ドラマル

『刑事7人 シーズン5』3話のネタバレ感想!天樹の寝そべる姿にアンフェア・雪平を想起!

2019年7月31日に放送されたドラマ『刑事7人 シーズン5』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、天樹悠ら専従捜査班がこつ然と消えた血まみれの死体の真相を追う!
事件のカギを握るのは4年前の女性失踪事件…。

関連記事

『刑事7人 シーズン5』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『刑事7人 シーズン5』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』3話のあらすじネタバレ

飲食店経営者の神崎裕一(浜田学)の自宅が犯行現場。第一発見者が裕一の妻の美穂(瀬戸カトリーヌ)。しかし、血まみれの女性の死体があるという通報を受けた所轄警官が現場に急行した時、死体は消えています。血痕とスーツケースの車輪跡のみがあります。それでも、背中を刺されて死んでいたのは間違いなく夫の愛人の森円香だと、妻の美穂は断言します。法医学教授の堂本俊太郎(北大路欣也)の鑑定でも、裕一が提供した円香の毛髪と現場の血痕のDNAが一致します。また、血痕量からして円香が生存している可能性はゼロだと、当初、堂本は言います。

専従捜査班長の片桐正敏(吉田鋼太郎)の指示の下、天樹悠(東山紀之)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、野々村拓海(白洲迅)ら専従捜査班が臨場した時には防犯カメラは破壊されていて、そして、指紋も拭き取られています。環と青山が夫の裕一に話を聞きます。――夫婦は別居中で、現場となった家にはどちらも住んでいませんが、ここで、神崎夫婦は円香を交えた3人で、慰謝料、財産分与など、離婚に向けての話し合いが行われる予定だったということです。天樹は、裕一の部屋から花柄ハンカチを発見し、これを鑑識に回しますと、そこに付着していたDNAは、4年前の未解決事件の被害者・山下栞(咲坂実杏)のものと一致します。4年前、忽然と姿を消した栞の自宅アパートからも、多量の血痕とスーツケースを引いた跡が見つかっていました。

環と青山は、改めて、開店準備中の裕一に聞き込みです。裕一は山下栞を知らないと言いますが、青山が包丁1本が無くなっているのを発見して、即、任意同行を求め拘束します。栞の父・山下崇(筒井巧)と母、山下早苗(星ようこ)への聞き込みは、天樹と拓海です。両親ともに、被疑者の裕一とは面識が無い様子です。で、そのまま、天樹と拓海は、4年前の事件直前に、栞を目撃していたスナック経営者、田宮映子(櫻井淳子)を訪ねます。映子は、事件当時、栞と男が言い争っているのを目撃しています。

さて、今回の事件現場から走り去った白い車は目撃されていて、その車で運んだスーツケースを投げ捨てたとみられる池が特定されます。池からは、裕一の店にあったものと同様の包丁(裕一の指紋あり)が発見されますが、遺体はあがりません。

その後、なんと、被害者の森円香は偽名で、この世には、そういう女性が存在しないことが判明します。つまり、円香を名乗る女性は、身分を創作料理家と偽って裕一に近付いたことになります。また、現場に残された血痕は一時(いっとき)のものではなく、5度に分けられたものであることが分かります。5度に分けて採取した血液をパック詰めにして、現場に運び入れ、そして散布したことになります。円香を名乗っていた女性は、生きている可能性があるわけです。

環と青山は、4年前、栞が通っていた料理教室を訪ねます。本場でのフランス料理店のシェフを経験して教室を始めていたのが中原由莉(池津祥子)。月謝20万円という高額教室ですが、ここで料理の腕を磨き良い人と出会えるのなら安いものというのが、由莉の言い分。ここで、当時、教室に通っていた生徒名リストを入手。そのリストの中に新たに川本紀子という、この世に存在しない女性が浮上します。――で、天樹は、スナック経営者の映子を再訪し、この川本紀子が映子であることを確認します。環と青山が、料理教室で写真を見て貰い、謎の生徒、川本紀子が映子であろうと判明していましたが、それが確定します。

天樹が映子の話を聞きます。――映子が准看護師になったのが25年前で、即、彼女は半年後に妊娠します。で、病院を辞めることになっています。話の途中で、25年前の乳児院での話を聞いて来た拓海がスナックに入店。どうやら、産み落としたばかりの赤ん坊を乳児院前に置き去りにした映子。30歳手前にして結婚を約束する相手に出会いますが、その時、子供が産めない体になっていることを病院で知らされます。それで、結婚は破談。やることが無くなった映子は、そこから娘を必死で探すことになります。娘を探し当てた時、娘は10歳。立派な家の養子に入っていました。それ以降、栞を遠くから、ずっと見守っていた映子。

あの日、路上で言い争っていた栞と裕一を目撃していた映子。翌日、栞の遺体発見。警察で男との言い争い場面を証言するも、水商売のママの証言ということで警察は相手にしてくれません。仕方なく、自分で犯人を捜すことにした映子。そして、3年3ヶ月後の夜、映子は裕一を見つけ出します。創作料理家・森円香を名乗って裕一に接近します。そして、消える愛人(遺体)を演じます。――彼女は、4年前の事件の再捜査をさせようと円香を演じ、栞のハンカチを現場に残しました。当時の事件の再捜査を願った映子の自作自演でした。

