ドラマル

『刑事7人 シーズン5』10話(最終回)のネタバレ感想!フロッピーディスクって何?沙村がいいとこどり!

2019年9月18日に放送されたドラマ『刑事7人 シーズン5』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

いよいよ最終回、かつての仲間・沙村が敵に?さらに、天樹に魔の手が忍び寄る!
17年前に転落死した環の父と被害者にはどんな関係があるのか…。

関連記事

『刑事7人 シーズン5』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『刑事7人 シーズン5』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』最終回のあらすじネタバレ

廃工場で腹部に複数の刺し傷がある男性の遺体が発見されます。被害者は岡崎誠(井上康)で、その手には数字が並ぶ紙片が握られていました。――専従捜査班の天樹悠(東山紀之)と海老沢芳樹(田辺誠一)が臨場。青山新(塚本高史)が先着していて詳細を報告。天樹は、岡崎のポケットから「外交官/水田純平(河相我聞)」の名刺を見付けます。これは、水田環(倉科カナ)の亡くなった父親の名刺です。

合同捜査会議。――捜査一課幹部の登場に天樹らは衝撃を受けます。かつての仲間、沙村康介(高嶋政宏)が捜査一課の管理官という立場で捜査の指揮をとることになります。そして、彼は、専従捜査班を捜査から外すと言い出します。
独断専行の単独行動が多い専従捜査班のメンバーは、組織捜査を阻害するものとして外されます。専従捜査班長・片桐正敏(吉田鋼太郎)の反発は一蹴されます。

環を飲み屋に誘って話をする天樹。――16年前、赴任先のインドネシアから帰国した純平は、その帰国当日に千葉の港倉庫屋上から転落死しています。実家に残る父の写真には、岡崎と一緒の集合写真があることを天樹に伝える環。岡崎の前職はインドネシアで会社経営のコーディネーター。この写真には、他に二人の人物が写っていました。佐伯健吾と沖野恵子です。

青山新(塚本高史)が、外交官から「あさがお学園」と称するフリースクール校長に転身している佐伯健吾に聞き込みをします。彼は、かつて、環の父の部下だった人物。岡崎とは現地インドネシアで知り合っています。

主任の海老沢芳樹(田辺誠一)と野々村拓海(白洲迅)は、スナック経営者の沖野恵子に聞き込みです。岡崎は店の常連客とのこと。――片桐正敏(吉田鋼太郎)のツテから、16年前、岡崎の口座に10億円の入金があったことが確認され、それが沖野恵子にも流れています。恵子を引っ張り、事情聴取。恵子は、水田純平から岡崎が横流しを受けていたと証言。

天樹が、歩道橋で脇腹を刺され倒れます。薄れゆく意識の中で、天樹は、刺した犯人が佐伯健吾であることを確認します。で、病院に収容されますが、意識回復すると、腹部から血が滲むのを無視して病院を抜け出します。

恵子の店から岡崎刺殺の際に使われた凶器のナイフが見付かります。で、このナイフには、天樹の血痕も付着していました。佐伯が罪を恵子に擦り付ける為に凶器を店に運んでいました。

環が純平の元上司・外務審議官の山口敏也(橋本じゅん)から話を聞きます。四日前、「16年前の外交機密費に不正流用の疑いあり」という怪文書が届いていたと明かされます。こちらからも、純平が外交機密費を横領して、岡崎に流していたのではないのかという疑惑が再燃します。たまらず、環は片桐に辞表を提出します。

「今から帰る。プレゼントのぬいぐるみは届いたか?」と死の直前、純平は妻に電話していました。その話を思い出した天樹が水田家のぬいぐるみの中からフロッピーディスクを取り出します。フロッピーには、口座履歴(外交報酬費出納履歴=機密費)が納められています。外務審議官の山口敏也が機密費データを改竄していました。

真相。――岡崎殺しは佐伯健吾。犯行時刻、佐伯は恵子を待ち合わせ場所に呼び出していて、彼女のアリバイを無くすよう画策。恵子が佐伯に惚れていて、それを佐伯は利用していたことになります。

岡崎の殺人容疑で沖野恵子送検、捜査二課に引き継がれることになる水田純平を主犯とする機密費横領は時効と、捜査一課長が捜査会議で結論付けます。そこに片桐が天樹を伴って登場します。専従捜査班より重大な報告ありと片桐が言い、それを一課長が遮ると、沙村が「天樹、続けろ」と言います。

