ドラマル

『刑事7人 シーズン5』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『刑事7人 シーズン5』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

東山紀之さん主演の連続ドラマ『刑事7人 シーズン5』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『刑事7人 シーズン5』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「テレ朝動画」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』の基本情報

概要(見どころ)

『刑事7人』は、過去にもシリーズが放送されていて、今期でシーズン5となる人気のドラマ。
テレビ朝日系放送の刑事ものドラマは緊急取調室、相棒など人気作も多いですが、このドラマもそのうちの一つです。
東山紀之演じる主人公・天樹悠が所属する警視庁の専従捜査班メンバーが、超凶悪犯罪解決に挑む物語。メンバーもシリーズがすすむごとに結束して円熟味が増しているので、チームワークの良さが感じられる良いドラマです。

キャスト一覧

  • 天樹 悠(あまぎ・ゆう):東山 紀之
    警視庁刑事部・刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班刑事
  • 海老沢 芳樹(えびさわ・よしき):田辺 誠一
    警視庁刑事部・専従捜査班主任刑事
  • 水田 環(みずた・たまき):倉科 カナ
    警視庁刑事部・専従捜査班刑事
  • 野々村 拓海(ののむら・たくみ):白洲 迅
    警視庁刑事部・刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班新人刑事
  • 青山 新(あおやま・あらた):塚本 高史
    警視庁刑事部・専従捜査班刑事
  • 片桐正敏(かたぎり・まさとし):吉田鋼太郎
    警視庁刑事部・刑事総務課刑事資料係長 兼 専従捜査班長
  • 堂本 俊太郎(どうもと・しゅんたろう):北大路 欣也
    東都大学医学部法医学教授・天樹の義父

1話ゲスト

  • 山下巧:片岡愛之助
    東京拘置所に収監中、サイバーセキュリティのスペシャリスト
  • 渡辺郁夫:小松和重
    3年前のホステス(佐藤穂乃花)殺人事件の担当検事
  • 本郷健一:賀集利樹
    元弁護士、現在国会議員
  • 加賀皐月:田中美晴
    3年前に冤罪を訴え獄中自殺した
  • 加賀昭一:勝野洋
    皐月の父
    加賀美枝子:岡まゆみ
    皐月の母
  • 笠松望:三浦誠己
    皐月の婚約者
  • 大貫敦:金橋良樹
    七蔵警察署の刑事部長
  • 間宮静香:平塚千瑛
    大貫の愛人とされるクラブ経営者
  • 千葉の女性の水死体・川北真琴
  • タクシー運転手・三島保
  • 保の妻・三島理恵

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 監 督:兼﨑涼介、及川拓郎、星野和成、長谷川康、安養寺工
  • 脚本:吉本昌弘、吉原れい、池谷雅夫、谷口純一郎、徳永富彦、及川拓郎
  • 音楽:奈良悠樹
  • 主題歌:-
  • エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
  • ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:山川秀樹(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映)
  • 制作:テレビ朝日、東映

各話の視聴率

『刑事7人 シーズン5』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話7月10日13.2%
2話7月17日
3話7月24日
4話7月31日
5話8月7日
6話8月14日
7話8月21日
8話8月28日
9話9月4日
10話・最終回9月11日

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』の最終回ネタバレ(予想)

『刑事7人』は、専従捜査班のメンバーが結束して、難解な事件に挑んでいくというストーリー自体は今までと同じだと思いますが、シーズン5では、社会情勢や複雑化する犯罪事情がタイムリーに反映され見ごたえのある骨太なドラマになるでしょう。

メンバーも経験を積んで、前作より成長している姿を見ることができると思うので、親近感のようなものを感じられるかもしれません。

基本的には1話完結型のドラマですが、1話ごとに伏線のようなものが仕込まれていて、最終的には警察幹部の失態を暴いていくような展開につながっていく、というか、専従捜査班がそこに誘導されていくような形を迎える。冷静な観察眼からそのことを途中で察する天樹が、じわりじわりと核心に迫っていく展開を予想します。

そして、専従捜査班の存在意義がより強固なものになり、シーズン6や映画化につながり完結を迎えるのではないかと予想します。

意外に専従捜査班の中に昔の高嶋政伸のように裏切り者が一人くらい潜んでいても面白いなと思いますが、今後も続いていくことを考えると、もしそうであったとしてもそのことが明るみになるのはこのシーズン5ではない気がします。
いずれにしても、テレ朝の刑事ドラマは満足度が高い作品が多いので、良い意味で期待を裏切る結末を迎えるでしょう。

『刑事7人 シーズン5』各話のあらすじ

2019年7月10日からテレビ朝日系にて放送開始された東山紀之さん主演の連続ドラマ『刑事7人 シーズン5』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

 2019年夏、複雑化・高度化する超凶悪犯罪と難解な未解決事件に特化し、早期解決を目指す、警視庁独自の部署として「専従捜査班」が正式に発足した。
その「専従捜査班」が結成されて間もない金曜日――。ある貸し倉庫で、所轄署の刑事・大貫 敦の遺体が発見された。臨場した天樹 悠(東山紀之)らが目にした大貫の遺体は、白目をむき、大きく開かれた口いっぱいに金ぱくを詰め込まれていた。さらに、現場の窓には、同じ金ぱくで書いた『オマエタチ ハ ムリョク』という、警察に挑戦するかのようなメッセージが残されていた。
「専従捜査班」の一員でもある法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が解剖した結果、死因は、生きたまま口に金ぱくを詰め込まれたことによる窒息死ということがわかる。極めて残忍な手口であることから、天樹らは、まず怨恨の線で捜査を進めることに…。
水田 環(倉科カナ)の捜査で、被害者の大貫は、強引な取り調べや女癖の悪さ、暴力団とのズブズブの関係で監察にも目を付けられていたことが判明。天樹は、大貫が担当した過去の事件を調べ始める。
翌日の土曜日――。大貫の愛人だったと思われるクラブの経営者・間宮静香のマンションへ聞き込みに行った海老沢芳樹(田辺誠一)と青山 新(塚本高史)は、ベランダで頭部に巨大な植木鉢をかぶせられた女性の遺体を発見する。青山が植木鉢をどけると、土が遺体になだれ落ち、植木鉢の裏側には『ハヤク キヅケ』と書かれたメモが貼られていた…。
「専従捜査班」の新人・野々村拓海(白洲 迅)は、“金曜日に金ぱく”、“土曜日には土”と、曜日になぞらえた殺人なのではないかと言うが、班長の片桐正敏(吉田鋼太郎)は一蹴する。
しかし、拓海の発言が引っかかった天樹は、ひとりで外出する。そして、警視庁の管轄外で、水曜日に女性の水死体、木曜日に樹木に体を貫かれたタクシー運転手の遺体が発見されていたことをつき止める。
水・木・金・土――、これが本当に曜日になぞらえた連続殺人事件だとすれば、さらに事件は続くのか…!? これ以上被害者を増やすわけにはいかないと、天樹ら「専従捜査班」の面々は、タイムリミットが迫る“日曜日の殺人”を未然に防ぐため、奔走する!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/#/?category=drama

第1話では「ミラー・ツインズ」の白石里美役を演じた倉科カナさんが見どころです。可愛さを一切押し殺して、淡々と刑事役に溶け込んでいるのが良いと思いました。

関連記事

『刑事7人 シーズン5』1話のネタバレ感想!S女・環(倉科カナ)様が美しすぎる!

2話のあらすじネタバレ

『刑事7人 シーズン5』2話のあらすじネタバレは、2019年7月17日(水)21:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。