ドラマル

『科捜研の女19』31話のネタバレ感想!ニーチェの濃いキャラが話題に!実は越村友一は2回目の出演?

2020年2月20日に放送されたドラマ『科捜研の女19』31話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

31話では、19年前に失踪した草木染めの染色家・後藤秀春が殺害される!
捜査線に浮上したアパレル店員・川上夏夫(赤楚衛二)を探ると、19年前の誘拐事件が…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』31話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』31話のあらすじネタバレ

宇治川の河原で草木染めの染色家・後藤秀春(春田純一)の刺殺体が見つかります。
凶器は刃渡り7cm以上の刃物。
上着のポケットには多くの10円玉がありました。
立入禁止テープに結びつけられた薄紫色の手ぬぐいと共に、手書きの地図を捜査一課刑事・蒲原勇樹(石井一彰)が見つけます。
手書きの地図には、事件現場と書かれていました。

後藤は19年前に行方不明になり、捜索願が出ていました。
草木染工房みやびを営む妻・紅子(東ちづる)に連絡はなく、既に亡くなったものと考えていたのです。

後藤は桶野池公園で生活するホームレス。
前日、賽銭を盗む後藤の目撃情報がNPOに寄せられ、担当の安井道子(當島未来)が問い質しましたが、後藤ははぐらかし公園を後にしました。
ホームレス仲間で通称ニーチェ(越村友一)と呼ばれる男は、見たままが真実とは限らないと捜査に向かうと言うのです。

手書きの地図は羽鳥山の山小屋と判明。
山小屋から2種類の下足痕が見つかり、内1つは後藤と一致。
殺害現場と見られましたが、山小屋から痕跡は見つからなかったのです。

野次馬が撮影した映像から、立入禁止テープに手ぬぐいを結ぶ男が映っていました。

手書きの地図はメモ帳で、筆圧鑑定で前のページに書かれていた電話番号が判明。
電話番号は、世界中の古着屋が仕入れに訪れるロンドンの有名なビンテージショップの番号でした。

男は古着屋を営む川上夏夫(赤楚衛二)。
野次馬の映像と店の公式サイトに掲載された夏夫の画像が顔認証で一致したのです。

手ぬぐいは何者かが封筒に入れ送りつけて来たもので、夏夫は手ぬぐいを見て19年前の誘拐された記憶が断片的に甦ったのです。
2人組の男に車に連れ込まれ、防犯ブザーを鳴らしましたが、1人の男がブザーのピンを戻し連れ去られます。
池に祠、札束の入ったバッグ、そして家の前で車から降ろされました。
夏夫の父・幸之助(堀内正美)は作り話と決めつけたのです。

警察に届け出ましたが、当時の誘拐の記録はなく取り合って貰えず、そこでSNSで事件の発生を監視、捜査して貰えると思い手ぬぐいと地図を残したのでした。

防犯ブザーと封筒から後藤の指紋を検出、誘拐と後藤殺害、2つの事件が繋がったのです。

検死の結果、後藤は悪性腫瘍で余命数ヶ月、死を前に誘拐の罪を償おうとしたと見られました。

19年前、捜索願を出した直後、後藤が大金の入ったバッグを紅子に渡し、それが後藤に会った最後でした。
その金で工房は再建したのです。

紅子から預かったバッグから後藤と妻以外の指紋が検出します。

幸之助は大手繊維会社・カグヤマ繊維の社長で、19年前、多くの職人が契約を切られ、後藤もその内の1人でした。
夏夫を誘拐し身代金を要求する動機があったのです。

誘拐は契約を切られた職人の犯行と目されましたが、幸之助は誘拐はなかったと言い張るのです。
契約を切られた職人のリストを総務部の今村達也(伊庭剛)から貰い、職人たちの指紋を照合、バッグの指紋とは一致しませんでした。

法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)は、何故10円玉だけなのか気になります。
すると、ニーチェが子供から得た証言を報告しに、科捜研に現れました。
後藤は古い10円玉50枚を賽銭箱から貰い、500円玉を戻したのです。

マリコは紅子に染色の工程を教わり、金属イオンの働きで色を定着させる媒染作業が必要と分かります。
後藤のダンボールハウスから酢が見つかり、酢酸銅から媒染液を作っていたと気づきます。

そんな中、夏夫は自ら山小屋に行き、ハイキング家族が葡萄を食べるのを見て全ての記憶が甦り、マリコに連絡しました。

後藤は山小屋で夏夫を監禁、夏夫の気晴らしに葡萄で手ぬぐいを染めるのを見せました。
夏夫はピンク色が好きで、ピンクに染めて欲しいと頼み、後藤は夏夫と落ち葉を集め染色、しかしピンク色にはなりませんでした。
いつかピンク色に染め、夏夫にあげると後藤は約束したのです。

