ドラマル

『まだ結婚できない男』10話(最終回)のネタバレ感想!桑野さんロス大発生!また別れて続編か?

2019年12月10日に放送されたドラマ『まだ結婚できない男』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

ついに最終回、桑野とまどかが法廷で対峙、まどかのある言葉が桑野の胸に響く!
その後、まどかが長野の実家へ帰ろうか迷っていると知った桑野は…。

関連記事

『まだ結婚できない男』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『まだ結婚できない男』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『まだ結婚できない男』最終回のあらすじネタバレ

桑野信介(阿部寛)に、一人暮らし用の家設計を依頼してきた木村敦志(伊藤正之)。
しかし、離婚を考えている妻・玲子(宮田早苗)から建築差し止めの訴訟を起こされ、その裁判で証人として出廷してほしい、とお願いされます。桑野はそれを引き受けることに。

裁判当日。
村上英治(塚本高史)や桜子(咲妃みゆ)、田中有希江(稲森いずみ)や戸波早紀(深川麻衣)が傍聴する中、裁判が開かれました。
相手側弁護士である吉山まどか(吉田羊)から「木村さんは、本当にその家で一人で暮らすのですか?他に女性と一緒に暮らす、ということはありませんか?」と問われ、桑野は、一人暮らし用の設計であることを主張します。
全てがリビング内で事足りるような狭い間取りになっていたり(イメージは一人暮らしの4畳半)、趣味の鉄道模型を家中に走らせるための、壁に小さな穴を用意したり。
鉄道模型が趣味だったことを知らなかった玲子は驚きます。木村は、インテリアが趣味である玲子に気を遣って、長年明かせなかったのです。
こうして一人暮らしのための家であることを証明した桑野は、「人は誰かと一緒に暮らしたいに決まってる、そういう固定観念が邪推を生むんだ」と、まどかを批判。すると二人の議論はヒートアップし、それぞれの結婚観についてまで及んだのでした。

その日の夜。
いつものように、薬丸(デビット伊藤)のブログを閲覧する桑野。
この日のテーマは、いつもの一人満喫ではなく、「二人キャンプを満喫」でした。
「一人より二人のほうが楽しいですね」と綴られた記事の写真には、金田裕之の後ろ姿が。
この意外な接点に驚かされる桑野でした。

するとその時、早紀がタツオとおもち(メスのパグ)を連れてやってきます。
早紀は、すっかりおもちの飼い主・工藤(湘南乃風・RED RICE)と意気投合したそうで、「これから一緒に映画を観に行くから、その間、預かってほしい」と依頼。
桑野は快く引き受けました。

その後、木村の設計図を眺める桑野。
頭の中に、今日の裁判でまどかが発した「誰かと暮らしたい、一人は寂しい。というのは人として自然な感情でしょう!」「お互いが、ほんの少しでも心開いて相手の立場に立てば…」といった言葉が蘇ります。
これに考えさせられた桑野は、設計図に変更を加えることに。
作業を終えた後、別室から仲良く寄り添うようにして戻ってきたタツオとおもちの姿を見て、「お前ら…!」と何かを察する桑野でした。

翌日。
まどかは有希江に「実家の長野に戻って、母の弁護士事務所を継ごうかと思っている」と明かしました。
そんなまどかに「桑野さんに相談したほうがいい」と促す有希江。けれどまどかは、相談したところで、嫌味混じりに長野に帰ったほうがいい、と言われるのがオチだと零します。有希江のように仲が良いわけじゃないから、と。
すると有希江は「仲良く見えるのは、私があの人に合わせているだけ。私だって、あんな面倒くさい人イヤよ。先日、いい人かも…と言ったのは嘘だから。あなたを焚きつけてみただけ。桑野さんと喧嘩できる人は、あなたしかいない。喧嘩するってことは、ちゃんと向き合えてる証拠よ」と、まどかの背中を押したのでした。

まどかが事務所へ戻ると、桑野が待っていました。
桑野は、昨夜変更を入れた設計図をまどかに見せます。それは、二人がやり直す気になってもいいようにと、奥さんとの二人暮らしを想定した間取りになっていました。桑野曰く「それぞれが自分の世界を確保しつつも、いつも互いの存在を忘れずにいられるような設計」を目指したもので、二人で語らい合えるゆったりとしたリビング、趣味の部屋は別々。けれど中庭を隔てた向き合い構造で、互いの姿をそれとなく見てとれる。
この設計を見て「いいじゃないですか、これ」と気に入るまどか。
桑野から、これを木村夫妻に提案してほしいと頼まれ、快く引き受けることに。

後日、木村夫妻に打診した報告をします。
桑野の新しい設計図のおかげで、木村夫妻は離婚をやめて、やり直すことにした、と。
まどかは「家って、すごいチカラがあるものなんですね」と、あらためて感心します。
そして、木村夫妻から「法廷での二人の喧嘩を見て、自分たち夫婦はちゃんと喧嘩してなかったんだなぁ、と気付かせてもらえた」と言われたことも明かしました。すると有希江が「桑野さんとまどかさんが仲直りさせたんですね」と合の手を入れます。
すると照れ隠しのためか、話題を変えるまどか。
桑野へ「長野の母の事務所を引き継ぐことにしました」と報告。けれど桑野は、とくに動じることもなく、穏やかに返事をして仕事へ戻りました。

