ドラマル

『刑事7人 シーズン5』6話のネタバレ感想!環ちゃん回!水田環刑事の過去が明らかに!

2019年8月21日に放送されたドラマ『刑事7人 シーズン5』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、10年前、専従捜査班の水田環が関わった事件の加害者が遺体として発見される!
環は天樹らとともに、警察人生初めての黒星をつけた事件の真相を解明できるのか?

関連記事

『刑事7人 シーズン5』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『刑事7人 シーズン5』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』6話のあらすじネタバレ

雷鳴轟く豪雨の中、不自然に膝をきちんと折り、そして胸を抱えて横たわる男の遺体が発見されます。専従捜査班の水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)が臨場。環は、遺体を見て驚きます。遺体の人物は、環が新任警察官になって始めて遭遇した事故加害者、和田幸雄(加藤虎ノ介)でした。
この今はフリーライターを職業としている男のことは、班長の片桐正敏(吉田鋼太郎)も知っていました。片桐は、警視庁の番記者だった頃の和田を知っていました。和田は、この事故後、帝都新聞を退職しフリーになっています。

10年前、足の不自由な娘の瞳を車椅子に乗せて、それを押していた竹沢茜(とよた真帆)が、大森坂交差点に走り込んだ和田と激突します。茜と和田が転倒。茜の手を離れた車椅子が坂下に進み、瞳を乗せたまま横転します。頭部打撲した瞳は遷延性(せんえんせい)意識障害を発症します。意思伝達装置を使っても会話が出来ません。

当時、所轄署の地域課に配属されたばかりの環は初めての事故現場に立ち尽くし、上司の大田黒敬一(菅原大吉)に叱責されます。そして、車椅子から落ちて負傷した瞳の乗る救急車に同乗、そのまま病院まで付添うよう命じられます。それ以来、環は太田黒のシゴキに耐えられず異動願いを提出。そんな環の新人時代の話に驚く専従捜査班の天樹悠(東山紀之)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)。

東都大学医学部法医学教授、堂本俊太郎(北大路欣也)によると、和田の死因は鈍器殴打による脳挫傷。別の場所で殺され、その後、バツグに入れられて現場に運ばれたのだろうと推察されます。爪の中には、血痕が付着した畳のイグサ。

天樹と拓海は、和田が仕事していた週刊誌編集部に聞き込みです。週刊誌の副編集長の八重樫慎吾(坂東彦三郎)によりますと、和田は、スクープを連発して来たエース的存在。ただし、金に汚い男だったと証言します。

天樹と拓海は和田の部屋からUSBメモリー発見。10年前の衝突事故についての取材メモのほか、信号機誤作動についての取材結果が残されています。交換義務があるにも関わらず放置されている信号機が多いようです。和田は自分の過失もさることながら、信号機の誤作動が原因ではないかと調べていました。こうなると、信号機の誤作動が明るみに出ないよう口封じの殺害の可能性が浮上します。――大森坂交差点事故の翌日、信号機の交換工事(新安電気)が実施されています。そして、200万円が太田黒に振り込まれています。で、その3ヶ月後には、太田黒は新安電気に転職しています。太田黒を取り調べる環と青山。亡くなった先代社長とは生前懇意にしていたのだと太田黒は言います。

天樹と拓海が茜のアパートを訪ねると、そこで、池松亮が部屋から出て来るところに遭遇します。彼は、10年前の交通事故時、大森坂交差点近くの道路工事現場の交通誘導員だった男です。この男の話は後で聞くことにして、まず、茜に詳しい話を聞きます。――10年前、交通事故の10日前に飛び降り自殺している茜の夫の竹沢繁之。彼は公務員で常に遅い時間の帰宅。茜は、落下音がして飛び起きて、ベランダ下を見たら夫が死んでいたのだと言います。警察では、過度のストレスが原因の自殺と断定。その直後、今度は、娘の瞳が、坂道で車椅子事故を起こすことになります。瞳の車椅子生活は、瞳が3歳の時、公園で遊んでいて遊具から落下、それで頸椎損傷したからです。瞳を大怪我させて以来、夫の妻に対するDVが始まりました。

太田黒を取調室に引っ張る環。――太田黒の部屋の中から、和田の所持品が見つかります。ピッキングで和田の部屋から持ち出した信号機に関わる資料です。証拠を突き付けられた太田黒は観念します。前社長を金銭目的で脅したことを認めます。が、和田殺しはしていないと言い張ります。その後、和田の「瞳の看護日記」をゴミ袋の中から回収。これも、和田の部屋から太田黒が盗み出していたもの。

和田の死後、茜は、生活援助そのものが途絶えることになり、瞳を自宅看護に切り替えます。天樹と環は、それを知り、病院から茜の部屋に向かいます。茜に、池松から聞き取った話を伝えます。

