ドラマル

『科捜研の女19』34話(最終回)のネタバレ感想!1年間お疲れ様!ありがとうのコメ殺到!

2020年3月19日に放送されたドラマ『科捜研の女19』34話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、20年前の未解決事件の容疑者・芳賀悦郎(田中要次)が逮捕される!
芳賀は犯行を否認、再鑑定が行われることになり、科捜研メンバーは事件現場へ赴く…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』34話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『科捜研の女19』最終回のあらすじネタバレ

『加美鳴沢写真家殺人事件』の被疑者で作家・芳賀悦郎(田中要次)を、兵庫県警が2ヶ月前に逮捕。
ところが、芳賀は全面否認、弁護士・高西直人は証拠能力に疑義を唱え、神戸地裁は再鑑定を命じます。
科警研の主任研究員・橘つかさ(檀れい)は京都府警・科捜研の技術を高く評価しており、法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を推薦。
つかさの代理として、マリコの父で元科捜研所長、科学鑑定監察所の科学監察官・榊伊知郎(小野武彦)が再鑑定を依頼に訪れました。

事件は20年前、京都府と兵庫県の府県境の別荘地で発生、写真家・狩野篤文(比留間由哲)が自身の所有する別荘・雷冥荘のアトリエで射殺されました。
犯行当時、雷冥荘には狩野と芳賀の他4人の男女が滞在、狩野の妻で元女優・篠崎市香、バイオリニスト・山木弾正、グラビアアイドル・江草薫子、そしてアシスタント・森月孝也。
犯行直前に狩野と芳賀は口論になり、狩野はアトリエに籠もります。
翌朝、市香がアトリエで遺体を発見、犯行直後から姿を消し、凶器の猟銃からも指紋が検出され、当時の兵庫県警は芳賀を被疑者として指名手配したのでした。

事件以来、雷冥荘は手つかずで科捜研は改めて証拠を採取、20年前の証拠と合せ鑑定します。

公判前整理手続で、芳賀が犯人であると断定出来る証拠はないとマリコは主張。
芳賀は犯行直前に左手親指を負傷、猟銃から出た指紋には傷がなかったのです。

第一回公判に雷冥荘に滞在した4人の男女が証人として出廷、マリコは裁判を傍聴します。
裁判員・矢部晋平が伊知郎と会っていた男だと、マリコは気づきます。

芳賀逮捕後に狩野の遺作の写真集が出版され、雷冥荘に居た男女を撮った写真の窓から見える庭に、1人の男が写っていました。
犯行当日、7人目の人物が雷冥荘に居たのです。

そんな中、矢部の変死体が見つかります。

当時、矢部は加美鳴沢の雑貨店でバイト、事件当日、雷冥荘に配達していました。
防犯カメラ映像から、矢部の軽トラの行き帰りの車体の沈み込みの差から、約90kgほどの荷物が降ろされたと推測。
矢部が写真に写っている男を運んだと、マリコは期日間整理手続で主張します。

一方、狩野、芳賀、そして山木の3人が、当時入り浸っていたロック喫茶で闇カジノを開いていたと判明。
ロック喫茶の店主・仙道重則(山口竜央)は20年前から行方不明で、免許証データを紹介した結果、7人目の人物は仙道でした。
そして、物置小屋から回収した焼き残っていたフィルムを復元すると、仙道が絞殺される場面が写っていたのです。

雷冥荘で回収したシャベルに付着していた植物が生息する場所を別荘地内で捜査した結果、白骨遺体が見つかります。

遺体は舌骨が折れ絞殺の可能性が高く、頭蓋骨をスーパーインポーズにかけた結果、顔が仙道と一致しました。
公判は、本日、結審予定でマリコは神戸地裁に急ぎます。

評議の直前、傍聴席からマリコが入廷、裁判長・根本佳江がマリコの追加報告を許可します。
マリコは仙道の絞殺写真を公開、この写真で絞殺する人物は分かりませんでしたが、別の写真に左手親指が写っており、芳賀の傷と一致しました。
芳賀が殺害したのは狩野ではなく、仙道だったのです。