ピンク色は、桜の花ではなく枝で染めると教わったマリコは、後藤が何で染めようとしたか公園に赴きます。
ニーチェが首に巻いていた手ぬぐいは後藤が染めたもので、鑑定の結果、ミヤコヒガンの葉で染めたと判明。

羽鳥山のミヤコヒガンの生息地で、2種類の血痕と繊維片を見つけます。

一方、バッグの指紋と今村の指紋が一致。
今村は株式投資に失敗、幸之助の脱税に手を貸しており、警察に通報されないと知った上で誘拐したのです。

そして、血痕は後藤と一致、繊維は試作品でカグヤマ繊維の一部の者しか手に出来ないものだったのです。
ある日、死期を悟った後藤が懺悔したいと幸之助を訪ねます。
脱税のため誘拐を揉み消したことを夏夫に知られたくない幸之助は、監禁現場を見たいと羽鳥山に連れ出し、落ち葉を集める後藤を背後から刺したのです。
この時、勢い余って倒れ出血、犯行現場を隠すため、遺体を遺棄したのでした。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』31話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

取り敢えず行動、最近よく身につまされることがあったので、夏夫の行動力には感服します。
父親から抑圧されて育っていたのに、あの行動力がよくあったものです。

幸いにして2つの事件に関連があったので良かったですが、関係ない事件だったらどう処理されたのか逆に気になります。

19年も経ち時効なので、今村は罪に問われない。
のうのうと職場にも居て罪悪感もないようだし、納得出来ませんが今村のひとり勝ちといったところか。

全く知らなかったので申し訳ないのですが、ニーチェ役の越村友一の低音ボイスがカッコ良過ぎて聞き惚れました。

ニーチェの濃いキャラが話題に!実は越村友一は2回目の出演?

ドラマの締めくくりにまで登場したホームレスのニーチェが話題を集めましたね。
もうすっかり、ニーチェファンになってしまった人も多く、再登場や準レギュラーを望む声も集まっています。

さて、そのニーチェですが、実は演者の越村友一さんは2年前の『科捜研の女17 第15話「見当たり捜査の鬼」』でもゲスト出演しています。
その時は、進都自動車整備の従業員・小池鉄郎として登場していました。

2年も立てば人は変わる、小池鉄郎は仕事を辞めてホームレスとなり、哲学に嵌まったということなのでしょうかね。

小池鉄郎とは別人だとしても、ニーチェがなぜホームレスになってしまったのかを科捜研で解明してほしいですね。

『科捜研の女19』32話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』32話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 保険外交員の朝吹樹里(佐藤乃莉)が自室で刺殺された。臨場した榊マリコ(沢口靖子)は1ミリほどのパールを発見。
 被害者の服装には合わない、派手な赤い爪に違和感を覚える涌田亜美(山本ひかる)。被害者の所持品には、ネイルサロン『ラ・カージュ』の会員証があった。
 詐欺や恐喝の前科を持つ樹里は、死の直前、誰かを恐喝していたことが明らかに。事件当日、樹里の部屋を訪れた人物が恐喝を受け、殺害したのではないか…。
 現場で発見されたパールにはエメラルドグリーンのネイル塗料が付着しており、事件当日、何者かが落とした模様。容疑者はエメラルドグリーンの爪をしている可能性が高い。心当たりがないか『ラ・カージュ』を訪ねるマリコ。なんと店長の篠宮佐和(佐藤江梨子)が、エメラルドグリーンの爪にパールのストーンをつけていた!
 佐和と同じネイルを施してもらったマリコはさっそくラボで鑑定。
 樹里と佐和は高校時代、不良仲間で万引きや窃盗を繰り返していたことが判明。それをネタに樹里が佐和を脅していたのではないか?
 佐和は恐喝を受けていたことと、事件当日、樹里の家を訪ねたことは認めるものの、殺害は否認。しかしアリバイのない佐和に対する嫌疑は濃厚で…。
 そんな中、被害者の爪が二重に塗装されていたことが判明。しかも上塗りされたマニキュアで隠されていたジェルネイルには、とんでもない秘密が隠されていた!? 
 マニキュアの塗られた時間から佐和のアリバイを確かめるべく、マリコは科捜研メンバー全員の手を借り、ネイルアートの実証実験を行う!!
 やがてマリコが導き出す驚がくの真実とは…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0032/