ドラマル

『科捜研の女19』33話のネタバレ感想!鶴田真由が好評!令和の毒婦・森聡美の逮捕は残念?

2020年3月12日に放送されたドラマ『科捜研の女19』33話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

33話では、テリヤキングの創業者・本多嘉壱と娘の本多鏡子が遺体で発見される!
容疑者は、嘉壱が相続人にしていた令和の毒婦こと森聡美(鶴田真由)と判明し…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』33話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』33話のあらすじネタバレ

アメリカで人気のテリヤキング・ソースの『テリヤキング』日本法人専務・本多鏡子(美鈴響子)の撲殺体が、京都の河川敷で見つかります。
この2週間前、NY(ニューヨーク)で鏡子の父、テリヤキングの創業者で会長・嘉壱(福本清三)が謎の死を遂げていたのです。

鏡子の頭部には挫創があり出血していましたが、現場周辺に血痕はなく、殺害現場は他にあると見られました。

警部補・土門薫(内藤剛志)が鑑識を連れ、大阪にある日本支社を訪ねると、応接室から致死量の鏡子の血痕を見つけます。

日本支社の社長は3年前まで、嘉壱の長男・幸一(大場泰正)でしたが、嘉壱と対立し会社を追われ、現在は次男・光二(井之上チャル)が社長を務めていました。
しかし、その光二も降格され、亡くなった妹・鏡子が間もなく社長になるはずでした。
この人事を巡り光二は嘉壱と対立、一方、幸一は遺産を巡り鏡子と光二の2人と対立していたのです。

遺言公正証書には、会社株以外の全資産の8割を婚約者・森聡美(鶴田真由)に、残りの2割を遺言の執行人である幸一に遺贈するとなっていたのです。
鏡子と光二には会社の株式だけでした。
鏡子と光二が聡美を知ったのはNYの葬儀の時で、この時、幸一は呼ばれていませんでした。

聡美の過去4人の夫は資産家で何れも死別、莫大な遺産を相続しており、『令和の毒婦』と呼ばれていました。

聡美は殺害現場だった日本支社の防犯カメラにに死亡推定時刻に映っており、遺棄現場にも下足痕が残っていました。

そんな聡美が、京都府警本部に出頭して来たのです。
4人目の夫が亡くなった時、土門が捜査を担当、法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)が無実を証明しました。

そんな中、NY市警ブルックリン75分署の殺人課の捜査官・朝比奈江真(清水ミチコ)が帰国。
朝比奈は警視庁捜査一課に在席、研修でNYに赴任、嘉壱の捜査を担当しました。
代謝の早い毒物の服用を想定し、マリコは朝比奈に舌苔の毒物検査を依頼、NY市警は嘉壱の遺体の毒物検査を再び行うことになりました。

事件の夜、聡美はレンタカーで日本支社から大阪の水島宗助(不破万作)邸に行き、泊まっていました。
遺体を遺棄するのは不可能だったのです。

取り調べの折、土門は聡美の付け爪に違和感を覚えていました。
聡美はネイルはしても付け爪はしなかったのです。
年配の男性と付き合う時、世話をするのに付け爪は邪魔でした。

水島の所有する車から聡美の毛髪が見つかり、
削除されていたドライブレコーダーの映像を復元した結果、遺棄現場に聡美が映っていたのです。
車のナビも調べた結果、聡美は大阪の島本町に立ち寄っていたのです。
そして、聡美のスマホのデータを復元した結果、聡美は死亡推定時刻に、遺産の件で鏡子にメールで呼び出されていました。
更に、英語圏の医療通販サイトで注射器と針を購入していたのです。

土門は島本町の林から、第10回ナショナルシーズニングアワードのトロフィーを発見します。
鏡子の挫創にあった微物と同じく、トロフィーは銀メッキでした。

鑑定の結果、トロフィーの台座と致命傷の挫創の形状が一致、凶器と判明します。
トロフィーには、常務・宮下保(牛丸裕司)の血液指紋が付着していたのです。
生前、嘉壱は宮下を更迭する予定でいました。
鏡子は社長に就任後、嘉壱の意思通りにすることを宮下に宣告、販売不振の責任を1人負わされることに憤る宮下は、トロフィーを手に取り犯行に及びました。
鏡子と聡美が遺産のことで揉めていると知っていた宮下は、罪をなすりつけるため聡美を呼び出したのです。

