ドラマル

『ケイジとケンジ』5話のネタバレ感想!磯村勇斗の回!目黒元気は毛利ひかるを好き?

2020年2月13日に放送されたドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、酒に酔った源義和を暴行の容疑で、豪太と目黒が逮捕する!
しかし、源の弁護士・神田川博史から誤認逮捕の証拠となる防犯カメラ映像を見せられ…。

関連記事

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ』5話のあらすじネタバレ

居酒屋で酒を酌み交わす仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)。
出世欲の強い目黒は、出世するための心構えとして「ミスをしないこと」「冒険しないこと」「挑戦しないこと」が大事だと、豪太にとうとうと語ります。が、熱血漢の豪太は、それがどうにも理解できずにいました。

その帰り道、二人は酔っ払いの喧嘩に遭遇。
源義和(深水元基)というガラの悪い男が、サラリーマン風の男・向谷孝太郎(荒川浩平)を殴り飛ばしたのを目撃しました。そこで豪太たちは、巡回中だった警官・田口健介(湯江タケユキ)の協力も得て、源を現行犯逮捕。

豪太と目黒は、偶然の手柄に舞い上がります。
けれどそれも束の間、源の弁護士・神田川博史(堀井新太)がやってきたことで、浮かれ気分が打ち砕かれてしまいます。
神田川は目黒の中高の同級生。そして成績優秀だった神田川は、東大を卒業後、一流弁護士事務所へ。目黒は、そんなエリート街道まっしぐらの神田川に劣等感を抱いていました。
源の父親は資産家で、神田川の所属する弁護士事務所の大事なクライアント。そのため、やり手の神田川が遣わされたのでした。
神田川は、早くも事件現場の防犯カメラ映像を入手し、「誤認逮捕だ」と主張。たしかに映像を確認すると、最初に手を出したのは向谷のほうでした。
これに青ざめる豪太たち。
すぐさま、釈放手続きを進めます。がしかしそこへ、毛利ひかる(今田美桜)が、3年前の未解決傷害事件の似顔絵を持ってきました。それが源に酷似。

署長の大貫誠一郎(風間杜夫)経由で、検察支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に判断を仰ぐことに。
樫村は、源が3年前の事件の容疑者たり得たとしても、現行犯逮捕時の案件が「誤認」であるのならば、釈放すべしと命じます。
そこで豪太たちは、仕方なく源を釈放することに。
ただし、署の敷地を出たのを見計らって、3年前の傷害事件の重要参考人として、即、任意同行。その際、源が暴れたので、公務執行妨害で逮捕しました。
そんな強引なやり方をする警察に危機感を覚えた樫村は、真島修平(東出昌大)に、送検の前段階から捜査に加わるよう指示したのでした。

3年前の傷害事件の被害者は、伊勢谷徹(池岡亮介)。
伊勢谷は、バスケのプロ選手(Bリーグの選手)として活躍できると噂されていたほど、実力のある選手でした。
しかし、当時、バーでアルバイトをしていたところ、酔った源に2階から突き落とされ、脊髄損傷。下半身不随の後遺症を負ってしまいました。そのせいで夢は絶たれ、今は障害者バスケ選手として活動。
そんな伊勢谷のもとへ、話を聞きに来た豪太と修平と仲井戸みなみ(比嘉愛未)。
するとまた、神田川に先手を打たれ、既に示談交渉の話があったと聞かされます。
示談金は500万。
けれど伊勢谷は、犯人を許すことはできない、相応の罰を受けて欲しいと、示談には応じない姿勢を見せました。

伊勢谷の証言をもとに、源の送検に漕ぎつけた豪太たち。
目黒は、神田川に一矢報いることできたと、心の中でガッツポーズしました。

しかしいざ、送検された源を修平が取り調べすると、源は完全黙秘。
さらには、神田川が検察へと出向いてきて、目撃者の男・大村は伊勢谷から借金をしていたから証言に手心を加えたのだろうとか、リハビリしていた病院は詐欺の疑いをかけられており診断書の信ぴょう性に欠けるなど、何かと難癖をつけてきました。そして極めつけは、伊勢谷と示談成立したと告げました。

これについて伊勢谷に確認すると、たしかに示談を受け入れたという。
示談金は2000万。
神田川から、証言や証拠が弱いことから、おそらく執行猶予がついて実刑にはならないだろうと言われたとのこと。であれば、これからの生活を考えて、お金を受け取ることにしたという伊勢谷。

