ドラマル

『科捜研の女19』32話のネタバレ感想!サトエリの役に賛否!猟奇的・犯罪者が似合う?

2020年2月27日に放送されたドラマ『科捜研の女19』32話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

32話では、保険外交員の朝吹樹里(佐藤乃莉)が自室で刺殺される事件が発生!
樹里から恐喝を受けていたネイリスト・篠宮佐和(佐藤江梨子)に嫌疑がかかるが…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』32話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『科捜研の女19』32話のあらすじネタバレ

生命保険の外交員・朝吹樹里(佐藤乃莉)の刺殺体が自宅アパートで見つかります。
第一発見者は交際相手の北村ケンジ(植木祥平)でした。
樹里はビジネススーツ姿には似つかわしくない派手な赤いマニュキュアをし、所持品にはネイルサロン『ラ・シャヴァンヌ』の会員証がありました。

現場で見つかったパールのネイルストーンにはエメラルドグリーンのジェルネイルが付着。
ネイルストーンは市販されておらず、卸先の業者リストにラ・シャヴァンヌの名があったのです。
樹里は詐欺罪と恐喝罪の逮捕歴があり、ケンジの証言により、事件当日、恐喝相手と会う約束をしていたことが明らかになります。

ラ・シャヴァンヌの店長・篠宮佐和(佐藤江梨子)の爪は、エメラルドグリーンのジェルネイルにパールのネイルストーン。
法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)は、佐和と同じネイルを施します。
鑑定の結果、マリコの施したジェルネイルとネイルストーンが現場のものと一致します。

24年前、佐和には窃盗の過去があり樹里とは不良仲間だったのです。
警部補・土門薫(内藤剛志)は佐和が樹里に恐喝されていると睨みましたが、恐喝は認めたものの佐和は樹里の殺害は否認しました。
事件当日、出張ネイルで樹里にマニキュアをして13時45分頃、部屋を出ましたが、死亡推定時刻の14時から14時30分までのアリバイは佐和にはありませんでした。

樹里は事件の3日前、口内炎でテトラサイクリン系抗生物質を処方されていました。
指先のかぶれは薬剤性光線過敏症、体質により薬の服用中に紫外線を浴びた部分の皮膚だけがかぶれることがあったのです。
樹里はジェルネイル用のUVライトを浴びていた可能性がありました。

除光液で樹里の遺体からマニキュアを落とすとジェルネイルが現れ、更に人差し指の爪にはQRコードがプリントされていました。
スマホで読み取るとネットのデータ保管サービスのアドレスが表示されます。
アクセスすると2枚の写真があり、1枚は佐和の不良の頃の写真、もう1枚には2人の女性が写っていました。

顔認証にかけた結果、1人の身元が判明、真木英子(広岡由里子)、傷害罪で二度の実刑を受けていました。
京都西保護観察所では現住所を把握しておらず、半月ほど前に60代の桔梗のネイルをした女性が訪ねていました。

ネイルをした時に会った常連客の三枝佳乃(藤田弓子)をマリコは思い出し、佳乃の営むクリーニング店を訪ねると娘の沙織(島居香奈)に会います。
英子と一緒に写っていた女性は沙織でしたが、道を尋ねられただけでした。

沙織は英子の娘で、子どもの居なかった佳乃が亡くなった夫と相談し養子に迎えたのです。
佳乃は樹里に沙織の出自で脅され、50万もの3連リングを買わされていました。

土門はケンジのしていた3連リングを思い出し、問い質すと樹里の遺体から盗んだものと分かります。
3連リングから樹里のしていたマニュキュアを検出、爪には擦れた跡が残っていました。
リングを抜き取った時、マニュキュアは乾いていなかったのです。

マリコは科捜研の面々と刑事・蒲原勇樹(石井一彰)を巻き込み実験を行い、マニキュアの乾燥時間を測定します。
実験の結果、平均21分13秒、最長で23分9秒。
佐和がマニキュアを塗ったのは、死亡推定時刻内と判明します。

