ドラマル

『ケイジとケンジ』9話(最終回)のネタバレ感想!続編・シリーズ化希望の声殺到!キャストもそのままが良い?

2020年3月12日に放送されたドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』9話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、半グレ集団「ベイシャークス」の幹部が殺害される事件が発生!
豪太たちが、幼児虐待容疑で追う久我山をリーダーとする半グレ集団を捜査すると…。

関連記事

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』9話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ』最終回のあらすじネタバレ

ある夜、男3人組に激しい暴行を受けた男の遺体が発見されました。
通報を受け、仲井戸豪太(桐谷健太)ら桜木署強行犯係の面々、県警の捜査一課、検事の真島修平(東出昌大)らが現場に集いました。
被害者の死因は脳挫傷で、凶器はバール。タトゥーが彫られた胸元には火傷した痕がありました。
おそらく、身元を隠すためにタトゥーを焼いたのだろうと推測し、暴行を加えた3人組と被害者は同じグループの所属ではないかと、修平は樫村武男(柳葉敏郎)支部長に報告。その見立てを買われ、修平はこの事件を担当させてもらえることになりました。

その後、豪太の活躍により被害者の身元が判明。
決闘罪で捕まえた澤登大介(木村龍)にも同じタトゥーがあり、被害者のことを知っていたのです。胸元のタトゥーは半グレ集団「ベイシャークス」のシンボルで、それを胸元に彫っているのは幹部だけだという。被害者は、ベイシャークスの幹部・八尾弘樹でした。
他の幹部の名前も聞き出し、加害者である3人も幹部であることが判明。甲斐慎之介と椿健人、そしてもう一人はリーダでもある久我山勝也(桐山漣)。この久我山は、先日の、6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)への児童虐待の犯人でもありました。
また、被害者の八尾が、ベイシャークスが運営している風俗店(いわゆるぼったくりバー)の売り上げを着服していた、という証言も得ました。

これらを捜査会議で報告する豪太。
県警捜査一課の見城長一郎(池田成志)課長らは、殺人事件でそこまで所轄が捜査するのは越権行為だと批判。しかし、修平は豪太たちの働きを高く評価し、桜木署が中心となって捜査を進めるよう指示しました。
豪太は、若者を悪の道へとそそのかすベイシャークスのような半グレ集団の壊滅こそが、教師から刑事に転向した本懐だと意欲を燃やし、多胡永吉(矢柴俊博)ら強行犯係全員も壊滅を目指し、やる気を漲らせたのでした。

その後、桜川橋交番の警官・田口健介(湯江タケユキ)から、加害者の一人・椿の目撃情報が。
海外への高飛びを目論んでいるのか、大きなスーツケースを引いていました。それを尾行し、拠点と思われる建物を張り込む豪太と目黒元気(磯村勇斗)。
そこには久我山の姿もありました。
しかし、なかなか出てこない久我山たち。
その張り込み中の車内で、先日結婚宣言をした目黒に、毛利ひかる(今田美桜)とのことについて、「プロポーズはしたの?」などと面白がって尋ねる豪太。
けれど結婚話は、苦し紛れについた目黒の嘘。正直に「してません」と答えます。すると豪太は「あかん!女の子にはちゃんとプロポーズせな!」と詰め寄り、丁度その時、張り込みの交代で桂二郎(菅原大吉)とひかるがやってきました。
豪太は気を利かせて、目黒とひかるを二人っきりにさせてあげるべく、引き続き目黒を車に残し、桂を連れて帰ったのでした。

その様子に、何かを察した桂。
隠し事があるのだろうと豪太を問い詰めたところ、豪太はあっさり目黒とひかるが結婚予定であることを白状してしまいます。

一方、車内に二人っきりとなった目黒とひかる。
目黒はそれとなく「職場結婚もいいんじゃない?」とアピール。しかしひかるは、眠気覚ましのための他愛もない会話だと受け取り「無駄話はいいから、はやく寝てください」と促しました。目黒は「無駄話」という単語にショックを受け、不貞腐れながら仮眠をとったのでした。

後日、張り込みの甲斐あって、3人を無事逮捕。
ただ、まだ確かな物証は得られていないため、まだ殺人容疑については触れずに、風営法違反についての取り調べ(久我山については児童虐待も)で時間稼ぎすることに。

取り調べの際、3人に警戒心を抱かせないよう、殺人の件、とりわけ被害者の八尾の名前は絶対に出さないよう、修平は豪太たちに釘を刺しました。
しかし、ついアツくなって、久我山の前で八尾の名前を出してしまった豪太。
修平は、取り調べ最中の豪太を呼び出し、説教。二人はつかみ合いの喧嘩をしてしまいます。それを仲井戸みなみ(比嘉愛未)が間に入って「刑事と検事がいがみ合ってどうするの!」と諫めたのでした。

それでもなかなか腹の虫が収まらない二人。
署長の大貫誠一郎(風間杜夫)が、二人を小料理屋に呼んで仲立ちすることに。
そこで樫村との昔話を述懐する大貫。
25年前、大貫と樫村も、今の豪太と修平と同じ関係で、よく喧嘩もしていたという。当時、樫村は血の気の多い熱血検事で、ある通り魔事件の際、被害者の遺体を見て涙を浮かべながら「絶対に犯人を捕まえましょう」と固く誓いました。これに大貫は心動かされ、その後、執念で犯人を無事逮捕。二人で酌み交わした酒は格別に美味かったという。
二人の美談に、修平と豪太は心動かされ、仲直りしたのでした。

