を描いた物語です。

キャスト一覧

  • 神崎真:松坂桃李
    名門「帝都大学」に中途採用された広報の担当者、前職はテレビ局のイケメンアナウンサー
  • みのり:鈴木杏
    不正を告発した非正規の若手研究者
  • 渡辺いっけい
    事なかれ主義の上司
  • 高橋和也
    正論を吐くがちょっとウザい教授
  • 池田成志
    自由すぎる変人教授
  • 温水洋一
  • 斉木しげる
  • 安藤玉恵
    クールで鋭いおばさん秘書
  • 岩井勇気
    マスコミで売れっ子のやり手准教授
  • 坂東龍汰
  • 吉川愛
  • 若林拓也
  • 坂西良太
  • 國村隼
  • 古舘寛治
  • 岩松了
  • 松重豊
    学生時代の恩師だった総長

ゲスト一覧

  • 国広富之
  • 辰巳琢郎
  • 嶋田久作

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 作:渡辺あや
  • 音楽:清水靖晃
  • 語り:伊武雅刀
  • 主題歌
    曲名:-
    歌手:-
    レーベル:-
  • 制作統括:勝田夏子、訓覇圭
  • 演出:柴田岳志、堀切園健太郎

各話の視聴率

『今ここにある危機とぼくの好感度について』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話4月24日
2話5月1日
3話5月8日
4話5月15日
5話・最終回5月22日

『今ここにある危機とぼくの好感度について』の最終回ネタバレ(予想)

テレビ局でアナウンサーとして働き、幅広い世代から人気を集めていた神崎真(松坂桃李)。
そんなある日、学生時代にお世話になった総長(松重豊)から連絡が来ます。
総長は、久しぶりに再会した真に、自身が勤務する帝都大学で広報として働かないかと持ち掛けます。
真は、思ってもいない提案に驚きつつも、好奇心からすぐに引き受け、アナウンサーの仕事を辞めてすぐに広報の仕事を始めます。

総長のために早く仕事を軌道に乗せようとする真。
そんな中、帝都大学では教授たちが不正に大学の予算を使用しているのではないかという噂が立ちます。
真は、広報として持ちうる知識を活かしてどうにかマスコミ関係者たちの取材に応じて騒ぎを落ち着かせます。
しかし、真は総長から帝都大学では他にも、大学を危険に陥れるという脅迫があったことなど、公には発表されていない幾つもの問題があることを打ち明けられます。
思ってもいない事態に唖然とする真でしたが、総長の依頼を受けて、帝都大学で起きている問題について、マスコミ関係者たちに大きな問題ではないと偽って説明を続けて大学の名誉を守る日々を送ります。

すると、大学で働く研究者のみのり(鈴木杏)が、大学の上層部に大学での問題をなぜ隠すのかと乗り込みに行くという事態が発生します。
真は、これ以上問題が増えるのはまずいと考え、みのりに行動の真意を尋ねます。
みのりは、真に対し悪を見逃すのはおかしいのではないかと訴え、真は広報として働き始めてからの自分の行動を振り返り、自分の過ちに気づきます。
それから、みのりに一緒に大学で起きている問題について明らかにしようと持ち掛けます。
みのりは、真の提案に賛同し2人は密かに大学内の問題について調査を進めていきます。

その後、すべての問題の発端が大学の理事たち(國村隼・岩松了・古舘寛治・温水洋一・斉木しげる・坂西良太)であることを突き止めます。
そして、2人はマスコミ関係者たちの前で、大学内で起きている問題について調査結果をもとに全てを暴露します。
2人の行動によって大学の評判は地に落ちてしまい、大学は存続できなくなってしまいます。
仕事を失った2人は、大学の関係者たちと縁を切り、帝都大学から遠く離れた島でみのりが行っていた研究を2人で再開するというのが、結末予想です。

『今ここにある危機とぼくの好感度について』各話のあらすじ

2021年4月24日からNHK総合にて放送開始される松坂桃李さん主演の連続ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

『今ここにある危機とぼくの好感度について』1話のあらすじネタバレは、2021年4月24日(土)21:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。