ドラマル

『刑事ゼロ』2話のネタバレ感想!沢村一樹の過去と今の演じわけが神レベル(1/17放送)

2019年1月17日に放送されたドラマ『刑事ゼロ』2話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

2話の視聴率は1話から4.2ポイント減の10.5%でした。

関連記事

『刑事ゼロ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『刑事ゼロ』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『刑事ゼロ』2話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『刑事ゼロ』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

かつては敏腕でスマート、現在は“記憶ゼロ状態”になってしまった京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は、別れた妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)から、いきなりある書類を渡される。そこには、7年前に時矢が逮捕した犯人には冤罪の可能性があるとして、近々仮釈放されるのに合わせて再審請求の準備をしていると記されてあった。しかし、刑事拝命以来の20年間の記憶を失った時矢は元妻との出会いも別れも覚えておらず、もちろん7年前のこともすっかり頭から消え去っていた…。

 コンビを組んだ新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)によると、7年前の事件とはファイナンス会社社長・逢沢省三(剣持直明)が自身の別荘の階段から転落死したというもので、時矢は別荘を設計した建築士・芹野泰夫(中村靖日)が突き落としたとして逮捕したようだった。

 刑務所に出向き接見した時矢に対し、芹野は「真実はすべて僕の記憶の中にある。刑事さんがたどり着いた結論だけが唯一の真実ではない」と、まっすぐな眼差しで語り掛ける。

 もしかしたら自分が冤罪を生んだのかもしれない…。そう考えた時矢は、智佳と共に再捜査を開始。現場となった別荘は当時、密室状態だったが、再訪したところ、隣の別荘に住む出版社社長・円城明日香(いしのようこ)から意外な真実を告げられて…?

 はたして7年前の事件は冤罪だったのか、それとも…!? かつての自分が解き明かせなかった密室殺人の真相に、記憶ゼロの時矢が挑む! そしてついに芹野が仮釈放されるが…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keiji-0/story/0002/

『刑事ゼロ』2話をさらに詳しくあらすじネタバレ

20年間の刑事生活の記憶にフタをしてしまった時矢(沢村一樹)ですが、元妻で弁護士の奥畑(財前直見)のことまで忘れてしまっていた。その元妻から差し出されたのは7年前に時矢が逮捕した芹野(中村靖日)がまもなく仮釈放されるので、冤罪事件として再審請求をするという書面だった。
時矢が担当した事件を熟知する佐相(瀧本美織)は、会社社長の逢沢が芹野に階段で突き落とされ、転落死したと説明を受ける。時矢と佐相は芹野に会いに行くが、時矢がたどり着いた結論だけが真実ではないと言われる。

二人は次に目撃者であり、事件のあった隣の別荘に住む円城(いしのようこ)を訪ねるが、彼女の口からは時矢の説得で、彼女は芹野に脅されて嘘をついていたと公判中に証言を変えたという。
そしてかつての自分がその事件の結末に納得していなかったことを、調書に残されたメモで知った時矢は、佐相とともにもにニュー時矢として、改めて事件を洗い直す。

やがて円城の夫も7年前の同時期に失踪していること、失踪人宣告により7年で死亡が認められて保険金が下りること、円城の別荘に施された奇妙な痕跡などから、円城が芹野と共謀して、保険金目当てで夫を自殺に見せかけようとして失敗。当座必要なお金のために逢沢を殺して、芹野が隠し場所を知っていた裏金を盗んだことがわかる。円城が裁判で芹野の不利になるような証言をしたのは、もうひとつの殺人を隠すためだった。

『刑事ゼロ』2話に出演する主要キャスト

  • 時矢暦彦(沢村一樹)
  • 佐相智佳(瀧本美織)
  • 福知市郎(寺島進)
  • 内海念也(横山だいすけ)
  • 背川葉奈(猫背椿)
  • 根本留夫(渡辺いっけい)
  • 奥畑記子(財前直見)
  • 生田目守雄(武田鉄矢)

2話に出演するゲスト

  • 円城明日香(いしのようこ)
  • 芹野泰夫(中村靖日)

スポンサーリンク

『刑事ゼロ』2話の感想※ネタバレあり

50代男性

シロフクロウ

当初は密室と思われた殺人、もうひとつの殺人を隠すために犯罪を重ねるトリック、失踪人宣告を利用した保険金、そしてエドガー・アラン・ポーの名作「黒猫」を思わせるラストと、推理やサスペンス小説ではおなじみの道具がふんだんに使われていて、思わずにやりとする内容でした。

ラストがあまりシリアスではなく、どこか間が抜けたような演出も、犯人ふたりのキャラクターに合っていてよかったです。

第1話では源氏物語や香道、京の町屋といった文化的な道具が使われていたし、このドラマの脚本はそういったガジェットを散りばめるのがうまいなあと感心します。

過去と現在の違った面を持つ時矢刑事を演じる沢村一樹さんの演技は、時に飄々と、時に凛としていて、双方がオーバーラップする瞬間をうまく見せてくれます。また相棒の佐相を演じる瀧本美織さんも、ちょっと時矢オタク的な要素を含めて、時矢のサポートをする姿は、時にコミカルに、時にシリアスにと演じています。そんなふうに脚本も、演出も、役者もそろっているのだから、面白いに決まっています。
次回が楽しみです。

『刑事ゼロ』2話のTwitterrでの反応まとめ

瀧本美織の演技力が好評

ビフォー時矢のカッコよさに痺れる