ドラマル

『科捜研の女19』24話のネタバレ感想!土門薫が卒業にロス!蒲原くんも次回で卒業確定?

2019年12月12日に放送されたドラマ『科捜研の女19』24話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

24話では、集団自殺の背後に隠されていた恐るべき真相が明らかに!
そんな中、土門薫(内藤剛志)に警察学校への異動の打診が告げられ…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』24話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』24話のあらすじネタバレ

科捜研が京都中央大学の法学部長・森迫宏成(大河内浩)が絞殺された教授室に臨場、遅れて現れた捜査一課警部補・土門薫(内藤剛志)。
土門の元妻・真柴有雨子(早霧せいな)の墓で元刑事・火浦義正(升毅)に会い、20年前、極秘捜査のため有雨子と会っていたと知ります。
その捜査で「人間としては犯してはいけない罪を犯した」と火浦は告げたのです。
事実なら、有雨子の言い残した「許されないことをしたから」は、火浦との不倫関係を意味したものではなくなります。

20年前の記録から、京都中央大学医学部5年・楡井敏秋(中村凛太郎)は死後ビルから転落したと判明。
殺人を自殺と間違えるとは考え難く、森迫が頻繁に連絡していた衆議院議員・古河大儀(辻萬長)を法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)と土門が訪ねます。
古河は警察OBで、府警本部で警備部長を務めていました。
ノストラダムスの会の実態は自殺サークルで、多くの人を連れて逝くべきと主張、楡井が病理研究所から致死性の高いウィルスを盗みます。
そんなサークルのウィルス散布計画を察知したのが、有雨子だったのです。
京都中央大学附属病院の看護師だった有雨子は、臨床実習中の楡井に姉と慕われます。
怖ろしくなった楡井は、有雨子に計画を打ち明けました。
有雨子は土門を訪ねましたが、広域強盗の捜査で大阪府警の捜査本部に詰め不在でした。
声をかけて来た火浦に相談、火浦は有雨子と楡井を協力者にしたのです。
サークル幹部に疑われ、京都タワーの展望室にウィルスの散布場所と日時を記したメモを楡井が残し、火浦と有雨子が取りに来ました。
火浦は古河に連絡、東山大社に処理班が急行、散布装置を無事回収しました。
当時の日本社会は、東京でのテロの記憶が新しく、テロ誘発の恐れがあり事件を隠蔽したのです。
2件の殺人が火浦の犯行だとして動機は不明、犯行が続く可能性もあり、火浦の逮捕は急務です。

広辺の胸部の亀裂骨折と着衣に残った指紋跡の手の形状から、火浦が心肺蘇生を試みたとマリコは考えます。
殺害当日、防犯カメラ映像に若い男を追う火浦が映っていました。
古本屋の買取り台帳には5月に1件の買取りあり、医学書でした。
医学書には、殺害された楡井の蔵書印が押されていたのです。
楡井の恋人が室岡チサコと判明。
医学書を売った室岡厚也(大八木凱斗)は、楡井の息子でした。
室岡は留守で、バイトも無断欠勤。
バイト先は遮熱舗装をする道路工事の現場で、凶器と同じ11mmのトラロープがあり、森迫の索条痕から遮熱性塗料も検出、実行犯は室岡だったのです。
ロッカーから京都文化博物館で開催されるクリスマスチャリティー音楽祭のチラシが見つかり、古河が来賓予定で室岡が犯行に及ぶ可能性がありました。

古河が登壇、その時、マリコが会場で室岡を見つけます。
ナイフを取り出し古河に向う室岡、殺されるべきは自身であると火浦が立ちはだかります。
20年前、京都タワーの展望室からビルの屋上でサークルのメンバーに襲われる楡井を目撃しながら、見殺しにしたのです。
有雨子は警察に通報しようとしましたが、火浦は止めさせます。
自暴自棄に陥ったメンバーがウィルスを散布する恐れがあり、目の前の命より、大勢の命を救う選択をしたのです。
楡井が産まれて来る室岡や、大勢の命を守るため警察に協力したと火浦に聞かされ、室岡はナイフを下ろし逮捕されます。

