ドラマル

『刑事7人 シーズン5』1話のネタバレ感想!S女・環(倉科カナ)様が美しすぎる!

2019年7月10日に放送されたドラマ『刑事7人 シーズン5』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、曜日になぞらえた連続殺人事件がまるで映画「セブン」を思わせると話題に!
また、紅一点の倉科カナさん演じる水田環の美しさにも注目が集まりました。

関連記事

『刑事7人 シーズン5』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『刑事7人 シーズン5』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』1話のあらすじネタバレ

冒頭、硝子扉の「刑事資料係」標記が削り取られて、「専従捜査班」に書き換えられます。

難解な超凶悪犯罪、未解決事件の早期解決を目的とする警視庁独自の部署、「専従捜査班」が正式に発足します。

資料係長兼専従捜査班長は片桐正敏(吉田鋼太郎)。放任主義の片桐に代って専従捜査班の陣頭指揮を執るのが主任の海老沢芳樹(田辺誠一)。刑事資料課の「資料係」と「専従捜査班」を二刀流で兼任するのが天樹悠(東山紀之)。刑事への捜査資料の貸し出し、及び、資料整理が通常業務であって、膨大な資料に日々目を通すことで天樹は人間ビッグデータと化しています。そんな彼が、凶悪事件発生時、「専従捜査班」刑事として臨場します。

「専従捜査班」の結成がテレビ記者会見で報告され、そのことが新聞でも報道された直後の金曜日。貸倉庫内で七蔵警察署の刑事部長、大貫敦(金橋良樹)の遺体が発見されます。そこに臨場する天樹悠(東山紀之)ら「専従捜査班」。――口には金箔が詰め込まれています。手には、「専従捜査班」結成を報じる新聞記事が握られています。現場の窓には、「オマエタチハムリョク」というメッセージが大書されています。

法医学教授、堂本俊太郎(北大路欣也)の司法解剖で、死因は窒息死と判明。

翌土曜日。大貫の愛人とされるクラブ経営者、間宮静香(平塚千瑛)のマンションに聞き込みに入る海老沢芳樹(田辺誠一)と青山新(塚本高史)。そこで彼らは、ベランダで腐葉土の入った植木鉢を被せられた静香の遺体を発見します。植木鉢の裏側には、「ハヤクキヅケ」と書かれたメモがあります。後方からの頭部打撲による頭蓋骨陥没が死因です。

水田環(倉科カナ)は、大貫の強引な取り調べや女癖の悪さを指摘。また、大貫は、八重樫組(暴力団)との関係もあり、監察にも目を付けられていた刑事でした。監察の調べは進んでいて、大貫と間宮は愛人関係でした。ボッタクリ営業で訴えられていた間宮静香を庇い立てしていたのが大貫でした。大貫がボッタクられた客の訴えを取り下げさせては、静香を見逃していました。

野々村拓海(白洲迅)は、金曜日だから金箔で、土曜に土(腐葉土)という「なぞらえ殺人」かと思い付きますが、班長の片桐正敏(吉田鋼太郎)はそれを一蹴します。が、天樹は野々村の言葉が気になって、警視庁の管轄外の調査を開始します。すると、千葉、神奈川県警で、関連事案に出会います。――まず、水曜日に、千葉で女性(川北真琴)の水死体が上がっていました。こちらの詳細は「木更津市潮垣海岸女性入水自殺事案捜査資料」の入手で明らかになります。天樹と野々村が、真琴の夫の勇一に話を聞きます。3年前に結婚。前日、口論になって家を出た妻。カナヅチだった妻。夫は、妻の親類縁者、友人には全く会ったことがないという不思議な夫婦。

木曜日には、神奈川県の山中で樹木に体を貫かれたタクシー運転手、三島保が遺体で発見されていました。こちらは、「秦野市山中自動車運転手男性死亡事案調査資料」で詳細が分かります。妻の三島理恵に会って話を聞きますと、3年前、乗せた客(若い女)のことで東京から刑事が来ていて、その際、夫が知らぬ存ぜぬと応答していたことで、妻としては浮気を疑っていたことが分かります。

