ドラマル

『ケイジとケンジ』4話のネタバレ感想!面白いとまさかの好評!ドラマを応援する声も続々

2020年2月6日に放送されたドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、横浜桜木署の刑事課に、テレビ番組の密着取材が入ることに!
そんな中、豪太は妹・みなみの元カレ・太郎丸の原動機付自転車が燃えた事件を担当し…。

関連記事

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ』4話のあらすじネタバレ

横浜桜木署の強行犯係にテレビ番組の密着取材が入ることに。
皆はカメラを意識して、張り切ります。
そんな中、放火の通報を受けた仲井戸豪太(桐谷健太)。

密着カメラを引き連れ、皆で放火現場へ向かいます。
しかし到着してみると、既に鎮火しており、しかも燃えたのは原付バイクの一部だけ。
あまりに些細な事件に拍子抜けしてしまった取材陣は撤収。多胡永吉(矢柴俊博)たちも、後処理を通報を受けた豪太に任せて帰ってしまいました。

貧乏くじを引いてしまったと嘆きながら、寒空の下、バイクの持ち主の帰宅を待つ豪太。
深夜に、持ち主の太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅します。
太郎丸に、犯人に心当たりはあるかと尋ねると、3週間前に別れた元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前が挙がりました。
貴理子とは、太郎丸のほうからからアプローチして付き合ったものの、その後、1日に何十通ものメールが届くなど束縛が酷く、結局2カ月付き合っただけで別れたとのこと。

その話を、自宅に帰って妹のみなみ(比嘉愛未)に話をする豪太。
みなみは、太郎丸直樹という名に驚きます。
太郎丸はみなみの元カレだったのです。しかも、話から計算すると、みなみと別れた後、僅か1週間で新しい彼女を作ったと判明。これに怒りを漲らせるみなみでした。

翌日、貴理子の取り調べをする豪太。
GPS情報や防犯カメラ、着火剤等の証拠を突きつけたところ、貴理子は素直に犯行を認めました。
その後、太郎丸とも話をする豪太。
貴理子を自分で口説いておきながら、すぐに捨てた不誠実さを詰ります。さらには、太郎丸が振った元カノ・みなみの兄であることも明かし、圧をかけたのでした。

その後、横浜地方検察庁に送検された貴理子。
みなみに同棲していた元カレがいたことにショックを受けていた真島修平(東出昌大)は、この案件だけは担当したくないと願っていましたが、あえなく、支部長の樫村武男(柳葉敏郎)に任命されてしまいます。
ただ、みなみに関しては「事件当事者と個人的な関係を持つ者は捜査に関わってはならない」という原則があるため、外されることに。この件の立会事務官は、持丸栄(峯村リエ)検事の事務官・亀ヶ谷徹(西村元貴)がつくことになりました。

修平の取り調べでも、素直に犯行を認める貴理子。
ただ、計画的犯行については否定。あくまでも衝動的だったと強調します。
貴理子は終始、反省を示す殊勝な態度をみせました。
しかし、取り調べ後の貴理子は、怒りを抑えているような目が血走った表情をみせ、廊下ですれ違ったみなみは恐怖を覚えたのでした。

次に、被害者である太郎丸から事情聴取する修平。
修平もやはり私情を挟んでしまい、つい悪意剥き出しの口調に。
器物損壊罪で被疑者を処罰したい場合は、告訴が必要になる。告訴するかと尋ねました。
太郎丸は「告訴します」と即答。
というのも、今回の放火だけでなく、貴理子には他にも危険行為があったというのです。
別れを切り出した日、貴理子のマンションから出た時に、5階の自室ベランダから植木鉢を落とされたとのこと。
幸い、体に当たらなかったため事なきを得ましたが、もしこれが故意であれば、殺人未遂にもなり得る凶悪性があるため、貴理子について調査するよう豪太に依頼しました。

その頃、目黒元気(磯村勇斗)や毛利ひかる(今田美桜)らは、悪質なあおり運転の検挙に取り組み、テレビ取材も、今世間を騒がせている問題だからと、そちらに張り付きっぱなしでした。
豪太のバイク放火事件には見向きもしません。
そんな孤軍奮闘する中、貴理子の通話履歴から、ホストクラブの聞き込みへ。
貴理子はホストクラブの常連で、女友達は誰一人いないという。ホストの間では「ヤバイ女」と噂されており、去年の夏頃、貴理子が「7階のベランダから植木鉢を落としてやった」と武勇伝のように語っていたという証言を得ました。

その被害を受けた男性・林原俊也にも話を聞いてみることに。
林原も、貴理子に別れを切り出した日に植木鉢を落とされ、右肩に重傷を負ってしまったという。しかし、被害届は出さなかった林原。なぜなら林原は妻帯者で、浮気がバレるのを恐れ、事件にはしたくなかったのです。

豪太から一連の報告を受け、度重なる悪質行為は殺人未遂に相当するのではないかと、樫村に相談する修平。
しかし樫村は、植木鉢投下については目撃者や物証がないことから、バイクに火を付けたことのみを客観的に判断せよと助言。つまりは、嫌がらせ目的の器物損壊罪とするか、火災になることを認識した上で火を付けた放火罪にするかに焦点を絞れと。

