ドラマル

『科捜研の女19』23話のネタバレ感想!土門さん卒業?警察学校の教官就任!

2019年12月5日に放送されたドラマ『科捜研の女19』23話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

23話では、知られざる土門の過去と元妻の存在が明らかに!
事件現場から検出された19年前に死亡したはずの元刑事・火浦に一体何が…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』23話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』23話のあらすじネタバレ

京都タワーの展望室は、ミレニアムを迎えるカウントダウンで盛り上がります。
電光掲示板が「00:00:00」になり、2000年を迎え京都タワーがライトアップします。
救急車が京都中央大学の正門を通り、救命士が学生寮の一室に駆けつけます。
ロウソクが幾つも灯るカルトな部屋に、学生が集団で倒れ、床には医薬用外毒物・シアン化物の瓶が置かれていたのでした。

20年後、京都府警刑事部長・藤倉甚一(金田明夫)から警部補・土門薫(内藤剛志)が警察学校教官を打診されていました。
そんな中、雑居ビルの仕事部屋で、フリーライター・広辺誠児(森下じんせい)が絞殺体で見つかります。
凶器は工事用のトラロープ、室内にはありません。
現場で見つかった1999年12月31日発券の京都タワー・展望チケットから、八条中央署元刑事・火浦義正(升毅)の指紋が見つかります。
しかし、火浦は19年前に亡くなっていたのです。
警察の記録では、2000年3月に依願退職し、その半年後に焼死していました。
広辺の着衣からも指紋を検出、火浦と一致、服は今年発売のものでした。
火浦は生きていたのです。

2000年になると同時に京都中央大学の学生が集団自殺した事件のスクラップが、広辺の遺留品から見つかります。
ノストラダムスの会のサークルの男女10人が、服毒自殺しました。
広辺は、この事件を追っていたのです。
土門と火浦は同期で、八条中央署で2人は同時に刑事を拝命。
集団自殺当時、土門は広域強盗事件の捜査で京都を離れていました。
マリコが火浦の当時を尋ねると、土門は怒って立ち去ります。

火浦が焼死したとされた当時、焼け残った免許証から火浦と特定、DNA鑑定は行っていませんでした。
別人に成りすましている可能性が高く、顔認証で免許証データと照合、現在は野本泰治と名乗っていたのです。
現住所の古本屋に火浦の姿はなく、灰皿には紙の燃えカスが残っていました。

そんな中、土門は自ら事件の捜査を外れます。
広辺のパソコンのロックが解除されましたが、集団自殺の記事は概要を残し専用ソフトで全て削除され復元不可能でした。
残っていた画像は、集団自殺の1時間前、同じ大学の医学部5年・楡井敏秋(中村凛太郎)が、飛び降り自殺した新聞記事でした。
集団自殺の記事は今年の7月5日に削除され、同日に広辺の口座に300万円の振り込みがありました。

火浦の写真を手に土門が夜の繁華街を歩いていると、京都タワーが見え1999年12月31日のことを思い出します。
張り込み中、雑踏の中に妻・有雨子(早霧せいな)が火浦といるのを見かけ見失ってしまいました。

広辺に振り込みしたのは、京都中央大学法学部長・森迫宏成(大河内浩)と判明。
当時、森迫はノストラダムスの会の顧問でした。
広辺は森迫を訪ね、楡井について尋ねていました。
楡井もノストラダムスの会の1人だったのです。
マリコが最後に火浦の写真を見せると、森迫は動揺を隠せませんでした。

土門の妹・美貴(加藤貴子)が科捜研を偶然訪ね、京都中央大学から戻ったマリコは、土門の元妻のことを尋ねます。
土門と有雨子は25年前に結婚、ふたりの出会いは有雨子が看護師として勤める京都市内の大学病院でした。
刑事に昇進して間もない頃、怪我の絶えない土門の面倒をみていたのが有雨子でした。
それが縁で、ふたりは結婚したのです。
1999年秋、美貴は交番勤務から内勤に異動、火浦と有雨子の不倫の噂を耳にします。
土門も当初は信じていませんでした。
年が明け、土門は火浦と行ったと見られる展望チケットを有雨子に突きつけ追求。
有雨子は、頑なに訳を話そうとしませんでした。
火浦が警察を突然辞め、少し後に有雨子から切り出し、ふたりは離婚したのでした。
2年後、有雨子は病で亡くなります。
有雨子の遠縁からハガキで連絡があり、入院する有雨子のもとに美貴が土門を連れて行きます。
この時、病室で有雨子とふたり切りになることを、土門は望んだのです。

