ドラマル

『まだ結婚できない男』4話のネタバレ感想!やっくんの正体が明らかに?薬丸ことデビッド伊東で確定?

2019年10月29日に放送されたドラマ『まだ結婚できない男』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、桑野と母・育代が久々の同居をすることに!
育代の誕生日を前に、桑野とまどかの知られざる親子関係が明らかになります。

関連記事

『まだ結婚できない男』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『まだ結婚できない男』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FOD」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『まだ結婚できない男』4話のあらすじネタバレ

姪の中川ゆみ(平祐奈)から「おばあちゃん(育代)がそっち行くから」という電話を受けた桑野信介(阿部寛)。
なんでも、育代(草笛光子)の自宅が水漏れし、中川家に避難していたものの、圭子(三浦理恵子)と喧嘩してしまい、家を出ていってしまったという。他に行くところもないから、おそらく桑野の家に押しかけるだろう、というのです。

これを聞いて青ざめる桑野。
するとちょうどその時、育代からインターホンが。家族であろうと自分以外の人が家に上がることを嫌う桑野は、無視してやり過ごそうとします。しかし、タツオ(パグ)の散歩のためにエントランスに出た隣室の早紀(深川麻衣)が、育代に桑野が自宅にいることをバラしてしまいます。
そこで仕方なく、育代を迎え入れたのでした。

翌日、事務所にて。
家にいる育代のことが気になって、室内カメラ(昔、隣人が飼っていた犬・ケンの面倒をみたときに購入したもの)で様子を伺う桑野。
育代は、甲斐甲斐しく部屋の掃除をしていました。けれど、物の位置を変えたり、お気に入りの雑誌を捨てたりと、勝手な行動が目に余り、桑野は電話をかけてクレームを入れます。
けれど育代は、とくに悪びれることもなく、室内カメラに帽子を被せて、さっさと電話を切ってしまいます。

そんな育代に嫌気がさし、早く自宅から出てもらおうと、育代を連れて、吉山まどか(吉田羊)の事務所へ相談に行く桑野。
そもそも、育代の自宅の水漏れ原因を作ったリフォーム会社が、仮住まいを提供すべきだと。まどかはこれを聞き入れ、業者への交渉を請け負います。
打ち合わせの後、まどかに結婚しているかどうかを尋ねる育代。まどかが「独身です」と答えると、つい目の色が変わってしまう育代でした。

後日、岡野有希江(稲森いずみ)のカフェで打ち合わせをし、まどかは育代に、有希江を紹介します。
有希江は「素敵なお母さんですね」と好印象。
そこへ村上英治(塚本高史)と森山桜子(咲妃みゆ)もやってきて、育代に挨拶をしました。育代は、桑野と関わりをもってる人が案外多くいることを知り、「孤独に暮らしてると思ったけど、けっこう友達がいて安心した」と漏らします。
そして、なんでも気さくに話せる育代に「自分の母親といるより落ち着く」と言うまどか。まどかの母親は、何かと娘に対抗心を燃やして、一緒にいるととにかく疲れるのだという。
けれど育代は「自分の母親より居心地が良いと感じるのは、他人だからよ」と答えます。まどかは、そういうものかな?と首を捻りつつ、「やっぱりお母さんといると、落ち着く~」と甘えてしまうのでした。

桑野の留守中、圭子から育代の偵察を頼まれたゆみが、マンションへやってきました。
けれど、勝手に人を家に上げると怒られるからと、エントランスで会話をする育代とゆみ。そこへ散歩帰りの早紀がやってきて、二人はとりあえず早紀の家にお邪魔することに。

育代たちはベランダに出て、ゆみが見つけた「やっくんのブログ」を読みながら「ひどいわね~」などと言って盛り上がります。
すると、帰宅した桑野がその声に気付いてベランダに出てきました。その桑野へ「この人、よっぽどあなたのことが好きなのね」と言う育代。そして「きっと、寂しいのよ」とも。
この言葉に「えっ?」と疑問の声を上げる桑野でした。

その後、圭子から桑野に電話が。
明後日は育代の誕生日だから、桑野の家で誕生日会を開いてほしいというのです。これまでは中川家で祝っていたのだけど、今年は喧嘩中だからと。そして、プレゼントもちゃんと用意するようにと念押しされました。

