ドラマル

『ケイジとケンジ』7話のネタバレ感想!ギバちゃん「事件に大きいも小さいもない」に踊るを思い出す!

2020年2月27日に放送されたドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、大学生・江島陸が知人男性らから集団暴行を受ける事件が発生!
桜木署で加害者3人は犯行を認め送検されるが、検察の取り調べで…。

関連記事

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ケイジとケンジ』7話のあらすじネタバレ

ある夜、横浜桜木署の管轄内の公園で集団暴行事件が発生。
大学生・江島陸(永田崇人)が、会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人に殴打され全身打撲。さらに何らかの凶器が使われ、右脚のすねを骨折するという大怪我に。江島は病院へと運ばれました。
この4人は同じ高校の卒業生で、被害者の江島からみて、久保田と宮前がひとつ年上で、黛がひとつ年下、という関係でした。

まずは、仲井戸豪太(桐谷健太)と毛利ひかる(今田美桜)とで、入院している江島に聞き込みへ。
江島は、先輩である久保田の元カノ・小山きら(森高愛)と付き合い始めたことで難癖をつけられ、暴行を受けたという。
誰に骨折させられたかについては、痛みで気絶してしまったため、分からないとのこと。

次に加害者の取り調べについて。主犯格とみられる久保田をベテラン刑事の桂二郎(菅原大吉)が、宮前を目黒元気(磯村勇斗)が、一番年下の黛を豪太が担当することに。
久保田と宮前は、当初、否認していました。しかし、豪太の熱血教師さながらの説教を受けた黛が、久保田にやれと言われて犯行に及んだと自白。これにより、久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で検察に送検されたのでした。

検察では、求刑を決めるため、誰が主犯か、誰が江島の骨を折ったのかを追及します。また、主犯格の取り調べをした検察官が法廷に立つのが一般的なので、真島修平(東出昌大)と日下直樹(渋谷謙人)が、主犯格と思われる久保田の取り調べをやりたいと名乗り出ました。
樫村武男(柳葉敏郎)は、法廷経験の数が少ないほうにチャンスを与えるべく、修平に久保田を、日下に宮前を、ベテラン検事の持丸栄(峯村リエ)に黛を担当させることに。
日下はがっくりと肩を落としますが、樫村は「久保田が主犯と決まったわけじゃないぞ」と檄を飛ばしたのでした。

久保田と宮前は「自分は殴ってない。見ていただけ。止めようとした。骨折もさせてない」としらを切り通します。
黛は殴ったことは認めるも、「二人に促されて仕方なく。骨折はさせてない」と主張。
取り調べは難航します。
そこで、修平と日下は、それぞれの担当刑事に、骨折させた凶器となる物証を掴んでくるよう指示を出しました。

江島の骨折箇所の傷の形状から、細い棒状のものが凶器であると予想されており、目黒が、宮前がヌンチャク愛好家であることを突き止めます。しかし、肝心のヌンチャクは現場からも自宅からも見つからず、宮前曰く、事件よりも前に処分したとのこと。
そのため、宮前の犯行を立証することはできませんでした。

一方その頃、江島の見舞いに訪れたひかる。
すると先客が。江島の彼女・小山きらが来ていたのです。
きらはしおらしく「わたしのせいでごめん」と謝った後、このまま付き合ってたらまた迷惑かけてしまうからと、一方的に別れを切り出しました。江島は引き留めようとしますが、耳を貸さず、颯爽と病室を出て行ってしまいます。その後、すっきりした表情をみせるきら。
その姿に、小悪魔的な怖さを感じてしまうひかるでした。

その夜、目黒に誘われ食事をするひかる。
昼間のきらの様子を話題に出し、男性はきらのような女性にコロッと騙される、とボヤきます。一方、自分は男勝りな刑事だからモテない、結婚できない…と悲観。
すると目黒は「職場結婚はどうかな。案外、王子様が近くにいるかもしれないよ」と、それとなく自分のことをアピール。けれど、ひかるに全く響きませんでした。

食事の後、ひかるに「おやすみ」と手を振って見送る目黒。
そこに、豪太とみなみ(比嘉愛未)がやってきて、「ひかると付き合っているのか!」と勘違いされてしまいます。目黒が否定しても、全く信じようとしません。挙句、身上調査(同僚刑事のプライベートに問題はないか)の報告義務があるから、係長・多胡永吉(矢柴俊博)に報告しないといけないと言い出す豪太。面倒になった目黒は、「僕たち、結婚を前提に付き合ってるんです」と宣言。報告は自分でちゃんとするから、誰にも言わないでほしいと口止めしたのでした。

「自分は巻き込まれただけ」と主張する気弱そうな黛に関しては、とくに追捜査の依頼がなかった豪太でしたが、教師の勘で、そういう者こそ陰湿な悪事を働くことがあると推察し、あらためて現場周辺を洗い直します。
その結果、黛が事件の3日前、ミリタリーショップで特殊警棒を購入したという、新たな証言を得ました。そして、黛もきらに惚れていたという事実も発覚。