衆議院議員・古河大儀(辻萬長)のポスターが貼られる前で、土門は有雨子の墓所を知らせる古いハガキを取り出します。
一方、燃えカスの一部が復元され、「極秘捜査」、「テロ行為」の文字が判明します。
広辺殺害の1時間前、京都中央大学の防犯カメラに火浦が映っていたことも更に判明します。
土門が真柴家の墓を見つけ、声がして振り向くと火浦が立っていたのです。
火浦の話を聞き、「罪?!なんの話だ」と土門が絶叫。
土門のスマホのバイブ音が響き、火浦は用件を知るかのように出るよう促します。
火浦に背を向け電話に出ると、マリコから森迫の遺体が見つかったと知らされます。
振り返ると、火浦は姿を消していました。
握りしめるスマホから土門を呼ぶマリコの声が響くのでした。
「土門さん、どこにいるの。土門さん」
<次回24話につづく>

スポンサーリンク

『科捜研の女19』23話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

質実剛健で典型的な熱血漢の土門。
まさか妻の不倫疑惑が原因で、離婚していたなんて。
衝撃の展開というのか設定というのか分かりませんが、とにかく驚きです。

有雨子と土門の同期・火浦を事件とつなぐ鍵は、ミレニアムを目前に自殺した医学部5年・楡井。
有雨子が看護師として勤めていた大学病院が、まだ分かっていませんが、京都中央大学の付属病院で、臨床実習で楡井と関わりがあったのではないでしょうか。
燃えカスから復元された「秘密捜査」と「テロ行為」、楡井はテロの監視対象で担当していたのが火浦、有雨子は火浦に協力していたのだと思います。
楡井をテロリストとタレコミしたのが、当時ノストラダムスの会の顧問だった森迫。
おそらく病院から薬物がなくなり、有雨子と火浦が楡井を追い詰め自殺させてしまい、事件をもみ消したのがポスターだけの出演の衆議院議員・古河。

次回予告では、テロが現在のクリスマスに行われるようなので違うかな。
こんな想像を膨らませながら、次回を楽しみにしています。
早く、有雨子と火浦の真相が知りたいです。

土門さん卒業?警察学校の教官就任!

予告映像での土門さん卒業フラグに、どもまりに夢中だった視聴者たちから悲しみの声が続出しています。

土門さんの妻・有雨子が、20年前の事件と関わっていたという真相により、ショックを受けて一線を退くんでしょうかね。

本当に警察学校の教官になってしまうのか?
それとも1回だけの特別教官なのか?
どちらともとれる予告だったので、すごく気になりますね。
たぶん後者?

『科捜研の女19』24話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』24話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 フリーライターの広辺誠児(森下じんせい)が絞殺された。遺留品から、土門薫(内藤剛志)と同期の元刑事で、19年前に死亡したはずの火浦義正(升毅)が生きていることが分かり、彼に広辺殺害の容疑がかかる。
 1999年の大みそかに時をほぼ同じくして起きた2つの事件…大学サークルで起きた『ミレニアム集団自殺』と、同じサークルに所属していた楡井敏秋(中村凜太郎)の不可解な転落死。その関連を調べていた広辺に、当時サークル顧問だった森迫宏成(大河内浩)から多額の振り込みがあったことも分かる。
 不都合な真実が明るみに出るのを恐れ、金でもみ消そうとしたのではないかと疑われた森迫だが、ほどなく絞殺体で発見! 手口は広辺殺害と同じだったうえ、事件当日、火浦が森迫を訪ねていたことも判明する。
 そんななか、火浦が土門の前に姿を現した! 20年前、土門の元妻で故人の有雨子(早霧せいな)と不倫を疑われていた火浦は、「人間として犯してはいけない罪を犯した」と言い残して逃亡。有雨子も生前、「許されないことをした」と言っていたのを土門は思い出し…。
 20年前にいったい何が起きたのか? 真相を追う榊マリコ(沢口靖子)と土門。やがて集団自殺の背後に隠されていた恐るべき真相が明らかになり…!?
 土門はさらなる犯行を食い止められるのか? そして訪れる衝撃の結末とは…?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0024/