圭子からの突然の申し出に困惑する桑野。
まどかに、誕生日プレゼントに何を選べばよいか、意見を求めます。まどかは「本人に聞けばいいのに」と答えますが、照れくさいという桑野に、仕方なく「Le Chat noir(ルシャノワール)の香水がいいんじゃないですか」とアドバイス。

さっそく桑野は、その香水を買うため専門店へ。
しかし、女性向きの店の雰囲気に、なかなか入店する勇気が出ない桑野。結局、買わずに立ち去ってしまいました。

桑野は有希江のカフェに入って、何度もため息を吐きます。
その様子が気になって、声をかける有希江。すると桑野は、救いの女神でも見るような視線を向け、香水を買ってきてもらうよう頼んだのでした。
これを快く引き受けた有希江は、代わりにと、桑野に相談を持ち掛けます。
今、雇われ店長をしている有希江に、オーナーから「店の権利を買い取らないか?」という話が持ち掛けられたという。これを受けるかどうか悩んでいて、桑野の意見を是非聞いてみたいと。
というのも「桑野さんは、時として、思い掛けない良い言葉を言うから、斬新な意見が聞けそう」と期待を寄せる有希江。その視線に圧され「ちょっと考えさせてください」と答える桑野でした。

その後、スポーツジムへ寄った桑野。
いつも同じ時間帯にいて、ひそかにライバル視していた男(デビット伊藤)が、知り合いから「ヤクマルさん」と呼ばれたのを耳にします。
すると桑野の頭に、憎き男の愛称が浮かびました。「もしや、”やっくん”か…?」と。

帰宅すると、育代が夕飯を準備して待っていてくれました。
けれど、その食材は桑野が週末に使おうと思っていたもので、また文句を言ってしまいます。すると「ありがとう、とは言わないのね」と沈んだ声で呟く育代。「わたし、間違っていたわ。あんたには結婚してほしい、と思っていたけど、不幸な女性を生み出さないためにも、あんたは結婚しないほうがいい」と言って、家を出て行ってしまいます。

その後、桑野は育代を捜しに出ますが、全く見当たらず、とりあえず圭子の家に向かうことに。
けれど圭子の家にも育代は帰っておらず、さらに焦る桑野。
すると、何食わぬ顔で「これから、おばあちゃんの誕生日会に行く」というゆみ。
早紀から連絡があって、まどかや有希江も集まって、早紀の家で誕生日会を開くことになったという。

とりあえず、ゆみと一緒に自宅マンションへ戻った桑野は、誕生日会には顔を出さず、自宅に帰りました。
有希江たちが「桑野さんもくればいいのにね」などと話していると、これみよがしに、隣からオペラの大音量が。これに顔を顰める育代たちでした。

誕生日会の後、圭子の家に戻ることにした育代。
帰り際、まどかに「信介のこと、よろしくお願いします」と頭を下げます。ただし「結婚してやってくれ。ではなく、人として付き合ってくださいという意味で」と補足。これにまどかは笑顔で応えました。

育代を乗せたタクシーが出た後、桑野が入れ違いで「プレゼントを忘れた」とエントランスから出てきます。
桑野は渡すのを諦めようとしますが、まどかから「今ならまだ間に合うから」と背中を押され、仕方なく追い掛けることに。

そうして、なんとか育代へ香水を渡した桑野。
すると、育代は「いくつになっても女はこういうものが嬉しいのよ。意外とやるじゃない」と喜びました。桑野は、良雄(尾美としのり)から「香水なんて年寄りは喜ばない。キャバ嬢じゃあるまいし」と言われていたので、その反応に驚きます。
そして育代は、「こんなふうに誕生日に物もらえるのは、あと何回かしらね。いつまでも傍にいられるわけじゃないのよ」と言って帰っていきました。
この言葉に、神妙な表情をみせた桑野でしたが、「やっとゆっくり寝れるな」と呟いて、自身も帰宅したのでした。