その日の仕事帰り、ばったり会う桑野とまどか。
まどかは、長野へ帰ると宣言しつつも、まだ迷いがあることを仄めかし、「もし誰かが『行かないでほしい』と言ってくれたなら…」という言葉を残して、帰って行きました。

後日、長野へ墓参りするまどか。
母親から電話で急かされ「これからすぐ行く」と返しつつ、ベンチに座ってバナナを食べながら物思いに耽り、なかなか腰が上がらないまどかでした。

一方その頃、桑野は自宅で、熱心に、まどかへ伝える言葉を原稿に書き上げていました。

そしてまどかを呼び出し、必死に考え抜いた台詞をまどかに伝える桑野。
それはとても回りくどい言い回しで、長々としゃべった挙句、最後の結論は「長野に帰らないでほしい」「あなたがいないと、つまらなくて寂しい」といったものでした。
「ただ、お母さんのことがあるから無理にとは言いませんけど」と付け加えて。

思いの丈を吐き出せて、うっすら涙ぐむ桑野。
まどかも「男性にそういうこと言われるって、うれしいもんですね」と、涙ぐみます。
そして「長野へ帰るのをやめる」と決意するまどか。元々、意地っ張りな母からも「帰ってこなくていい」と言われていたという。
まどかの答えに、ほっとした桑野は、台詞を大事なところで噛んでしまったから、もう一度途中からやり直させてほしいと申し出ます。
これには呆気にとられるまどか。
せっかくの感動が台無しだと、怒って帰ってしまいました。

そうして、また喧嘩別れしてしまった二人。
しばらく会話も交わさない日々が続き、英治や有希江など、周りの人が心配するほどでした。

そんな中、またコンビニでばったり会った桑野とまどか。
帰り道、まどかから「いい加減、仲直りしませんか?」と切り出し、コンビニで買った最後のひとつ「ドンサック カレー味」を取り出しました。
仲直りした二人はベンチに座って、ドンサックを食べ合います。
あれから、ちょくちょく実家に顔を出すようにしたというまどか。母親との関係が修復できたのは桑野のおかげだと、あらためて礼を言いました。
桑野は照れ臭くなりながらも、映画のチケットを取り出し「行きませんか?」と誘います。今度はアクションものだという。ただ、やはり難解な内容とのこと。
そこで「桑野さんの懇切丁寧な解説つきですか?」と敢えて問うまどか。桑野は「望むところですよ」と返し、二人はさっそく映画を観に行ったのでした。

スポンサーリンク

『まだ結婚できない男』最終回のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今作は、これまでの桑野の言動から、生き方の多様性を重視した流れになるのかな~と思い、男女が付き合う、結婚、といった型に嵌った結末にはならないんじゃないかと予想したんですが、外れちゃいました。
王道的に、まどかと付き合う流れになりましたね。
最後のテロップに「桑野さん、今度こそお幸せに」とあったから、今度こそ結婚の流れになるのかな?
でも、このシリーズのファンとしては第3弾もやってほしいところ。だから桑野にはまた破局してもらって…っと、いやいや、そんなこと願っちゃダメですね!
ということで、次は、結婚後の夫婦バトルを描く『やっと結婚できた男』、もしくは、結婚に至るまでの騒動を描く『やっと結婚できるかもしれない男』を、どうかひとつ。
個人的には、桑野とまどかの小気味良い夫婦バトルを見てみたいな~と思います。結婚してからのほうが、何かと揉め事が多くなりますからねぇ。

そして、タツオのスピンオフも作ってほしい!
桑野との絡みを、もっともっと見ていたいです。
今回は、おもちも女優顔負けの名演技を魅せてくれました。とくに、タツオに寄り添って走り出す姿が秀逸!タツオへの愛が感じられました。

桑野さんロス大発生!また別れて続編か?

放送後、桑野さんロスが大発生してますね。
そして、前回のヒロイン・早坂先生ロスまでも…笑。
まどかさんロスもチラホラ!

視聴率はそこまでふるいませんでしたが、『結婚できない男』シリーズは後引きます!
愛されキャラ・桑野信介の賜物でしょうね。

まとめ

最終回は、このドラマらしい・桑野さんらしい前回(13年前)とほぼ同パターンでしたが、それでも桑野さんのTake2発言に笑わされてしまいました。

人生100年時代の現代、桑野信介はまだ53歳。12年後は65歳。まだまだ続編いけそうですね。

阿部寛さんにはいつまでも元気でいてもらい、桑野77歳独身のシニアラブを見てみたい!
よって、あと2回は続編を作ってもらいたいですね。

今回は前作の焼き直し感が強かったですが、さすがに65歳や77歳となるとそうはいかないはず!
桑野という偏屈が、実際に独身のままシニアに突入した時、どのようになっていくのか?
現代、未来の社会問題もふんだんに取り入れた続編を楽しみに待っています。

もちろん、次は桑野・薬丸・金田の3ショット実現も期待します!