青山と拓海による佐伯の取り調べ。――ことの発端は、佐伯が山口敏也と結託して巨額な機密費を横領しようと画策。金は、佐伯から岡崎、そして恵子に流れました。横流しされた金で、フリースクールやスナック経営が開始されています。その証拠は、山口のIDで作成された機密費の改竄データ。それが純平の残したフロッピーにありました。

既に山口は専従捜査班が拘束連行し、環が取り調べを開始しています。――「私が純平を殺した」、「岡崎の殺害は佐伯にやらせた」という供述を得ています。

今回の事件のキッカケは、岡崎の金が尽きたから。岡崎は、金を引き出そうとして佐伯を脅迫する一方で、外務省に「怪文書」を送りました。その結果、山口の指示を受けて、佐伯は岡崎を刺殺することになります。その際、水田純平の名刺と出納帳の切れ端を現場に残しました。全て、純平に濡れ衣を着せる為です。
港倉庫での純平の落下は、まず、背後から佐伯が鉄パイプで殴打。意識を失わせてから、山口と佐伯の二人が純平を倉庫の屋上から突き落としていました。――山口の理屈では、金が一番なのです。政策でも人柄でもなく、金が信用の尺度。それは万国共通。だから、親友を裏切ってでも、自由にバラ撒ける金を掴むことが大事。

皆が集合している捜査会議室に入る環。海老沢、青山、拓海が背後に控えます。環が、山口敏也が自供しましたと沙村に報告。――沙村は最初から、専従捜査班と佐伯たちを泳がせることで、真相解明を求めていました。沙村が、警視庁も浄化作用が働き、そろそろ変革期を迎えていると言います。
それを聞き終えてから、天樹が脇腹の出血を抑えて崩れ落ちます。沙村が天樹に駆け寄ります。拓海にキーを渡し、「車を回せ、俺が病院まで運ぶ」と沙村が言います。天樹が沙村と青山に抱えられて退出した後、片桐が、環に辞表を返します。それを破る環。

父・純平の墓参りをする環。その墓からは海が近いのか、そのまま海水浴に行く感じのいでたちの専従捜査班の面々と法医学者・堂本が環を呼びます。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』最終回のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

組織捜査を掲げて個人プレーを排する捜査一課の沙村管理官が専従捜査班を事件捜査から外します。そうすることで、専従捜査班のみならず、実行犯の佐伯を泳がせて、結局、佐伯が天樹の脇腹を刺し、それで事態が一気に急展開して行きます。

組織捜査の結果、岡崎の殺害は沖野恵子。そして、水田純平を主犯とする機密費横領は時効案件。そういう組織捜査で導かれた結論が、専従捜査班の調べで覆ります。
佐伯健吾と山口敏也が浮かび上がり、彼らの自供に至ります。
個を殺して組織捜査に徹するという建前ではありますが、やはり、個の力の有効性が証明されたことになるのでしょうかね。

フロッピーディスクって何?沙村がいいとこどり!

16年前に環の父・純平(河相我聞)が残したフロッピーディスクが真相を知る鍵でした。フロッピーディスクの登場に、懐かしさを感じたのは、『刑事7人』視聴者世代ならば、わたしだけではないでしょう…たぶん 笑。

熊のぬいぐるみの中に隠されていたフロッピーディスクを、病院を抜け出してまで取り出す天城。専従班の誰かに頼めばいいのに…とちょっと思っちゃいましたが、カッコ良かったですよね。

そしてラスト、一番いいところを沙村(髙嶋政宏)が持っていった。倒れた天城に駆け寄り肩をかす姿とか「ずるいな~」っと思っちゃいました。
ていうか、近くに人いたのに、かなり遠くから沙村が駆け寄ってきた!

まとめ

毎話いい緊張感で楽しめた『刑事7人』ですが、特に最終回は、各メンバー全員に見せ場があり、非常に面白かったです。

沙村の悪い人風なのは絶対にひっくり返ると予測できましたが、1時間の間に全メンバーの魅力を引き出してくれた脚本・演出に感激しました。

倉科カナさんはカッコ可愛いし、東山さんはやっぱりカッコいい!
でも、今後は拓海(白洲迅)にも注目ですね。
東山さんのような渋さはまだないけど、今シーズンは、さまざまな場面で、拓海の成長やカッコいい姿が見られました。続編での更なる活躍が楽しみです。