後日、まどかのもとへ育代から手紙が届きます。
そこには「誕生日プレゼント、アドバイスしてくださったの、まどか先生なんでしょ?お気遣いありがとう。ただし、先日お話した通り、可哀相だから結婚してあげようなんて仏心は、くれぐれも起こさないようにしてくださいね」と書かれていました。
これに「ご心配なく」と笑みを零しながら呟くまどかでした。

『まだ結婚できない男』4話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

育代とまどかはすっかり意気投合して、グッと距離が縮まりましたね!
二人の和やかな雰囲気をみるに、とても良い嫁姑関係が築けそう。
となると、前作の早坂夏美(夏川結衣)ポジションであるまどかが、やっぱり今作でも桑野の本命になるのかな。
前作にないキャラの有希江とのLOVEにも興味あったんですけどね。

今回話題に出た映画『東京物語』。
わたしは山田洋二監督の『東京家族』を見たのですが、あれは泣きました!号泣です。
育代が言っていたように、親はいつまでも生きていてくれるわけじゃないから、いるときにちゃんと大事にして、親孝行しないといけないんですよね。頭ではわかっているんだけど、なかなか…。
今回、その気持ちをあらためて思い起こされたので、離れて住む両親に、まずはまた久しぶりに電話かけてみようかな。

そしてついに「やっくん」の正体が…!
ジムの男、デビット伊藤さんが演じてたから、何かあるのかな~とは思ってましたが、彼がやっくんだったとは!(あ、まだ確定じゃないかな?)
桑野と行動パターンが同じところをみると、彼もじつは「結婚できない男」?
似た者同士の直接対決、楽しみです!

やっくんの正体が明らかに?薬丸ことデビッド伊東で確定?

ジムで桑野と張り合う中年男の名前が薬丸(やくまる)であることが判明!
それを受けて、桑野は「やくまる=やっくん?」と邪推。
果たして、デビッド伊東さん演じる薬丸がやっくんなのでしょうか?

ネットでは、間違いないという声と、ミスリードであるという声がわかれています。
桑野が通うバーのバーテンダーを疑う声もありますね。

答え合わせは後半戦のお楽しみとなりそうですが、薬丸をやっくんと疑っていた時の桑野は、かなり目が血走っていて怖かったですね。
まあきっと金田の時と同じで仲良くなっちゃうんでしょうが…笑。

それはそうと、やっくんにポジションを奪われた金田。
今回はなんと桑野に電話をしてきていましたね。
ここまで毎話、何かしらで登場している金田。
まさかの出演があるのか!気になりますね。

『まだ結婚できない男』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『まだ結婚できない男』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

かねてから鎌倉の仏像を愛してやまない、まどか(吉田羊)は、1泊2日の鎌倉旅行に有希江(稲森いずみ)と早紀(深川麻衣)を誘う。縁結びにご利益がある神社に参拝し、おいしいものを食べようと盛り上がる3人。しかし桑野(阿部寛)に知られると皮肉の一つも言われかねないと、女子旅は桑野に内緒で決行することに。
ところが、現地に着いた3人が楽しく観光していると、とある神社で“一人鎌倉”に来ている桑野の姿が!何とか気づかれないようその場を去ることに成功した3人だが、宿泊先の旅館の廊下で、なぜか一人不気味に写真を撮りまくる桑野と出くわしてしまう。縁結びのために来ていることを見透かされた上に、皮肉とウンチクをさんざん浴びせられ楽しい女子旅は台無しに。

翌日、まどかは偶然、高校時代の後輩・エリカ(野波麻帆)と再会する。絶賛婚活中だと言うエリカが好みの男性のタイプを熱弁し始めると、まどかたちは、ふとある男の顔を思い出し、顔を見合わせる。意外にも、桑野がその条件に当てはまっていたのだ!そうは言っても相手はあの桑野。紹介することに迷いを感じつつも、エリカの婚活への熱意に負けたまどかは思い切って桑野を紹介してみることに。

そんなこととはつゆ知らず、桑野は英治(塚本高史)たちを巻き込んで、ブログに桑野の悪口を書きつづっている“やっくん”の正体を暴こうと躍起になっていた。するとそこへ、まどかから電話がかかってきて…。

出典:https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/story/05.html