20年前、芳賀たち3人は闇カジノの件で仙道に脅迫され、仙道の殺害を計画。
矢部に金を渡し、芳賀たちの指示通り人目につかないよう軽トラの荷台に乗り、仙道は雷冥荘に出向きました。
仙道は物置小屋に行く途中、狩野の撮った写真に偶然写ります。
口論は、狩野のアリバイ作りの芝居でした。
11時を過ぎた頃、3人は物置小屋に行き、芳賀が仙道の首を絞め山木が足を抑えていました。
ところが、狩野はコンパクトカメラで絞殺中の写真を撮ったのです。
遺体を埋めた後、狩野と山木に写真をネタに脅され、芳賀は1人で雷冥荘を後にしました。

コンパクトカメラの内側からは、火薬残渣と市香の指紋を検出、狩野を殺害したのは市香だったのです。
検察は芳賀の控訴を断念、公判は閉廷します。

3人が仙道殺害を計画、更に狩野と山木が芳賀に罪を着せようとしていることを知り、市香は狩野殺害を計画しました。
市香は芳賀に罪を着せるため、仙道が写っているフィルムを燃やしたのです。

銃声で騒がないよう飼っていたオウムを物置小屋に移すところを、当時、矢部が目撃していたと市香は知ります。
評議の時に矢部が目撃したことを話せば、計画が漏洩すると思い、市香は矢部を殺害しました。

女優だった市香は、常に何かを演じている気がして、本当の自分が分からなくなります。
そんな時、狩野が撮った自身の写真を見て、狩野の目に写っている自分が本当の自分であると思うようになりました。
ある時、狩野が撮った薫子の写真を見て、市香は狩野が自身を見ていないと気づき、狩野の目をを永遠に自身に留めるため、市香は犯行に及んだのでした。

『科捜研の女19』最終回のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

1年間続いた20周年のシーズン19、科警研の橘つばさのマリコの首絞めで幕を開け、絞殺で締め括られました。
絞めるで始まり絞めるで終わる、語弊はあるような気もしますが綺麗にまとめて終わりました。

出来れば、回想シーンではなく、檀れいには出演して欲しかった。
馬乗りからのマリコへの首絞めが、また観たかったです。

ぶっちゃけ、毎回、今回程度のストーリーのレベルは維持して貰いたかったです。
働き方改革の影響か、今季は脚本の質が落ちたような気がしました。

こういうのもロスと呼ぶのか分かりませんが、なんだか終わりが実感出来ません。
ただ、現実には終わってしまっているので、早くシーズン20が観たいです。

1年間お疲れ様!ありがとうのコメ殺到!

放送20周年目の『科捜研の女19』が遂に最終回。
1年間見てきた視聴者の多くから、「お疲れ様!」「ありがとう!」というキャスト・スタッフを労う声が殺到しましたね。

1年間やり続けるというのは、レギュラー出演者たちにとって本当に大変なことであったのではないかと感じます。
毎週、楽しいミステリーをお届けしてくれて本当に感謝ですね。

まとめ

途中、風丘先生に離脱フラグ、土門さん卒業、というハラハラさせられる回もありましたが、最終回、誰も離脱せずに終える晴れやかな結末となりましたね。

1年間、毎週のように『科捜研の女』の情報発信をしてきましたので、「やっと終わった~」という達成感と共に、次クールからは木曜8時からお馴染みのメンバーを見られないかと思うと、少し寂しい思いもします。
内藤剛志さん(土門薫)と金田明夫さん(藤倉刑事部長)は、次クールの4月から放送される『警視庁・捜査一課長2020』にも出演されるので、すぐにお会いできますが…。

『科捜研の女』スタッフ・キャスト(特に沢口靖子さん)にはゆっくり休んでいただき、充電してもらいたい気持ちもありますが、なるはやで『科捜研の女20(シーズン20)』の放送を見たいですね。

次は記念すべきシーズン"20"ですので、2020年度中にまた再会されることを期待します。