水曜、木曜、金曜、土曜と殺人が続いていることになると、「専従捜査班」としては、日曜日の殺人を未然に防ぐことが使命です。しかし、犯行が予想される日曜日を前に捜査は行き詰まります。――そんな時、シーズン3では、天樹の最大の敵となっていた男、東京拘置所に収監中の山下巧(片岡愛之助)から、「この山下にお任せを」というメッセージが届きます。メッセージを受けた天樹は東京拘置所へ。天樹と山下が1年ぶりに再会します。

山下が、七蔵署が扱った3年前のホステス(佐藤穂乃花)殺人事件の改竄を指摘します。穂乃花がホテルニューアルカイドのシャワー室で遺体で発見され、死因は首を絞められての窒息死とされた事件です。

加賀皐月(田中美晴)が殺人犯であり、客を奪われたことでの嫉妬と怒りがその動機とされました。で、懲役12年を求刑されます。

皐月のスカーフから被害者のDNAが検出されて、それが決め手になりました。

その後、皐月は刑務所内で首を吊って自殺しています。

「新宿区高級ホテルホステス殺人事件捜査資料」を手に取る天樹。これは七蔵署の大貫刑事の扱った事案。――七蔵署の資料が改竄されたものであると指摘する山下。データ改竄したのが大貫巡査部長と思われます。そこでは、3人の関係者名が書き換えられていたのでした。そのことが、山下の「Little Yamashita System」エンジンで判明します。

現存資料では、皐月が事件当日に会っていたと主張していたのは鴨下歩美となっていますが、改竄前は、「川北真琴」でした。この女性は千葉の海岸で入水自殺とされている人物です。また、皐月が待ち合わせ場所に向かう際に乗ったタクシー運転手は大竹英雄となっていますが、本当は、「三島保」でした。こちらは、秦野山中で樹木の串刺しになって死んだ男です。東京からやって来た刑事に皐月を乗せた覚えがないと証言したタクシー運転手でした。

そして、ホテルで皐月と穂乃花が会っているところを目撃したと証言した島津正子。この女性こそが、腐葉土を被って死んでいた「間宮静香」でした。自宅マンションのベランダで植木鉢を被せられて死んだ女性です。これで、水曜日から土曜日までの連続殺人が繋がりました。

そうなれば、あとは狙われるとすれば、情状酌量が目一杯だと言って、最初から諦めていた弁護士・本郷健一(賀集利樹)が危なくなります。今は国会議員になっていて、何かと世間を騒がせる「お騒がせ議員」として有名な人物。こちらは、フィットネスジムにいるのを水田環と青山新が発見して、所轄に保護を要請。

一方の天樹は、当該事案の担当検事が危ないと見て渡辺郁夫(小松和重)の元へ、野々村拓海とともに走ります。渡辺検事は保護を了解して表で待つよう野々村に告げますが、裏口から出て姿をくらまします。が、水田環と青山新は、渡辺が中央道八王子インターで下りたことをNシステムで確認。八王子に向かいます。

野々村を置き去りにした渡辺検事は、携帯電話によって、都下の倉庫跡におびき出されていました。そして、倉庫でスタンガンを押し当てられ、クレーンで吊るされる渡辺。周囲には大量の電気ストーブ。――屋上のソーラーパネル蓄電による電気ストーブ。それで熱中症を誘発させられます。

通常、体内の10%以上の水分が無くなると死に至りますが、心臓に疾患を抱えていた渡辺には、ひとたまりも無かったことになります。翌月曜日に遺体が発見され、「オマエタチニハムリ」というメッセージが残されます。――日曜日は太陽。太陽は、天照天照大神を指します。犯人は神になったつもりかと法医学の権威、堂本俊太郎が呟きます。