しかし、それでは納得のいかない豪太。
悪質極まりないことをしておきながら、全てを金で解決しようとする源や神田川の姿勢に憤ります。
そこで豪太は、目黒に「示談が成立したとしても、源の悪事をちゃんと立証して、検事に伝えようぜ」と声をかけ、詳細な犯行の実演動画を撮ることに。そこでいかに悪質行為だったかを実証します。
また、何かと血の気の多い源。おそらくトラブルの常習犯だろうと予想し、余罪を調べることに。すると案の定、いくつものトラブルが出てきて、そのせいで出禁となった飲み屋も多いことが判明。

これらの悪事を検察に上げ、そして豪太と修平たちは、再び伊勢谷のもとへ。
これだけの起訴材料があれば、きっと実刑にもっていくことができるから、示談はせず戦いましょう、と説得します。
そして、お金のことについても、別途、民事訴訟を起こせば、Bリーグで活躍を見込めた伊勢谷であれば、2000万以上、おそらく億単位の損害賠償を請求できるだろうと助言しました。

これにて、示談を取り下げた伊勢谷。
神田川は、実刑が濃厚となったことに加え、民事訴訟を食らうことになり、さらには伊勢谷側の弁護士が超有名な敏腕ベテラン弁護士(修平が司法修習生だったときの教官)だと知り、頭を抱えます。
そして源も、修平から「殺人未遂罪も適用できるほど悪質性のある行為。だから、傷害罪とはいえ、”それなりに”重い罰になる」と告げられ、青ざめたのでした。

その後、晴れ晴れとした気持ちで、伊勢谷の試合を観戦する豪太たち。
伊勢谷の攻めのプレーを見ながら、目黒に「守ってばっかじゃつまんねぇだろ。冒険しろ!挑戦しろ!」と発破をかける豪太。それに威勢よく「はい!」と答え、守りの姿勢を変えようと決意する目黒でした。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回は、権力や財力に守られた悪いヤツを正義の味方が懲らしめる、といった分かりやすい構図で、気持ちよくスカッとする展開でした。
示談が成立した後も、ちゃんと源の悪事を暴こうとした豪太と目黒の諦めない心と正義感の勝利ですね。カッコいい!

目黒のことを「メグちゃん」と呼ぶ豪太のネーミングセンスが、かわいらしい。二人の距離がぐっと近くなったかんじがします。
豪太の影響を受け、守りの姿勢を見直そうと決意したメグちゃん。その展開もアツかったですが、攻めの豪太と守りのメグちゃん、という互いを補い合える関係性も捨てがたいなあ、とも思いました。
ともあれ、今後もバディな豪太&メグちゃんの活躍に期待したいです!

そしてメグちゃん、もしかして毛利ひかる(今田美桜)に惹かれはじめてる…?
誤認逮捕の窮地を救ってくれたり、余罪調査で手伝ってくれたり、そんなひかるにキュンときている様子。でもひかるのほうは、まだとくに意識してないっぽいですが…。
メグちゃん&ひかるの関係性も、注目していきたいです。

磯村勇斗の回!目黒元気は毛利ひかるを好き?

元卓球のカットマン目黒元気(磯村勇斗)。
人生でスマッシュを打ったことがありませんでしたが、遂に守りから攻めに転じました。
吹っ切れた表情がカッコ良かったですよね。

そして、どうやら毛利ひかる(今田美桜)のことが好きなのかな?

次回、その毛利ひかるが合コンに参加し惨敗。「カットマン目黒」改め「スマッシュ目黒」が、落ち込むひかるに近づくか、楽しみですね。

でも、公式発表だと毛利ひかるは枯れ専が好み。
目黒はタイプじゃないかな?

『ケイジとケンジ』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。そんな中、コンビニで強盗事件が発生した! 逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。

 その直後、捜査は振り出しに! というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。捜査のやり直しを命じたのだ。再捜査の指令を受け、ひかると目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。そこには“捜査の矛先をガラリと変える驚愕の新事実”が、まざまざと提示されていたからだ!

 その事実に、修平はコンビニ強盗どころではない重大犯罪の匂いを嗅ぎ取り、鼻息を荒げるが…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/story/0006/