ドラマル

『ケイジとケンジ』6話のネタバレ感想!今田美桜の回!ひかるの「逮捕しちゃうぞ」にメぐちゃん恍惚

2020年2月20日に放送されたドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、毛利ひかる(今田美桜)が、コンビニ強盗犯・半田を逮捕・送検する!
ところが、調書を読んだ部長検事・樫村武男は、真島に捜査のやり直しを命じ…。

関連記事

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ケイジとケンジ』6話のあらすじネタバレ

強行犯係の毛利ひかる(今田美桜)は、友人たちと共に合コンへ。
職業が刑事だと男性からドン引きされるため、受付嬢として参加することに。
しかし、話の流れで、つい刑事気質が出てしまったひかる。
結局、男性陣にドン引きされて合コンは失敗。
近くの交番へ立ち寄って、警官の田口健介(湯江タケユキ)に「わたしは女子力が低い…。男にモテない」と嘆きました。

するとその時、無線に、付近でコンビニ強盗が起きたという入電が。
目出し帽を被った犯人が、ナイフで店員を脅迫し、レジから現金を抜き取って逃走。その後、店長がピンクのカラーボールを犯人に命中させたとのこと。
ひかるは、すぐさま交番を出て捜索します。

間もなくして、目の周りがパンダの目のようにピンクに染まった不審人物を発見。
ひかるは見事、犯人を捕まえたのでした。

免許証によると、犯人の名前は半田二郎(長谷川朝晴)。
建設作業員をしており、犯行の動機は「ギャンブルで負けて金が無くなったから」とのこと。
防犯カメラにも犯行の一部始終が映っており、犯人の自白も取れたため、ひかるは半田を送検しました。

その夜、強行犯係のみんなで送検祝いすることに。
ひかるは、逮捕から送検までやり遂げたのは初めてだったので、大喜びします。
ただ、合コンに失敗したことが尾を引いており、男にモテない…と嘆くひかる。そんなひかるを、目黒元気(磯村勇斗)は「合コンなんて行かなきゃいいんだよ。大丈夫、ひかるちゃんはかわいい」と励ましました。

真島修平(東出昌大)の取り調べもスムーズに終わり、起訴手続きに進むべく、支部長の樫村武男(柳葉敏郎)へ報告。
すると樫村は、半田の調書から、一郎という兄がいることに目を付け、本当に単独犯なのか?兄は関与していないのか?と指摘。そして、送検したのが若い女性刑事だったことを理由に「すんなり送検できたのはビギナーズラックみたいなもの。捜査はそんな簡単なものじゃない。詰めが甘いんじゃないのか!」などと強い口調で説教しました。
いつもは冷静な樫村が、なぜこんな説教をしたのかというと…。
つい先日、行きつけの小料理屋の看板娘・大野純(ぎぃ子)と将棋を対局し、純が初心者であるにもかかわらず、あっさり負けてしまったためでした。
けれどそんな裏事情を知る由もない修平は、ただただ顔を青くし、すぐさまひかるへ、兄の一郎を捜して聴取するよう命じたのでした。

ひかるは、修平からの説教(樫村の言葉ほぼそのまま)に「大事なこと、見落としてたのかな…」と自分を責めつつ、手伝いを申し出た目黒と共に、再捜査へ。
すると、驚くべき事実が発覚。
兄・半田一郎の免許証の写真が、強盗犯の半田二郎と全く同じで、二郎の過去の免許証の写真が別人でした。つまり、逮捕した「半田二郎」は、実は兄の「半田一郎」だったのです。
これについて、半田を問い詰めると、素直に成りすましを認めました。消費者金融の借金対策のために企んだという。
そして、本当の二郎(駒木根隆介)は、3年前に家を出て以降、行方が分からない状態。そこで「二郎に成りすましたということは、二郎が戻ってこない確信があったから。つまりは半田が二郎を殺したに違いない」と推察する修平や仲井戸豪太(桐谷健太)たち。
しかし半田は、殺してなんかいないと反論。ただ行方が分からないだけ、と主張します。
ひかると仲井戸みなみ(比嘉愛未)だけが、この半田の主張を信じ、二郎が生きていてほしい、と願ったのでした。