呼び出された聡美は、鏡子の遺体を見て疑われると思い、土門とマリコを思い出します。
そして、京都府警に捜査させるためトロフィーと遺体を京都に遺棄したのです。
トロフィーの不法投棄と遺体の遺棄しか罪はないと勝ち誇る聡美。
しかし、マリコはトロフィーから聡美の欠けた爪を見つけ、爪からエチレングリコール系の成分を検出、代謝の早い毒物でした。
NY市警が調べた結果、嘉壱の舌から注射跡、舌苔からはエチレングリコール系の成分を検出、聡美の爪から検出していた成分と不純物の割合まで一致しました。
聡美は嘉壱殺害容疑で逮捕、朝比奈の取り調べを受けることになったのでした。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』33話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

日本で過去、世間を賑わせた毒婦的な事件の犯人は、何でこんな人に騙されるんだろうと思うような、ぶっちゃけあまり美人とは言えないタイプです。

美人系の鶴田真由が演じるのは、当初どうなのなと思っていました。
ただ、容姿はともかく演じてみると、なんとも言えない下品な感じが出ていて面白く見ていました。

そんな毒婦の聡美が再び登場、今後も登場するのかと期待していましたが、ついに逮捕されてしまい、なんだか寂しくなりました。
聡美のタイプの金持ちではない看守でも騙して逃走でもして貰い、出来れば再び観たいです。

鶴田真由が好評!令和の毒婦・森聡美の逮捕は残念?

マリコさんを「ブス」呼ばわりする”令和の毒婦”の異名を持つ森聡美が再登板。
そして、遂に尻尾を捕まれ逮捕されました。

マリコの好敵手として今後も出演していくと予想していたので、意外とあっけなくてビックリ!鶴田真由さんの毒婦ぶりも好評でしたので、逮捕されてしまい少し残念という声もあります。

でも、森の後妻業をこれ以上野放しにしては京都府警のメンツが潰れる。
しかたない展開だったかな?
それにしても、清水ミチコさんの無駄遣いが過ぎましたね 笑。

『科捜研の女19』34話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』34話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 殺人事件で指名手配をかけられ、長らく逃亡していた芳賀悦郎(田中要次)が逮捕された。本人は犯行を否認し、弁護士も鑑定の証拠能力に疑問を唱え、再鑑定が行われることに。科警研は、榊マリコ(沢口靖子)に白羽の矢を立て、その依頼に訪れたのは、彼女の父で元科捜研所長の榊伊知郎(小野武彦)だった!
 科捜研メンバーたちはさっそく事件現場へ赴き、当時、兵庫県警が行った捜査について検証を行う。

 『加美鳴沢写真家殺人事件』は20年前、京都と兵庫の府県境にある別荘地で発生。写真家の狩野篤文(比留間由哲)が自身の別荘『雷冥荘』で射殺され、凶器の猟銃からは友人で小説家の芳賀の指紋が検出された。
事件当時、雷冥荘には2人以外にも狩野の友人、妻、モデル、アシスタントの計6人が集っていた。管理人の証言によると、他には雑貨店の店員が軽トラックで食材を届けに訪れただけで、別荘地のゲートが閉ざされた夕方以降、人の出入りはなかった。
夕食を兼ねたパーティーで狩野は、芳賀と激しく言い合いをした後、1人でアトリエに籠り、翌朝、射殺体で発見された。同時に芳賀も行方をくらましてしまい…。兵庫県警は、その経緯と猟銃に指紋が付着していたことから、芳賀が狩野を射殺し逃亡を図ったものと見ていた。

 マリコは猟銃の指紋に疑問を感じて検証を行い、「芳賀が犯人とは言い切れない」と裁判員裁判の法廷で証言し、兵庫県警と真っ向から対立してしまう。しかし芳賀が犯人でないなら、いったい誰が狩野を殺したのか。真犯人を突き止めるべく鑑定を進めるマリコたち。
一方、法廷には事件当時、別荘に滞在していた者たちが証人として一堂に会し、過去の秘密や本音を暴露して裁判は荒れに荒れまくる。
そんな折、なんと第2の犠牲者が…20年経った今も事件は続いていたのか!?
事件がより複雑な様相を呈していく中で、科捜研の鑑定により意外な手がかりが発見される!
狩野殺しの真犯人と、あまりに意外な背景とはいったい?
マリコの鑑定が真相を全て解き明かす!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0034/