ドラマル

『科捜研の女season20』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『科捜研の女season20』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

沢口靖子さん主演の連続ドラマ『科捜研の女season20』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『科捜研の女season20』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「TERASA」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。
※放送前のため、今までのテレビ朝日系ドラマの見逃し動画配信状況から予測して記載しています。放送開始後、変更が必要な場合は正しい情報に更新します。

スポンサーリンク

『科捜研の女season20』各話のあらすじ

2020年10月(未定)日からテレビ朝日系にて放送開始される沢口靖子さん主演の連続ドラマ『科捜研の女season20』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

『科捜研の女season20』1話のあらすじネタバレは、2020年10月(未定)日(木)20:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。

スポンサーリンク

『科捜研の女season20』の最終回ネタバレ(予想)

『科捜研の女season20』でも科捜研のメンバーや捜査一課の土門(内藤剛志)、蒲原(石井一彰)、洛北医科大の風丘先生(若村麻由美)などお馴染みのキャラクターが健在なので、皆がマリコに振り回されながら共に事件を解決していくチームワークをまた見られるのも楽しみなポイントですが、前シーズンでは土門刑事の異動や新部署の設立などマリコを取り巻く環境でも様々な変化がありましたので、シーズン20の最後に何か変化があるのではないかと予想しています。

更に、事件に関わる様々な人物とマリコの対決も見所の1つです。前シーズンもマリコが様々な女と対決するシーンや、マリコが壁ドンにチャレンジするなど予想外のアクションや衣装にも挑戦するマリコのシーンがとても印象的でしたので、今シーズンでも視聴者を驚かせる挑戦をしてくれるのを期待しています。

更に科捜研のストーリーではタイムリーなトピックや最新捜査技術等もストーリーを盛り上げる大事なポイントなので、コロナウイルス感染症やSNS問題、PCR検査など新しいトピックや研究技術も取り込んだ新機材の導入やエピソードがシーズン後半には盛り込まれていくと予想します。

お茶目な面もありながらもただひたむきに科学と向き合い、真実だけを追い求めるマリコが今度はどんな事件を解決し、人々を救っていくのかとても楽しみです。

『科捜研の女season20』の基本情報

概要(見どころ)

科捜研の女シリーズは京都府警科学捜査研究所に所属する法医研究員の榊マリコ(沢口靖子)が仲間の研究員や捜査一課の刑事たちと共に、科学で事件の真実を解き明かしていく大人気ドラマです。

1999年のドラマスタートから根強い人気がある作品で、現行のドラマで最も長く続いているミステリードラマです。

秋に始まる『科捜研の女season20』でも京都を舞台にマリコが科学の知識を武器に難事件に立ち向かいます。

キャスト一覧

  • 榊マリコ(さかき・まりこ):沢口靖子
    京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員
  • 土門薫(どもん・かおる):内藤剛志
    京都府警捜査一課の刑事、警部補
  • 風丘早月(かざおか・さつき):若村麻由美
    洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授、一男一女の母
  • 宇佐見裕也(うさみ・ゆうや):風間トオル
    科捜研の化学担当、マリコのよきアドバイザー。
  • 藤倉甚一(ふじくら・じんいち):金田明夫
    京都府警刑事部長、警視、元鑑識員
  • 日野和正(ひの・かずまさ):斉藤暁
    科捜研所長、文書鑑定担当
  • 橋口呂太(はしぐち・ろた):渡部秀
    科捜研の物理担当、天真爛漫で愛嬌がありオシャレ
  • 涌田亜美(わくた・あみ):山本ひかる
    科捜研の映像データ担当、女性らしさを感じさせないキャラクター
  • 佐伯志信(さえき・しのぶ):西田健
    京都府警本部長、事なかれ主義
  • 蒲原勇樹(かんばら・ゆうき):石井一彰
    京都府警捜査一課で土門と行動を共にする若手刑事、巡査部長

出演者のコメント

沢口靖子さんのコメント
 毎シーズン、新たな気持ちで取り組んでいますが、『season20』がはじまると聞いたときは“またマリコに会える!”という喜びでいっぱいになりました。科学一辺倒だったマリコはこの20年間で、人間をやさしく見つめる女性に成長しました。変わらないのは、真実を突き止めようという姿勢ですね。私自身もこの20年間で脚本を深く読み込むようになりましたが、作品に向き合う姿勢は変わっていないと思っています。
 最新シーズンでは、最先端の科学捜査や深みのある人間ドラマはこれまでと変わりませんが、新型コロナウイルスとともに生きる今の世界を踏み込んで描いています。劇中でもソーシャルディスタンスを保つなどの取り組みを行っていますが、登場人物たちが距離を置くことでいい緊張感が生まれたり、ラボのセットを広く活用することでこれまでよりもレギュラーメンバーの個性が生きてきたり…と思いがけず新しさを感じています。
 新たな“衝撃的なマリコのワンカット”や最新科学鑑定も登場しますし、視聴者のみなさんも新しさをも感じられるシーズンになるのではないかと思っています。ぜひ、『season20』にご期待ください。

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 監 督:田﨑竜太、森本浩史
  • 脚本:戸田山雅司、櫻井武晴
  • 主題歌
    曲名:-
    歌手:-
    レーベル:-
  • ゼネラルプロデューサー:関拓也(テレビ朝日)
  • プロデューサー:藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映)
  • 制作:テレビ朝日・東映

各話の視聴率

『科捜研の女season20』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話10月(未定)日
2話
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話
10話・最終回(仮)