豪太たちは半田の実家へ。
台所から血痕が、居間の床下からは骨らしきものが発見。
これにて、いよいよ殺人事件の線が濃厚となってきたため、県警捜査一課長の見城長一郎(池田成志)が横浜桜木署にやってきました。
がしかし、見えていた骨はただのフライドチキンの骨と判明。けれど依然として、半田への嫌疑は晴れないまま。さらに床下を掘り進めることに。
ひかるは、この期に及んでも、半田の主張と二郎の生存を信じようとします。その気持ちを汲み取った豪太は、ひかるへ「床下を掘るのは俺たちがやっておくから、君は生きてる二郎を捜しなさい」と言い、ひかるへ想いを寄せている目黒を付き添わせました。

そうして、掘り進めた結果、土の中から出てきたのは「タイムカプセル」と書かれた小さな缶ひとつだけ。
一方、ひかるたちは、根気よく聞き込みした結果、ホームレスの二郎を発見。
ひかるは、服が汚れるのも構わず二郎に抱き着き、二郎の生存を心の底から喜びました。その姿に目黒も目頭を熱くしたのでした。

殺人事件でないことが判明し、県警捜査一課は戻っていきました。

半田に「コンビニ強盗、及びなりすまし(免状等不実記載罪、有印私文書偽造、詐欺)で起訴する」と告げる修平。
タイムカプセルのことについても言及。みなみが、その中に入っていた「30年後のぼくたちへ」と題した手紙を読み上げます。
そこには、二人の幸せに満ちた未来予想図と、二郎の「自由気ままに生きたい」という夢が書かれていました。
これを静かに聞いていた半田は、今の自分とのギャップに「情けない…」とすすり泣いたのでした。

その後、半田は、なりすましに関する証言のため検察に連れられた二郎と、3年ぶりに再会。
「ホームレスは気楽でいいぞ。俺は思ったとおりに、自由気ままに生きている。兄貴もな、俺みたいにちゃんと生きろ」と笑顔をみせる二郎に、半田もまた笑顔で答えたのでした。

『ケイジとケンジ』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

よく刑事の仕事は「疑うこと」と言われますが、「信じること」で事件を見事解決したひかるちゃん。
自分には女子力がない…と嘆いていましたが、繊細で女性らしい優しさと、二郎の無事を知って抱き締めて喜ぶ姿に母性も感じました。
そして、送検祝いでみせたミニスカポリス風の「逮捕しちゃうぞ」も、とってもキュート!
女のわたしでもキュンときちゃうほど。強行犯係のおじさま方もハートを打ち抜かれてましたね。ひかるは、十分、魅力的な女性です。
今田美桜さんの熱演にも心惹かれました。

そんなひかるに、猛烈に心奪われ始めたメグちゃんこと目黒元気。
ひかるを信じて支えようとした彼もまた、素敵でした。
メグちゃんの想いが成就するよう、応援します!

今田美桜の回!ひかるの「逮捕しちゃうぞ」にメぐちゃん恍惚

メグちゃんこと目黒元気(磯村勇斗)がひかるちゃんこと毛利ひかる(今田美桜)を好きという予想は的中でしたね。

3年も風呂に入っていなさそうなホームレスに、抱きついて生存を喜ぶひかるちゃん。
いい子すぎて…あれ見たらメグちゃんが惚れるのも頷けます。

そして、犯人逮捕の活躍をして、「逮捕しちゃうぞ」とおどけるひかるちゃんを見て、恍惚の表情をする目黒元気が面白かった。

豪太は目黒元気の片思いに終わると予想していますが、目黒が毛利ひかりを振り向かせるハッピーエンドが見たいですね。

あと6話は、なんといっても兄弟が最高でした!

『ケイジとケンジ』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。彼らは江島と同じ高校の卒業生。

 さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。

 検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。真島修平(東出昌大)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれ…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/story/0007/