一方、豪太もこの事件の理想的な着地点について考えていました。
そこで、修平を自宅に呼んで話をすることに。
豪太は「貴理子は男に弄ばれたのが原因で凶行に及んだ」と同調的な論調で、修平は同情の余地なしの論調。
お互い真逆の主張で、議論は平行線のまま。そんな中、帰宅したみなみも入れて話をすることに。
そうして至った結論は「一番大事なのは、どんな罰にするのかではなく、再犯の防止」。

そこで修平は、貴理子へ起訴内容を告げる際、3人で話し合った再犯防止のアドバイスを伝えました。
「建造物放火未遂罪で起訴します。放火は殺人に近い重い罪です。二度と同じ過ちを繰り返さないでほしい。そのためにも、本音や愚痴を言い合える女友達を作るのはどうでしょう?そういう友だちがいれば、きっと上手くガス抜きができて、正気を失いそうになっても引き止めてくれるはず。そして、メールや電話もほどほどに。植木鉢も、もう部屋には置かないほうがいい」と。
この助言を真摯に受け止めた貴理子は、涙を零しながら謝罪の言葉を口にして、植木鉢を投げたことも認めたのでした。
しかし、罪状は殺人未遂ではなく、建造物放火未遂罪のままとしました。

事件解決後、密着取材の放送を、飲み屋で鑑賞する強行犯一同。
皆、テレビに映る自分に沸き立ち、豪太だけがつまらなそうに酒を煽ります。
けれど、意外に出番が少なかったことに意気消沈する多胡たち。ベテランの桂二郎(菅原大吉)に至っては全く写っておらず項垂れます。
そんな中、番組の最後に、華々しく決め台詞を放った署長の大貫誠一郎(風間杜夫)。結局、署長に全部美味しいところを持っていかれたと、茫然とする一同でした。

スポンサーリンク

『ケイジとケンジ』4話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

テレビ密着でついカメラを意識しちゃう強行犯係の面々。現実世界でこんなことしたら、視聴者から「不謹慎だー!」と大クレームがきそうですし、そんな刑事はいないと思いますが、コントとして面白かったです。
みんなお茶目さん。その愛嬌が、このドラマの魅力のひとつでもありますね。

みなみの元カレがチャラ男だったことに、ちょっとびっくり。
別れて一週間ですぐ彼女を作ったのには「オイオイ」と思ったけど、元カノ・みなみに再会しても何の悪びれもなく、サラっと食事に誘うその図太さ(よく言えばおおらかさ)が、逆に清々しかったです。付き合ったら楽しそう。結婚したら苦労しそうですが…。

貴理子が凶行に及んだのには、気軽にひっかけた男や、不倫した男にも原因があると主張した豪太。
その台詞の裏に、つい他意を勘繰ってしまい、どんな気持ちでこれを演じているのだろうかと、息を飲む場面が何度か。
そんな緊張感も味わえるこのドラマは、やっぱりおもしろい!

次回は、磯村勇斗さん演じる目黒元気に関するエピソードのようで。
豪太とのバディな関係が描かれるんでしょうか!楽しみです。

面白いとまさかの好評!ドラマを応援する声も続々

話題は東出昌大さんの私情ネタのオンパレードに殺到していますが、他にも面白さが『ケイジとケンジ』には一杯。
そのため、視聴を止めらない…?

せ出演者が豪華で、完全にシリーズ化も考えている(いた?)布陣。
出演する老若男女キャストがそれぞれいい味を出し、絶妙のハーモニーを醸すドラマです。

4話では、目黒元気(磯村勇斗)の動きが個人的にはツボでした。
ドラマに連投で出演している磯村勇斗さん。どんどん磨きがかかっていて、『ケイジとケンジ』の4話では、また違う一面・魅力を見れた気がします。
打ち切るぐらいなら、目黒元気(磯村勇斗)出番を増やして、『ケイジとケイジ』にして欲しいですね。

『ケイジとケンジ』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。“出世第一の人生プラン”を掲げる目黒は、とうとうと“守りの姿勢”の大切さを語り始める。すると突然、外から怒号が聞こえてきた。酒に酔った源義和(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。

 だが、その先に待っていたのはまさかの展開。源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。

 ところがそこへ、桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)が源にそっくりな似顔絵を探し出してきた! 実はこれ、3年前に傷害事件を起こし、未だ捕まっていない犯人の似顔絵だという。大逆転のチャンスを得た豪太らは、源をいったん釈放した直後に、3年前の傷害事件で再度引っ張ることに。だが、横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は張り切る警察の暴走を危惧。部下の検事・真島修平(東出昌大)に、送検の前段階から捜査に加わるよう指示する。一方、神田川は先手を打ち、同事件の被害者・伊勢谷徹(池岡亮介)と示談交渉を進め…!?

 ことあるごとに神田川にやり込められ、思うように捜査を進められない警察と検察。そんな不甲斐ない状況の中、豪太が放った“ある言葉”が目黒の胸に響き…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/story/0005/