あの日、工事現場の誘導員、池松は、仕事をサボり会社の車の中でタバコを吸っていました。その横を車椅子の竹沢親子(茜と瞳)が歩いて来ました。池松は、その時の母子の会話を覚えていました。「ママは何でパパを殺しちゃったの」という言葉が耳に入り、そして、それをネタに、後日、池松は茜に男女関係を迫っていました。で、部屋に入り浸っていたことになります。
いずれにせよ、娘にそう言われた茜は、その直後、坂上で瞳を乗せた車椅子から手を離しました。和田とぶつかって車椅子から手が離れたのではなく、車椅子を離してから和田とぶつかったことになります。

ママがパパを殺した。――激しい暴行を茜に加えた後、背を向けて、ベランダでタバコを吸っていた夫を茜は突き落としました。瞳は、しっかりとそれを見ていました。瞳の意識回復で、茜の夫殺しを知った和田は、急遽、茜の部屋を訪ね、茜に自首を求めました。瞳が発した「ママがパパを殺した」というパソコン上に現れた文の画像を示して、自首を促しました。その時、茜は、和田に見逃してくれと懇願します。が、それを受け入れずに、ちゃんと罪を償うべきと言う和田の後頭部を花瓶で殴った茜。畳を掻きむしって苦しむ和田。その時、爪の間にイグサが入り込みました。和田を殺害後、茜は遺体をキャリーバッグに入れて外に運び出しました。

見逃して欲しい、私がいないと娘が生きていけないと茜が天樹に言いますが、「ママ、もういいよ、止めて」と瞳が小さく呟きます。

居酒屋で打ち上げをする天樹、環、青山、拓海、片桐。皆よりハイペースで、「生ビール」をおかわりする環がいます。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

足の不自由な娘を車椅子に乗せていて、それで、交差点信号機から坂下に向かって手を離す母親というのが、ちょっと、不自然でした。娘は当然、母と男(和田)がぶつかる前に、車椅子が坂下に向かって動き出していたのを知っているはずですから、これはもう、母による娘殺しを察知するはず。更には、その直前に、「ママは何でパパを殺しちゃったの?」と言った娘の言葉も不自然。父親に繰り返し暴力を振るわれている母親を見ているのだから、その理由が分からないはずがありません。

このあたりの設定は、分かり易く、単純に、坂上で車椅子から手を離されたことで、母親が自分を殺そうとしているのを知った娘が、生きる為に「意識障害」を装っていたということで良いと思いました。意思疎通が不能状態ということにしておけば、「何でパパを殺しちゃったの?」と娘に言われずに済みます。それで、自身が警察に捕まらずに済みます。娘としても、命の継続が保証されます。――でも、それではうまいドラマに仕上がりませんので、こういうのは、もう仕方ないのでしょうかね。

環ちゃん回!水田環刑事の過去が明らかに!

専従捜査班の紅一点・水田環の過去が明らかになる回でした。

かなり感情的になる環さま。ビールの飲みっぷりといい、環様のカッコいい姿をたくさん見れた回でしたね。

「近所で美人警察官で通ってた」という環さん。視聴者は皆納得したことでしょう。

『刑事7人 シーズン5』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『刑事7人 シーズン5』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 東京郊外の廃倉庫で、ナイフで首をえぐられた男の遺体が見つかり、専従捜査班が捜査を開始する。現場には争った形跡がなく、カバンの中に入った500万円ほどの札束も手付かずで残っていた。さらに、凶器と考えられるナイフには指紋がなく、現場に足跡も残っていなかったため、金目当てではなく、怨恨の線が濃厚だと思われたが…。
 解剖を終えた東都大学の法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、死後硬直と直腸温度から割り出した死亡推定時刻に、普通では考えられないほど大幅な開きがあるため、「仏さんは二度死んでいる」と宣言。天樹悠(東山紀之)らは、その奇妙な結果に衝撃を受ける――。
 そんな中、海老沢芳樹(田辺誠一)の調べによると、被害者の松永修一(生島翔)は、共同経営者の尾中勝也(阿部亮平)と経営上の問題で激しく対立していたという。さらに、松永の妻・真由美(片山萌美)が、以前の交際相手・春日正人(細山田隆人)からのストーカー被害に悩んでいたこともわかる。
 会社で対立していた共同経営者と妻のストーカー。わかりやすい容疑者の存在が明らかになり、死亡推定時刻の謎が残ってはいるものの、この事件は案外早く解決するかもしれないと専従捜査班のメンバーは期待するが、容疑者二人の名前に覚えのある気がした天樹は過去の資料を調べ始める。
 そしてついに、被害者の松永、共同経営者の尾中、真由美のストーカー・春日…この3人が知り合いだったことをつき止める。3人は10年前の同じ時期にオーストラリアに留学していたのだ。しかも、この3人と当時シドニー郊外で起きた未解決殺人事件の被害者・金田健介(伊東潤)にも接点があることが判明! そのうえ、被害者の健介が、堂本の親友で元生物学者・金田健太郎(清水?治)の孫だということもわかる。
 一方、天樹が現地の警察から取り寄せた当時の事件資料を目にした野々村拓海(白洲迅)は、健介とお揃いのペンダントをつけた女性・谷沢果鈴(黒川智花)の存在に気づく。
 今回の事件と10年前の事件、その関係者が交錯し始め、事態はますます混迷を極める…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/story/0007/