蒲原の追求に佐和は殺害を否定、樹里は亡くなっていたと言います。
事件の1週間前、樹里が佳乃を脅しているのを目撃、事件当日、頼まれた付け爪を作っていると樹里に電話が来ました。
「金の成る木」と聞き、佐和は佳乃のことだと思ったのです。
一度は店に帰ったものの、気になりアパートに戻ると樹里は亡くなっていたのでした。
爪のQRコードに気づき、佳乃の秘密が明かされないようマニキュアを塗り、落ちていた付け爪を拾い逃げたのでした。

付け爪には皮膚片が付着、鑑定の結果、英子とDNAが一致します。
英子と樹里は拘置所に居た頃からの付き合いで、ある時、酔いも手伝い樹里に娘の存在を明かし、手の甲にハートの痣があることを漏らしていました。
樹里は沙織の痣に気づき、英子に恐喝を持ちかけたのです。
英子は沙織に会いに行き、この時、写真を撮られていました。
事件当日、金の使い途を楽しそうに語る樹里を、英子は予め用意した包丁で刺したのでした。

取調室で犯行を自供した英子はマジックミラーに自身を映しながら左目の下を拭い、その様子をマリコは見ていました。

そして、佐和は情状酌量を考慮され起訴猶予になったのでした。

『科捜研の女19』32話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

赤いマニキュアがヤバい。
一瞬にして土門を除く男性キャスト全員が、オネエに見えてしまうインパクト。

満更でもなさそうな蒲原は、妙に手が綺麗でマニキュアが似合い過ぎていて怖い。
新しい世界の扉でも開きそうです。
そして、なんと言っても所長です。
なんだか可愛く見えてしまい、思わず吹き出してしまいました。

当然のごとく亜美は似合っていましたが、多くのデータが欲しいと言いつつマリコは何故かマニキュアをしません。
相変わらずのやりたい放題、パワハラに見えないのはマリコの為せるわざといったところでしょうか。

サトエリの役に賛否!猟奇的・犯罪者が似合う?

サトエリこと佐藤江梨子さん出演で、犯人と睨む視聴者も多かったですが、予想に反して、普通にいい人な役でしたね。
昔はバリバリのヤンキーでオラついていましたが…笑。

先日、月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の第7話にゲスト出演して悪役を演じたばかりでしたから、その印象が続いている視聴者もいたでしょう。
『相棒』の印象を引きずっている人も多いかな?

32話は、サトエリが犯人ではないとすぐに分かりました。セクシーで猟奇的・犯罪者を演じる佐藤江梨子さんを期待していたため、少し残念でしたね。

『科捜研の女19』33話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』33話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 アメリカで大人気の照り焼きソース“テリヤキング”の創業者で会長の本多嘉壱(福本清三)がニューヨークの自宅で死亡。その2週間後、嘉壱の娘で日本支社専務の本多鏡子(美鈴響子)が、屋外で頭部に外傷を負った状態で死亡しているのが発見され、榊マリコ(沢口靖子)らが臨場。
 土門薫(内藤剛志)は、テリヤキング日本支社へ。嘉壱の長男・幸一(大場泰正)はかつて日本支社の社長だったが父と喧嘩して3年前に会社を追われ、現在は次男の光二(井之上チャル)が社長の座に就いている。しかし嘉壱は鏡子を社長にしようとしていたという話もあがり…。三人の子どもたちには深い確執があったようだ。
 嘉壱が相続人にしていたのは、これまで4人もの資産家から莫大な遺産を相続し、かつてマリコにも敵意をむき出しにした“令和の毒婦”こと森聡美(鶴田真由)と判明。京都で起きた4人目の夫の死に関する容疑はマリコらの鑑定によって晴れたものの、2人目の件については神奈川県警が捜査を継続している女性だ。
 聡美が遺言公正証書を作らせた嘉壱は死亡し、その娘も殺害された。2人の死が無関係とは考えられない。そこで鏡子の血液から毒物の鑑定をするのだが、検出されず…。
 そんな中、鏡子の死亡推定時刻に、聡美が殺害現場のテリヤキングの日本支社を訪れていたことが判明。聡美を捜そうとしていた矢先、なんと本人が京都府警を訪問してマリコを呼び出し、「私を犯人だと思うなら、それを証明して」と挑発!
 マリコが科学鑑定で明かす真相とは…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0033/