豪太と修平が店を出た後、この美談には続きがあると女将・宮沢かほり(奥貫薫)に明かす大貫。
気分よく酒を飲んでいた樫村は、すっかり酔っ払って、可愛い女の子の客引きにひっかかりぼったくられ痛い目に。それ以来、樫村は酒を辞め、奥さん以外の女性には近寄らなくなったという。

殺人事件については一向に物証が上がらず、難航。
そんな中、豪太は、今一度澤登(決闘罪の容疑者)の取り調べがしたいと申し出ました。

澤登に対し、高校の後輩・段田拳四郎(松永拓野)をベイシャークスに引き入れたことについて「後輩の人生捻じ曲げたんだぞ!反省せぇ!」と迫る豪太。取り調べというより、教師としての説教でした。
すると「俺だって…後悔してる。真面目に仕事しときゃよかったって」と本音を吐露する澤登。
昔、八尾がリーダーだったときはマシだったという。けれど、金儲けが上手い久我山がいつの間にかリーダーとなり、過激な半グレ集団と化してしまったベイシャークス。今はもう、リーダーが怖くて辞めたくても辞められないという。
その悩みを、同じ幹部仲間の椿と、電話で聞いてもらったこともあるとのこと。
しかし、椿から押収したスマホからは澤登との通話記録はありませんでした。それを澤登に伝えると、椿は2台スマホを持っていたと明かされます。
警察が把握していない、そのもう1台のスマホに、何かあるに違いないと豪太たちは察しました。

捜査して、女に預けられていたスマホを回収し、削除された動画を復元。その動画には、八尾に対する集団暴行の様子と、八尾に挑発された久我山が、怒りに任せてバールで殴り殺した瞬間が収められていました。
この動画が決定的な物証となり、久我山は観念して自供。
風営法違反、児童虐待、殺人、そして恐喝などの余罪も含め、起訴されることになったのでした。

その後、芋づる式にベイシャークスのメンバー全員を逮捕し、ベイシャークスは壊滅。
大きなニュースとなりました。
おかげで、桜木署は警察庁長官賞を授与されることに。

事件の解決、凶悪半グレ集団の壊滅、警察庁長官賞受賞の祝賀会が開かれました。
桜木署の強行犯係、県警捜査一課、みなと支部の検事たちが一堂に会します。
豪太は、目黒とひかるが結婚したら同じ部署にはいられないから…と、捜査一課の見城に目黒を紹介。これにより、皆も「目黒とひかるが結婚する」と勘違いし、二人を祝福。ひかるだけが、わけもわからず、目黒を厳しく問い詰めました。

一方、相変わらず酒は飲まずジュースを手にする樫村。
今日くらいは無礼講でと、日下直樹(渋谷謙人)がビールを勧め、大貫もそれを促します。樫村は、ならば…と、ためらいがちに口を付けた後、一気に飲み干して、最高の笑顔を見せました。

その頃、会場を抜け出して夜風に当たっていた豪太。
そこへ修平とみなみもやってきます。
ここで達成感に浸っていたという豪太に、自分も達成感を得られたという修平。
「刑事になってよかった」
「検事になってよかった」
と口にする豪太と修平でした。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ』最終回のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

メグちゃんとひかるの恋の行方が、本編並みに…いやそれ以上に気になっていたんですが、とうとう、ひかるを振り向かせることができませんでした。というか、ひかるはそもそもメグちゃんの恋心に1ミリも気づいていない様子。
ひかるちゃん、気付いてあげて~!
ことごとくスルーされるメグちゃんが可笑しくも愛おしかったです。

樫村支部長が「お酒は飲まない」「女遊びはしない」という堅物になったのには、イタい目をみた過去があったからなんですね。
飲んだくれて、かわいい女の子に鼻の下のばして、ぼったくられて、そして交番で職業を問い詰められて青くなった、という若かりし頃の樫村、見てみたかったなぁ。
ともあれ、25年ぶりにお酒解禁できてよかったです!樫村支部長。

そして、何気に今回イチバン笑ったシーンが、長さんこと見城(池田成志)捜査一課長の「ちょ、待てよ」。
これはもしや…木村拓哉主演の4月からの同枠ドラマ「BG 身辺警護人2」にちなんで?
もちろん、「BG」も観ます!
わが身を盾にして依頼人を護る主人公。豪太とはまた一味違う熱情が味わえそうです。

続編・シリーズ化希望の声殺到!キャストもそのままが良い?

何だかんだあったけど、『ケイジとケンジ』面白かったですよね?

ドラマ放送中にあれだけのことがあったのに、続編を希望する声がこれほど多く上がるというのは、凄いことなのではないでしょうか?

続編にあたり、最悪検事を別の人にという声もありますが、東出さんの続投を願う声も多くあります。
でも、ドラマに罪はないといえど、世の空気を変えなければ制作陣も荷が重い!
プライベートなことですが、東出さんには頑張っていただき、シーズン2を放送しても世に受け入れられるような空気を作ってもらいたいですね。

脚本いいし、これだけの豪華キャストで各キャストもいい味だしているのに、これで見納めはもったいない!

まとめ

各キャラを掘っていけばもっと面白くなりそうなドラマでしたので、9話で終わってしまったのが残念です。

でも、ちょっとお馬鹿な半グレ集団の事件でラスト2回の話しを上手い具合に締めて、スカッとする結末でしたね。

最終回の桜木署と横浜地検、県警捜一メンバーでの最終回の打ち上げ風景は、見ていてほっこりする場面でした。
ようやく、豪太(刑事)と修平(検事)の息もようやくあってきた(あってきたら面白くないかな…)ので、より大きな難事件を解決していくシーズン2(続編)を是非とも見たいですね。