事件の真相は、以下の通りでした。
江島がきらと一緒に歩いているのを見て腹を立てた黛は、ミリタリーショップで特殊警棒を購入。
その後、黛は宮前に、それとなく、江島がきらと付き合いだしたことを告げ口。するとそれが久保田にも伝わって、ブチギレた久保田が、宮前と黛を誘って、江島を集団暴行。これらは、黛の狙い通りでした。
そして、久保田と宮前が殴打するのを傍観していた黛。
江島が気を失って、久保田たちと共にその場を離れると、黛はスマホを落としたと偽って現場に戻り、懐に忍ばせた特殊警棒を取り出し、江島の足を骨折させたのでした。

持丸に物証を突きつけられ、真実も言い当てられてしまった黛は、狂気に顔を歪ませ、奇声を上げました。
3人は共謀の傷害罪、さらに黛は単独犯としての罪も加えて起訴されることになったのでした。

無事、事件が解決し、行きつけの小料理屋で飲む修平や豪太たち。
修平は、担当した久保田が主犯ではなかったため、法廷に立つチャンスを失って項垂れます。
そんな修平に、女将の宮沢かほり(奥貫薫)が映画チケットを2枚譲ってくれました。修平はみなみを誘って元気を取り戻しますが、「あ…もう一枚あった。3人で行って来たら?」と豪太にチケットを渡すかほり。
結局、気持ちが沈んでしまう修平でした。

『ケイジとケンジ』7話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

待ちに待った、峯村リエさん演じる持丸検事の活躍回。
持丸は、知的で上品なベテラン検事です。そのしとやかさの中に、とてつもない貫禄というか…得も言われぬ威圧感が滲み出ていて、その物腰の柔らかさと怖さを絶妙なラインで演じてらっしゃるのがおもしろい!
今回の事件、最終的においしいところを持っていった持丸。項垂れる修平と日下を尻目に「功を焦ると真実が見えなくなるのよ。オーホッホッホ」と高笑いするシーンが最高でした!

回を重ねる毎に、ひかるへの想いを募らせるメグちゃん。
とうとう結婚宣言まで飛び出しました!
勢いとはいえ、大それたことを言っちゃいましたね。これが果たして有言実行となるのか。行く末が気になるところです。がんばれ、メグちゃん!

このとき、メグちゃんをいじり倒してきた仲井戸兄妹。
普段、ケンカばかりしていても、さすがは兄妹。面白いほどに息ぴったりでした。
豪太に相槌打ったときの「なぁ~」が「にゃあ~」になっていたのは、比嘉愛未さんのアドリブでしょうか。可愛かったにゃあ~。

ギバちゃん「事件に大きいも小さいもない」に踊るを思い出す!

柳葉敏郎さんふんする樫村武男の「事件に大きいも小さいもない」という台詞を聞き、踊るを思い出す人が殺到!
室井管理官→樫村武男部長検事に。
言ってやったりといった顔だったので、ほっぺぷくもやって欲しかったですね。

『ケイジとケンジ』は、樫村武男(柳葉敏郎 )と大貫誠一郎署長(風間杜夫)の絡みも面白いんですよね。
2人の将棋を絡めたバチバチが毎回笑えます!

今回、そんな2人が共通の敵・純ちゃん(ぎぃ子)と将棋対決。
結果は、二面指でも敢え無く2人とも純ちゃんに完敗!なんだか形になっていたので、本当に打ってたんでしょうかね?

さて、将棋シーンが象徴するように、そろそろ最終回が近づいてきたようで、なんだか寂しい。早くも続編を希望する声もあがってきてますね。

『ケイジとケンジ』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 夜間に裸足で街を歩いていた6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。虐待を受けている可能性があったため、横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は笑美と二人で暮らしている母親・三崎真由子(桜井ユキ)に任意同行を求め、事情を聴く。ところが、真由子は虐待を否定! 限りなくクロに近いものの、逮捕の決め手となる証拠もないため、釈放される。だが、真由子による虐待を確信し、怒りに震える豪太は引き続き、同僚刑事・毛利ひかる(今田美桜)と共に虐待の証拠を探すことに。児童虐待の事案は最初から検察と共同で捜査に当たるため、担当検事となった真島修平(東出昌大)も加わり、まずは笑美に話を聞く。だが、笑美は何を聞かれても無反応で…!?

 ちょうど同じ頃、無職の男・加瀬沢太一(三村和敬)がフリーターの段田拳四郎(松永拓野)に暴行を加え、逮捕される。しかも取り調べると、加瀬沢がキャバクラ店員・澤登大介(木村龍)を立会人にして、段田と殴り合っていたことが判明。この供述が事実ならば、全員が共犯とみなされる「決闘罪」にあたる――そう考えた刑事課の係長・多胡永吉(矢柴俊博)は、部下の目黒元気(磯村勇斗)と桂二郎(菅原大吉)にほかの二人も調べるよう指示する。

 ところが…やがて二つの捜査は思わぬ焦点で交わることに。なんと、一見無関係の両事件から“警察と検察を揺るがす大事件”へとつながる“震撼の真相”が浮上し…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/story/0008/