ただ、映子には誤算がありました。それは、栞を殺したのは裕一ではなく、料理教室の中原由莉であったことです。由莉が真犯人であることは、環と青山の取り調べで分かります。由莉は、彼氏のいない資産家の娘を怪しい男に紹介して報酬を得ている人物でした。裕一と由莉は学生時代の同級生であり、金に困っていた2人は料理教室に通う娘をカモにする商売をやっていたことになります。その手口に栞が気付き、それで、由莉に自宅アパートで殺されました。栞を刺殺した由莉は、遺体をスーツケースに入れて運び去っていました。

天樹によって真実が自明のものになり、涙を零(こぼ)す映子。そんな映子に、栞のハンカチを差し出す天樹。そのハンカチこそ、栞が、実の母とは知らずに嬉しそうに結婚を報告した時のもの。結婚と聞いて涙を流す料理教室の生徒仲間の川本紀子と名乗る映子にビックリして、ハンカチを差し出した栞。その直後の栞の死。実の母の手に渡っていた栞のハンカチ。これが、裕一の部屋に置かれていたものなのでした。映子に向かって、「行きましょう」と天樹。「車、回します」と拓海。――栞が眠っている場所が見つかっていて、署に向かう途中、そこに立ち寄ろうと誘う天樹。「会いに行きませんか?」という天樹の問い掛けに、大きく頷いて「栞~」と呟く映子。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

料理教室の中原由莉と裕一が電話しているのを聞いてしまった栞が、即、警察に2人の悪事を通報せずに、呑気にアパートの部屋に帰って、そこで由莉に刺殺されてしまうという展開が良く分かりませんでしたね。

なにより、由莉による刺殺ではなく、映子のヨミ通りに裕一による刺殺の方が分かり易いわけで、栞殺しが由莉である積極的な理屈が良く分かりません。

殺しという力仕事を女性がやることの理由付けが欲しかったですね。

また、栞が、警察に既に連絡済みの可能性もあるわけですから、いきなり、部屋に押し入って栞を刺し殺すというのも良く分かりませんでした。

警察に、結婚詐欺まがいの件を通報されていたら、即座に、殺しの犯人と特定されますよね。それに、なにより、栞の遺体が何処で発見されたのかも分からずエンディングを迎えていて、そのあたり、ちょっと着地点が揺れて、残念でした。

天樹の寝そべる姿にアンフェア・雪平を想起!

わたしもどっかで見たことある光景だな…と思っていたんですが、多くの人がつぶやいていて思い出しました。

あれはまさしく『アンフェア』の雪平(篠原涼子)そのもの!
スタイル抜群の東山さんだからこそ感じるポイントでしたよね。

『刑事7人 シーズン5』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『刑事7人 シーズン5』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 東京郊外の林道で、胸を刃物で刺された高校生・池添俊也(竹田光稀)の遺体が見つかった。遺体のそばにあったスマートフォンを確認した専従捜査班の青山新(塚本高史)は、被害者の俊也が『悪魔に殺されるかもしれない』と書き込んだSNSを発見する。
 法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、今回の被害者の俊也と、去年担当した事件の被害者で、両親の無理心中に巻き込まれた息子・田所信一(加藤峻也)は同じ高校の生徒だという。“同じ高校”という共通点に引っかかった天樹悠(東山紀之)が、無理心中事件の資料を調べたところ、信一がノートに『悪魔にとりつかれている』と書き記していたことがわかる。
 また、天樹と野々村拓海(白洲迅)は、高校で二人の担任をしていた増沢育子(かとうかず子)と俊也の両親から、二人が親友だったことや、信一が亡くなって以降、俊也がふさぎ込んでいたという話を聞く。さらに、弁護士の木下和成(長谷川朝晴)のアドバイスに背中を押された両親から、心中事件が起きた夜に、信一を訪ねた俊也が田所家の方から走ってくる男を目撃していたことを告白された拓海は、俊也はその男を目撃したことが原因で殺害されたのではないかと推測する。しかし、俊也の部屋を調べていた天城は、両親の顔が黒く塗り潰された写真を発見し、事件にはもっと別の深い裏があるのではないかと考え始める。
 そんな中、海老沢芳樹(田辺誠一)のもとに、東京拘置所から一通の手紙が届く。差出人は、富岡忠司(芹澤興人)――3年前に老夫婦を殺害し、海老沢が逮捕した死刑囚だ。海老沢が接見に行くと、富岡は過去にまだ自供していない殺人事件を起こし、それは“悪魔”の指示で実行したものだと言い始める。空き地を掘り起こすと…そこには富岡の供述どおりに白骨死体が! しかも死因は、信一らの無理心中で使われたものとまったく同じ成分の青酸カリによる中毒死であることが判明する。
 ここにきて“悪魔”というキーワードで3つの事件が繋がった――!
 さらに心中事件の前日、信一の父親・洋一(古川康)が同僚に「“先生”に会わなければならない」と意味深な発言をしていたこともわかる。“先生”と“悪魔”は同一人物なのか…? 天樹ら専従捜査班が、“悪魔”の正体に迫る!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/story/0004/