19年前、火浦はホームレス同然の生活を送っていました。
泊まっていた小屋が火事になり、自身が死んだことになったと新聞記事で知ります。
半年前、室岡が楡井の子と気づき、自殺ではなく殺人と教えましたが、見殺しにしたことは言えませんでした。
すると、室岡は広辺に依頼し事件を調査。
広辺は事件をネタに森迫を脅迫、金を受け取ると記事を削除します。
室岡は印刷して持っていた記事を公表しようとします。
何も変わらないと火浦は記事を燃やしましたが、真相が世に出ることを怖れたのです。
室岡は「俺が変えてやる」と、古本屋を飛び出します。
室岡が落としたチケットを拾い、後を追うも見失います。
仕事部屋に着いた時には、室岡が広辺を絞殺した後でした。
心肺蘇生をした時、チケットを落としたのです。
記事を消させたのが森迫と知り、室岡は森迫を絞殺します。
産まれる前に楡井が自殺したと聞いて育ち、望まれずに産まれたと、室岡は悩み続けて来ました。
事件を知り、真相を隠して来た古河たちに恨みを抱くようになったのです。
火浦は「俺が声をかけなければ」と、有雨子を巻き込んだことを土門に謝罪します。

土門の警察学校への異動が伝わり、科捜研は騒然とします。
警察学校の教壇に立つ土門は、残酷な選択に立ち向かうこともあり得る警察官という命を扱う仕事の大事さ、それを伝えて行くことが使命であると初任科生に所信を語っていました。
屋上にひとり佇むマリコは、土門の気配を感じ振り返りましたが土門は居ませんでた。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』24話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

宝塚歌劇団退団後2年、バラエティー、情報番組などには出演していましたが、満を持してのドラマデビュー、元雪組トップスター・早霧せいな。
役柄は、20年前の1999年、医学部5年生から姉と慕われる実年齢からは少々遠い看護師で、土門の今は亡き元妻です。
年齢差を補うには、余り有るほどの生来の美貌でした。
最近主流のパンツスタイルではない看護師姿も、とても似合っていて素敵です。
お披露目がルパン三世だったので、ギャップが激しい。
出演シーンは故人の役のため少なかったですが、宝塚ファンには23、24話は必見です。

そんな美しい妻を娶っていた土門ですが、警察学校に異動となります。
マリコに別れを告げることなく、このまま卒業なのでしょうか。
それは、ちょっと淋しい。
次回予告では、蒲原の異動も匂わせていましたが、一気に2人卒業の可能性も。

京都府警捜査一課はどうなってしまうのか。
期待と不安が入り混じっています。

土門薫が卒業にロス!蒲原くんも次回で卒業確定?

ラストのマリコさん屋上一人シーンが土門さんロスを駆り立てましたね。
寂しい…寂しすぎる!

警察学校教官となった土門薫。
25話のキャストに内藤剛志さんの名前がないことで現実だと認識してしまいます。

そして25話では蒲原くんまでも卒業!
広域サイバー捜査係に異動するようで、次クール(来年)からでなくなるようですね。

2020年。
土門薫 (内藤剛志)と蒲原勇樹 (石井一彰)という科捜研と深い関係を持ってきた二人の捜査一課刑事がいなくなる『科捜研の女』。

寂しさもありますが、次クールの追加レギュラーキャストが楽しみでもありますね。

『科捜研の女19』25話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』25話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 頭部に傷のある若い男の遺体が発見され、榊マリコ(沢口靖子)と蒲原勇樹(石井一彰)が臨場。免許証から身元は岡村陽太(長南洸生)と判明した。
 現場には京都府警・サイバー犯罪対策課の堀切徹(中村俊介)も訪れ、来年早々に新設される『広域サイバー捜査係』に蒲原が異動することを告げる!
 調べを進める科捜研メンバー。凶器は特定できないが、被害者・岡村の衣服に付着していた微物は中華料理でよく使われるスパイス・八角の入ったハーブクッキーだと判明。また2年前、岡村がアルバイトをしていたラーメンチェーン『高持屋』で行ったバイトテロ動画がSNSにアップされ、炎上した事実も浮かび上がる。高持屋は大きな損害を受け、訴訟に発展。岡村はたくさんの人から恨みを買っていた。
 今も減収減益の続く高持屋は中国市場への進出も検討し、上海の投資ファンド社員を招いていた。蒲原に聞き取りを受ける社長と常務だが、犯行時のアリバイはなかった。
 岡村にはバイトテロという過去もあるため『広域サイバー捜査』の事件1号に選ばれ、堀切と、同僚で元科捜研メンバーの吉崎泰乃(奥田恵梨華)も捜査に参加! 
 被害者の携帯電話は行方不明だが、データを共有していた可能性もあり、パソコンやクラウドも解析。2年前にアップされたバイトテロ動画が、実は4年前に撮影されていたことが分かる。この時間差は何を意味するのか?
 マリコは凶器を突き止めるべく、岡村を恨んでいたと思われる当時の店長や、バイトテロを仕掛けたと噂されるライバル店へ出向き、なんとその場で科学鑑定! 一方、蒲原はキーマンを追い上海へ飛ぶ!
 サイバー犯罪対策課との協力により、あぶり出された事件の驚くべき真相とは!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0025/