天樹が、皐月の父・加賀昭一(勝野洋)の家に向かいます。

天樹は、ガラスの割れた小さな写真立てに納まる4人の集合写真を加賀家前で発見します。家の壁には「人殺し」と大書されています。集合写真を見つめる天樹にイメージが浮かび上がります。――天樹の前に、皐月とその婚約者の笠松望(三浦誠己)が立ち現れます。にこやかに笑い合って2人が歩いています。実家の門戸を開けて中に入り一杯飲んだ後、それから、外に出て家族で公園に向かいます。父(昭一)と、そして母の加賀美枝子(岡まゆみ)とともに、公園で記念の集合写真を撮っていた時、ふたりの七蔵署刑事がやって来て、皐月を殺人容疑で連行します。

今回の事件は、獄中で自殺した加賀皐月の復讐。冤罪を信じている者の復讐です。

月曜日、日本神話の月の神なら「月夜命(つくよみ)」です。夜を統治する神ですから、それに関連した殺人方法になるのでしょうか。また、火曜日は、火の神、迦具土命(かぐつち)に関連した方法になるのでしょうか。これは、鎮火の神ですから、即ち、最後の殺人という意味だろうと堂本は推測します。――以上、「曜日殺人事件」前編。次回、解決編。

スポンサーリンク

『刑事7人 シーズン5』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

大リーグでは、今期はともかく打者専任で大活躍の大谷選手。今期は打者一本として、来期は二刀流復活です。このドラマは、時として、反発されがちな二刀流に対する問題提起にもなっているのかなという気がします。

刑事資料課の「資料係」と「専従捜査班」を二刀流で兼任する天樹が、大谷選手に何だか重なります。兼任者に対する「オマエタチハムリョク」という言葉に反発する天樹の活躍に期待したいと思いますね。来期、二刀流に復活する大谷選手への応援になるドラマかなという気がしますね。

S女・環(倉科カナ)様が美しすぎる!

『トクサツガガガ』→『ミラーツインズ』→『キントリ』と、昨今見ない時がないほど大活躍の倉科カナさん。
『刑事7人』でも紅一点でいい存在感を出しています。

Sっぽい喋り口調や冷静なのに山にパンプスで行っちゃう環さんは魅力的!
倉科カナさんは薄メイクでも充分に美しいから羨ましい。

『刑事7人 シーズン5』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『刑事7人 シーズン5』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 曜日になぞらえた連続殺人事件の捜査中の天樹悠(東山紀之)ら専従捜査班。日曜日の殺人を事前に阻止しようと奔走するもむなしく、遺体が発見された…。被害者は検事の渡辺郁夫(小松和重)。さらに犯行現場である倉庫の壁には、これまで同様、挑発的な『オマエタチニハ ムリ』というメッセージが残されていた。
 解剖した東都大の教授・堂本俊太郎(北大路欣也)によると、死因は倉庫にビニールを張り巡らせ、ソーラーパネルで光を取り込んだうえに、電気ストーブをフル稼働させたことによる熱中症。さらに堂本は、「日曜日は太陽を表わすという説もある」と告げる。
 水・木・金・土・日…被害者5人は、すべて3年前に殺人の濡れ衣を着せられた加賀皐月(田中美晴)が、冤罪を訴え、獄中自殺した事件の関係者ばかり。となると、次にねらわれるのは、当時皐月の担当をしていた元弁護士で、現在国会議員の本郷健一(賀集利樹)。これ以上、被害者を出さないために、専従捜査班は、本郷の身辺警護をすることに。
 一方、海老沢芳樹(田辺誠一)が、皐月の人間関係を調べていくうちに、3年前の事件以降、バラバラになってしまった家族の現在が明らかになる。さらに意外な人物の存在が浮かび上がり…。
 天樹らは、3年前の事件の真相を明らかにし、連続殺人に終止符を打つことができるのか!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/story/0002/